八尾市 タイル貼りマンションのコーキング工事と外壁屋根塗装

タイル面コーキング打ち替え 廊下ベランダ外壁シリコン塗装 屋根シリコン塗装 塩ビシート防水
八尾市
Before
施工前
After
施工後
施工地 八尾市 築年数 21年
価格 720万円 工事期間 40日間
材料名 日本ペイント オーデフレッシュSI  材料種別 水性シリコン 
面積 1510m2 カラー 25-85A  
材料名 屋根:日本ペイント ファインシリコンベスト  材料種別 弱溶剤シリコン
面積 750m2 カラー マルーン

八尾市にて、築20年で一度もメンテナンスをしていないタイル貼りの外壁の、目地や枠廻りのコーキング打ち替え工事と、廊下やベランダの外壁や屋根の塗装工事を行いました。

 

 

廻りを田畑に囲まれていて、非常に見通しの良いマンションです。

今のところ、雨漏りや大きな劣化は無いそうです。

 

建物の状態チェック

打ち継ぎ目地コーキング劣化

まず一番劣化していたのが、タイルの目地のコーキングです。

タイルの目地のほとんどはタイルセメントですが、階のつなぎ目や一定間隔ごとに、このようにコーキングが打設されています。

建物が揺れた時にコーキングが緩衝材となり、揺れを吸収して外壁にひびが入るのを緩和する役割があります。

 

タイル剥がれ タイル剥がれ

タイルは数か所剥がれ落ちていましたが、全体的には劣化は軽度で、ご予算の都合もあり今回は部分的な補修をご要望されました。

 

 

 ひび割れた外壁塗膜の劣化した配管

外壁には1箇所大きなひび割れがありましたが、全体的には劣化は軽度です。

配管の塗装はかなり剥がれ落ちています。

 

スレート屋根劣化状況 スレート屋根劣化状況

スレート屋根の状態です。

こちらも築20年が経過しているので、表面の塗装はほぼ剥がれ落ちていましたが、再塗装すればまた十分長持ちで出来そうです。

 

マンションの全景

マンションを管理している会社のほかに、別の工務店からもお見積りを取り、3社で相見積もりの中から「要望や予算に合った提案をしてくれた」との事で南大阪ペイントセンターに工事のご依頼をいただきました!

 

工事スタート

 

足場組立 足場組立

足場を組み立てて工事スタートです。

住宅1軒の足場工事は1日で組みあがりますが、これだけの大きさの建物になると足場組立だけで4日から5日かかります。

 

1500mもあるコーキング工事

打ち継ぎ目地 コーキング撤去

コーキング工事の工程です。

古くて硬くなってしまったコーキングを、すべて撤去していきます。

このコーキングの数量はなんと1500mもあり、すべて手作業で工事します。

 

打ち継ぎ目地 プライマー塗布 打ち継ぎ目地 コーキング充填

その後プライマーという密着剤を塗り、新たにコーキングをたっぷりと充填していきます。

 

打ち継ぎ目地 コーキング完了

コーキング打ち替え工事完了です!

弾力を取り戻し、揺れが起きても伸縮して割れが発生する心配が無くなりました!

 

浮きタイル撤去 浮きタイル撤去

タイルは全体的な調査の結果、下から見えていた2箇所以外にも浮いている箇所がありました。

浮いたタイルは撤去し、下地を整えてから新しくタイルを貼りました。

 

外壁塗装

外壁の高圧洗浄 外壁の高圧洗浄

次に塗装工事です。

ベランダや廊下の内側の壁はタイルではなくALC外壁で、塗装メンテナンスの必要があります。

まずは高圧洗浄で表面の汚れを流し、塗料との密着がよくなるようにします。

 

駐輪場の高圧洗浄 受水槽の高圧洗浄

駐輪場の屋根や受水槽等も高圧洗浄しておきます。

 

外壁ひび割れ補修 外壁補修

次に補修工事です。

小さいひび割れはコーキングもしくは微弾性フィラーを刷り込み、ひび割れ部をふさぎます。

塗膜が浮いていた箇所はモルタルで補修しました。

 

外壁下塗り 外壁中塗り

そして下塗り・中塗りと塗っていきます。

 

外壁上塗り

そして上塗りは、中塗りとは少し違う色を塗ります。

そうすることで、万が一塗り残しがあってもすぐにわかるため、隅々まできっちり3回塗る事が出来ます。

 

外壁塗装完了

外壁塗装完了です。

 

パーテイションシール貼り パーテイションシール貼り

ベランダのパーテイションも塗り直し、注意書きのシールを貼り直しました。

ほとんど新品状態です。

 

側溝塗装

廊下の側溝部分もキレイに塗装しなおします。

 

スレート屋根塗装

 

スレート屋根の高圧洗浄 スレート屋根の高圧洗浄

スレート屋根ももちろん高圧洗浄します。

屋根は特にコケやカビの発生が多いので、入念に洗浄します。

 

スレート屋根の下塗り タスペーサー挿入

よく乾燥させてから、下塗りをぬります。屋根材に浸透するようにたっぷりと流れるくらい塗ることで、上塗りの密着性も高くなります。

下塗り後に縁切り材のタスペーサーを挿入します。

タスペーサーとは?

 

スレート屋根の中塗り スレート屋根の上塗り

そして屋根用のシリコン塗料を2回塗りして完了です。

 

スレート屋根 塗装完了

スレート屋根塗装完了です!

元のブラック系の色から、レッド系の色へイメチェンです!

 

屋上防水

 

屋上の塩ビシート防水

エントランスホールの上の塩ビシート防水が、築20年ということで浮きや剥がれが発生していました。

 

屋上の塩ビシート防水施工後

既存のシートをめくって、再度塩ビシート防水を施工しました。

これでまた20年以上は安心です。

 

工事完了

 

 

天井塗装後

塗装工事完了です。

廊下はまるで新築のようにキレイになりました!

 

階段室塗装後

階段室の外壁や手摺も塗り直して新品のようです!

 

PS扉 塗装工事完了

廊下のPS扉もシリコン塗装でキレイに!

 

扉枠 塗装工事完了

玄関扉は枠部分のみの塗装です。

扉自体にはダイノックシートというフィルムが貼られていて、それは塗装出来ません。

 

スレート屋根 塗装完了

スレート屋根も、これでまた水を弾き建物を守ってくれます。

 

 

タイル貼りマンション

建物の外観はほぼタイルなので、あまり変化はありませんが、1500m以上にわたるコーキング打ち替え工事をしましたので、メンテナンスはバッチリです。

浮いていたタイルもきっちり貼り直し、地震がきても落下する心配はありません。

 

今回、タイル面の薬品洗浄や撥水剤の塗布・ベランダの防水工事・階段室の屋上の防水工事については、ご予算の都合で次回に見送りとなりました。

もちろん全ての箇所を施工しておくことに越したことはありませんが、無い袖は振れないのもまた現実です。

特にこうした賃貸物件の場合は、オーナー様おひとりのご負担となるため、予め予算が決まっている場合があります。

管理会社経由の見積りの場合、基本的にすべての箇所のメンテナンスを提案される上に、中間マージンが発生するためどうしても高額になります。

 

ただ単に予算に合わせて工事を省くのではなく、今回工事をしなくても大きな影響は出ない工事のみを省き、屋上の塩ビシート防水やタイル面のコーキング打ち替え等、重要な工事は絶対に省きません。

また、廊下面・階段室・ベランダ面という風に塗装別にお見積りを作成することも可能なので、ご予算にあった選択が可能です。

お客様のご予算・ご要望に合わせた提案をご希望の方は南大阪ペイントセンターまで!

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912