富田林にてトヨタホームにお住いの方からクリアー塗装のご依頼

今回は富田林にて、トヨタホームにお住いの方からクリアー塗装のご依頼をいただきまして、その現場調査にお伺いさせていただきました。

 

トヨタホーム現調 (7)

 

お客様いわく、外壁はほとんど色あせや劣化もなく、なおかつ元のサイデイングボードのデザインを気に入っているのでクリアーでメンテナンスしたいとの事。

 

トヨタホーム現調

 

クリアーが可能な状態かどうかも含めて、チェックしていきたいと思います。

 

トヨタホーム現調

まずは外壁を見ていきます。

 

外壁の模様はよく見ると様々な色が集まっていました。吹付多彩模様のような感じで御影石のような非常に高級感のある模様でした。

 

通常の塗装をしてしまうと、この模様は無くなりますが、クリアー塗装なら下地の模様を活かしながら外壁を保護することが出来ます。

 

トヨタホーム現調

チョーキングもほぼしていない状態です。

 

築11年ということもありボードの状態は確かに良好で、全体的にみても色あせや劣化も見られず、クリアー塗装は十分可能と判断しました。

 

トヨタホーム現調

ボードのつなぎ目の目地はパッキンを設置している大手ハウスメーカーにはよくある仕様です。

パッキンにも割れや隙間が空いたり等の劣化は見られず、パッキンを撤去してのコーキングの打ち替えは今回は不要そうです。

 

トヨタホーム現調

基礎の部分もひび割れはありません。

 

水切り金物という黒い板金部分は塗装可能です。

 

トヨタホーム現調 (8)

樋や天井部分は外壁の塗料とは違う塗料で塗る必要があります。

 

こういった箇所にはクリアー塗装や水性塗料を塗るとすぐにめくれが発生します。

 

トヨタホーム現調

屋根は陶器瓦なので塗装によるメンテナンスは不要です。

 

ただ、色のついた洋瓦の部類なので年数が経ち、色あせが目立っってきた際には塗装は可能です。

 

 

ベランダの状態です。

 

塩ビシート防水の上にジョイントタイルが敷き詰められています。こちらも大手ハウスメーカーによくある仕様ですね。

 

トヨタホーム現調

 

ジョイントタイルが敷いてある分、塩ビシート防水の状態は良好なはずですが、新築早々にベランダから雨漏りがあったらしく、今回のメンテナンスでも防水工事を希望されました。

 

 

トヨタホーム現調

ベランダに屋根が無いので、テラスパネルの新設ご要望されました。

 

外壁のクリアー塗装と付帯塗装、塩ビシート防水とテラスパネルの新設工事をご依頼いただきました。

 

責任をもって工事をすすめさせていただきます。

 

こちらの現場の工事のようすはまた後日にアップします。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912