羽曳野市のお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来ました。

 

羽曳野市のお客様からお見積もりを作って欲しいのですがとお問合せを頂き現場調査に行って来ました。

現場調査

現場に到着すると早速調査を始めて行きます!

セメント瓦

築年数も大変新しい為塗装工事を行う年数に差し掛かったくらい状態ですので今メンテナンスをしておけば万全な状態です。

雨漏り等も無く屋根もセメント瓦で良好な状態の為屋根は特に塗装は今回必要ありません。

外壁は軽度のチョーキング(白亜化)がありました。一部湿気でコケ等が発生している面もありました。

外壁は塗装時期ではあるので今回は外壁とその他の付帯部分の調査になります。

現場調査

こちらの写真の天井部分は軒です。外壁を塗装する時に軒部分も塗装を行います。

雨や紫外線が直接当たらない所ですがやはり傷んでは来ますし美観の為にも塗装は必要な箇所です。

シャッター・サッシ回りはアルミ・ステンレス製の為塗装は行いませんが(ボロボロと塗膜が剥がれる為)BOXの部分は塗装を行います。

現場調査

外壁はALCのリシンです。シーリング箇所は今回は工事しなくても特に問題はありません!

ただしシーリング工事を今回しなければ次回の工事では必ず行わないといけない状態です。

現場調査

外壁はリシンですがこの上から塗装を行うので現状よりは触った感じ滑らかになります。

 現場調査

外壁の裏面は湿気が多い為コケ等が発生していますが高圧洗浄で大半の汚れを落とす事が出来ます。

現場調査

その他の付帯部分も塗装を行えば万全でしょう。

以上現場調査でした。

外壁塗装の様子はこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912