羽曳野市 レンガ調のサイディングでクリアーか単色塗装でお悩み

羽曳野市より、築13年の窯業系サイディングボードの目地コーキングがかなり劣化し、コーキングの打ち替え工事と外壁塗装をお考えのお客様から、無料点検とお見積りのご依頼をいただきました。

窯業系サイディングとは?

 

レンガ調のサイディング

平日の日中は、ほぼお留守という事で、点検の際はお立ち合い無しで行いました。

点検調査の際はご不在時でも敷地内にさえ入らせていただければ、点検や調査は可能です。

その場合は、事前に悩み事や気になっている点をお伺いしておきます。

 

築13年にしては劣化がすすんでいたコーキング

 

 

目地のコーキング

それでは点検スタートです。

まずは、お客様が最も気になっているという目地コーキングの劣化状態です。

一目見て分かるほど、コーキングが劣化し隙間が出来てしまっています。

コーキングとは?

 

劣化したコーキング

別の箇所の目地も同じように劣化し隙間が・・・

数年前から劣化が目立ち始めたそうで、隙間から入った水がボードに浸み込む・乾くを繰り返し、ボードに反りが出始めていました。

今のところ雨漏りは無いとの事ですが、早急にコーキングの打ち替えが必要な状態です。

 

窓回りのコーキング

窓枠廻りのコーキングには隙間は見られませんでした。

しかし、触ってみると弾力が無くなっており、このまま放置すれば目地と同じ様な状態になってしまいます。

折角足場を組むのであれば、お家のコーキングは全面的に打ち替えすることをおすすめします。

 

外壁表面はチョーキング現象が発生しています。肌の色とよくにているので分かりにくいですが、指先には結構な量の粉が付着しています。

表面の防水性能は切れかかっています。

 

セメント瓦屋根には劣化は見られず

 

セメント瓦

セメント瓦の屋根は、コケやカビの発生もほとんど見られませんでした。

 

 

ソーラーパネルの載ったセメント瓦

早めに塗装しておくにこしたことはありませんが、この状態であれば今回は屋根塗装の必要性は低く、10-15年後の再塗り替えの時でも間に合いそうです。

 

付帯部の状態

天井ケイカル板

天井のケイカル板もあまり汚れや劣化は見られませんが、再塗装でより長もちさせます。

 

 

レンガ調のサイディング

雨樋はまだ弾力もあり交換や補修の必要はありませんでした。

 

水切り

基礎にはひび割れ等がほとんど無く、状態は良好です。

 

狭い路地

お隣様との距離はやや近いですが、十分施工可能です。

 

大半がレンガ調のサイディング

レンガ調のサイディング

外壁の大部分がレンガ調の模様で、当初はこの模様をそのまま活かせるクリアー塗装をお考えでした。

 

クリアー塗装のメリット

・今現在の模様をそのまま活かすことが出来る

・顔料が含まれていないため、劣化してもチョーキング現象が発生しない

・ほとんどのクリアー塗料は2回塗りなので工期が短くてすむため、基本的に安価で施工可能

といった点が挙げられます。なんといっても今現在の模様を活かせるのが最大のメリットですね。

 

ただし、クリアー塗装にもデメリットがあります。

クリアー塗装のデメリット

・透明のため、外壁の色あせや汚れ・シミ等がそのまま出る

・一般的なシリコン・ラジカル・フッソ塗料に比べて弾力性に乏しい

・微弾性フィラー等で下塗りしないため、細かなひび割れや隙間が埋まりにくい

以上のようなメリットデメリットがあります。

 

今の外壁に強いこだわりが無ければ通常の塗装がおすすめ

塗料の弾力性や防水性能で考えると、基本的に単色での通常の塗装の方が優れていると言えます。

逆に言えばクリアーで塗装する場合のメリットは見た目のみといえますので、現在の外壁の模様に強いこだわりがある場合はクリアー、そうでない場合はシリコンやラジカル等の通常の単色塗装がおすすめとなります。

今回のお客様も当初はクリアー塗装をお考えでしたが、メリットデメリットを十分にご説明させていただき、よくご検討の結果ラジカル塗料での単色塗装を選択されました。

 

塗料や工法によってメリットデメリットがあり、すべてにおいて優れた塗料や工法というのは存在しません。

塗装する対象に対して、適切な判断とメリットデメリットをご説明できるのは、塗装のプロである専門店にしか出来ません。

自分の家にはどのような塗料が適しているか、判断に迷っている方は、是非一度ご相談下さい!

塗装のプロによる点検のご依頼はコチラ

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912