外壁塗装の時期は?塗り替え目安のタイミング

『外壁塗装の時期は?塗り替え目安は?』こういった疑問はお住まいをお持ちの皆様があることでしょう。

外壁塗装と言っても、一生の内に何度も経験するものではありませんよね。しかも費用も高額になる為、大きな買い物の1つと言えるでしょう。外壁塗装をすることで、家の美観を維持するのは勿論、塗膜がお住まいを保護してくれるので建物自体の寿命が延びます。
だからこそ適切な時期、最適なタイミングで少しでも長く住むことができるように、外壁塗装の時期や目安を知ることが大切なのです。

本記事では…

・外壁塗装の目安時期について
・塗り替え目安セルフチェック方法

以上の内容についてご紹介します。お住まいの塗り替えのタイミングを知る上で、是非参考にしてみて下さい。

外壁塗装の時期は?塗り替え目安のタイミング

外壁塗装の時期は築10年が目安

被害を受ける家
一般的な外壁塗装の時期は築10年が目安と言われてます。

大切なお住まいは24時間365日休むことなく、紫外線、雨風、砂埃などにより様々なダメージを受けています。見た目に大きな変化は感じられなくても、少しずつ変色をしたり、外壁の耐久性が落ちて雨水が染み込みやすくなっているかもしれません。

外壁塗装がなぜ10年を目安かと言われる大きな理由が、塗料の耐久性です。
中には耐久性が15~20年のフッ素系塗料や特殊な塗料を使用している場合は、”外壁塗装の目安は10年”という基準から外れるでしょう。しかし新築時に多く用いられるのはアクリル系、シリコン系、ウレタン系といった一般的な塗料の耐久年数は10年前後である為、”外壁塗装の目安は10年”と一般的に言われているのです。

外壁塗装の時期を判断するセルフチェック

外壁塗装の時期

外壁塗装に使用されている塗料や、お住まいの気候の条件などによって外壁の耐久度は大きく変わります。その為、一概に築年数だけでは適切な外壁塗装のタイミングは計れません。築10年に満たなくても、早めに外壁塗装をした方がいい場合もあります。

そこで今からすぐに外壁の様子を確認を頂ける、外壁塗装の目安時期をセルフチェックする方法をご紹介します。

【外壁塗装の目安1】コーキングの劣化

外壁のコーキングのひび割れ

コーキングとはサイディングやALCなどの外壁材の継ぎ目に埋める材料です。外壁のひび割れの修繕にも使用されており、隙間を埋めて密閉状態を作り出すことで、雨水の侵入を防ぎます。逆にコーキングが劣化してしまうとそこから雨水や湿気の侵入を許してしまい、外壁自体の劣化にも繋がります。

コーキング自体の耐用年数は約5~10年です。”外壁塗装の目安は10年”と言われるのも、コーキングの耐用年数にも関係してくるのです。

【外壁塗装の目安2】チョーキング現象

チョーキング

お住まいの外壁を指でなぞって頂くと、写真のように粉がつきませんか?これはチョーキング現象と呼ばれる、塗り替え時期の目安の1つです。

その原因は様々な外的要因(紫外線・雨・風)から塗料の合成樹脂が劣化して分解されていき、最終的に塗料に含まれている顔料が粉に戻ってしまい外壁表面に現れてしまうのです。

塗膜の役割である防水機能が失われた状態の為、外壁塗装が必要です。すぐに外壁塗装をしないと雨漏りがする』というレベルの緊急性ではありませんが、塗り替え目安としてご理解頂ければと思います。

【外壁塗装の目安3】コケやカビ、外壁の変色

コケの発発生している外壁

カビやコケが発生すると、どうしても美観は損なわれますよね。それだけではなく、カビやコケの発生は外壁からのSOSのサインです。

外壁塗装には外壁を保護し、雨水や湿気の侵入を防ぐと前途でもお話しましたね。外壁自体に雨水が染み込んでしまうと、日光をあまり浴びない壁にカビができやすくなります。外壁自体がカビの培養先になってしまうのです。更に厄介なのがカビが根付いた場合、表面だけ洗浄しても根本のカビを絶たない限りまた変色の再発を繰り返します。

コケや藻の発生原因はお住まい周辺からの植物から胞子が飛んできて、壁に付着し発生します。お住まい周辺に森林や雑木林のあるご家庭は特に注意が必要です。コケや藻は水分のある環境で繁殖するので、つまり外壁表面にずっと水分が留まっている状態です。最悪外壁が劣化しれポロポロと崩れてしまうことも。

【外壁塗装の目安4】ひび割れ(クラック)

大きいひび割れ
写真のように、窓枠などの継ぎ目などによく発生します。ひび割れ(クラック)にも段階があり、それに応じて補修の緊急性も変わってきます。外壁表面の塗膜がひび割れている状態のヘアークラックと、外壁内部にまでに及ぶ深いひび割れの構造クラックです。

【緊急性】ヘアークラック

ヘアークラックはその名の通り髪の毛のように細いひび割れのこです。もちろん、しっかり補修をして外壁塗装を行うことがオススメですので、塗り替え目安時期を見極めるポイントです。しかし狭い範囲に複数のひび割れがある場合は注意が必要と言われております。その場合はできるだけ早めに業者へご相談を頂くようお願いします。

【緊急性】構造クラック

さて問題となるのが構造クラックです。割れ目の幅0.3mm以上、深さ5mm以上は構造クラックである可能性が高いです。ひび割れから雨水が侵入して外壁内部のダメージを進行させてしまい、外壁塗装だけでは収まりきらない左官補修などの修繕が必要である場合がほとんどです。特に縦ではなく横に入るひび割れは雨水が侵入しやすいので注意が必要です。外壁塗装の塗り替え目安の指標と言うよりも、緊急性が高いので早めにご対応頂きますようお願いします。

外壁塗装の時期は?塗り替え目安のタイミングのまとめ

  • 塗り替え時期は築10年が目安
  • 【目安1】コーキングの劣化
  • 【目安2】チョーキング現象
  • 【目安3】コケやカビ、外壁の変色
  • 【目安4】ひび割れ(クラック)

お住まいの環境や使用されている塗料によって塗り替え時期は様々です。ですが上記のような条件がある場合は『そろそろ外壁塗装のタイミング』と心の準備をして頂いた方が良いと思います。

塗り替え時期の判断はおまかせください

塗装専門店である南大阪ペイントセンターでは、知識と経験豊富な営業マンがお住まいの点検調査に伺います。もちろん点検調査・お見積もりは全て無料です。相見積もりも大歓迎ですし、お見積もりをご依頼を頂いたからといって「弊社で工事をしてください」などのセールスは行いませんので、ご安心ください(^-^)

また、昨今の感染対策の一環として『検温・マスク着用・手指消毒』は徹底しておりますし、接触にご不安なお客様にはオンライン無料相談も実施しております。お客様のご都合の良い連絡手段で対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

▼▼お問合せはこちら▼▼
お電話でのお問合せ:0120-306-912
メールでのお問合せはこちら

こちらの記事もご参考ください

無料点検・無料見積りのご案内
新型コロナウィルス対策
はじめてでご不安な方へ
塗装工事の予備知識

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談