松原市 外壁のひび割れ(クラック)を補修 Vカット補修のご依頼

こんにちは!南大阪ペイントセンターです!

今回ご紹介させていただくのは、Vカット補修という外壁のひび割れ(クラック)の補修方法です。

皆様のお宅の外壁にはひび割れはございませんか?実はこのひび割れ、外壁の劣化症状としてはとても多くみられる症状で、住宅街を歩いていると必ず一軒は見かけるといっても過言ではありません。

今回のこちらの現場ブログではそんなひび割れについて、お話していきたいと思いますのでぜひご一読ください♪

外壁のひび割れ(クラック)の原因は?

ひび割れ(クラック)

1 経年劣化による収縮と膨張
紫外線や太陽の熱の影響から、収縮と膨張をくりかえすことによってひび割れが生じます。これは経年による塗膜の劣化によって発生すると考えられております。

2 地震などの揺れ
地震などの揺れによって建物に力が加わり、外壁がその力に耐えきれずにひび割れが生じてしまうことがあります。

3 乾燥
外壁材が乾燥してしまうとひび割れが生じることがあります。(塗膜の乾燥)

ヘアークラックと構造クラック

ひび割れには幅0.3mm以下ヘアークラック幅0.3mm以上構造クラックがあります。

ヘアークラック

   ヘアークラック  

幅0.3mm以下の髪の毛ほどの細さという意味からヘアークラックと呼ばれます。ヘアークラックはすぐに雨水が侵入し雨漏りの原因に…といったわけではありませんのでご安心ください。ですが放置は厳禁ですので業者にご相談されることをおすすめします。

構造クラック

構造クラック

幅0.3mm以上のひび割れを構造クラックと呼びます。幅0.3mm以上のひび割れは内部に雨水が侵入する可能性がございますので早急な対処が必要です。ひび割れが大きくなりそこから断熱材や内部にまで腐食が進んでしまうといったこともありますので注意が必要です。

構造クラックのお宅からVカット補修のご依頼をいただきました

Vカット補修とは?

Vカット補修とは割れ幅の大きい構造クラックに行う工法です。通常ひび割れの補修は、ひび割れ部分にシーリング材を注入し補修していきます。しかし幅の広いひび割れではひび割れの奥までシーリング材を充填することは困難です。

そこで幅の広いひび割れにはサンダーを使ってV字にカットし切り込みを入れていき適切な処理を施します。これをVカット補修と呼びます。

Vカット補修

サンダーでV字に切り込みをいれていきます。

シーリング充填

V字にカットした部分にプライマーを塗布し、シーリング材を充填していきます。

Vカット補修完成

最後に左官補修を行い、Vカット補修の完成です。これで雨漏りの心配はありません!

Vカット補修は南大阪ペイントセンターにお任せ!

いかがでしたでしょうか?

外壁のひび割れにも、ヘアークラックと構造クラックがありましたね。

ヘアークラックは早急な処置が必要といったわけではありませんが、構造クラックの場合は雨水の侵入が心配されますのでぜひ一度業者にご相談されてみてはいかがでしょうか?

南大阪ペイントセンターではVカット補修をはじめとした外壁や屋根のことなら何でもかまいません。お気軽にご相談くださいね♪

お問い合わせはこちら
(24時間受付中)
TEL:0120-306-912(9時~18時 土日祝のぞく)

LINEでのお問い合わせも可能です!

LINE見積もり

新型コロナウイルス対策について

コロナ禍においてのお茶出し

新型コロナウイルス対策について

スタッフの検温・マスク着用・手指消毒の徹底
リモートや非対面での打ち合わせや調査も可能です

 

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談