堺市中区にて日本瓦とモルタル壁の外壁工事のご相談

堺市中区にて日本瓦とモルタル壁の外壁工事のご相談

ブログの概要
堺市中区の築36年住宅にお住まいのお客様より「築年数的にひび割れがたくさん目立ってきた」とのご相談がありました。

これまで壁や屋根などの補修は今回が初めてとの事です。
モルタル壁と日本瓦の屋根の無料点検を実施した内容をご紹介させていただきます。


堺市の皆さま、こんにちは!

外壁工事専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

長らく大切にお住まいですと、どうしてもひび割れや痛みが気になりますよね。
特にモルタル壁や日本瓦の屋根ですと、その補修にしっかりとした工事が必要になります。

本ブログは堺市中区で実施した日本瓦とモルタル壁の無料点検の内容と、外壁工事に至るまでの経緯をご紹介しています。

このブログで分かること

・モルタル壁の見るべきポイント
・日本瓦の漆喰について
・点検後の外壁工事のご提案内容

モルタル壁や日本瓦の住宅で、ひび割れなどの痛みにお悩みの方はきっとお役に立てる内容だと思います(^-^)

堺市中区でモルタル壁のひび割れがきっかけでご相談

堺市中区の外壁工事のご相談をいただいたモルタル壁のお家

築年数 36年
ご相談のきっかけ モルタル壁のひび割れが多くなってきた
外壁材 モルタル壁(ボンタイル仕上げ)
屋根材 日本瓦

堺市中区にある築36年の戸建て住宅。
重厚感のある日本瓦と凸凹とした風合いが魅力のボンタイル仕上げのモルタル壁が印象的ですね。

「これまで家のメンテナンスをしたことがなく、今回が初めての工事依頼です。」

というお客様のお話からも、やはりモルタル壁や日本瓦の経年劣化が感じられます。

まずはモルタル壁から状態を確認していきましょう。

モルタル壁の見るべきポイント

モルタル壁のひび割れは自然現象

モルタル壁のひび割れは自然現象
モルタル壁は砂やセメントや水を混ぜて外壁を作る塗り壁の一つです。

左官後に乾燥をさせてモルタル壁の家が出来上がってからも、実はずーっと乾燥は進んでいます。
モルタル壁は乾燥することで新築後2~3年後には自然とひび割れが出来るのです。

ひび割れ=モルタル壁が完全に乾燥した、という証なのでむしろ「やっとモルタル壁が一人前になったか!」と喜ばしいことなのです(^-^)

ですので「建ててからあまり経っていないのにひび割れする!」という事があっても、緊急性が高い症状ではないのでご安心くださいね。

▼モルタル壁について詳しくは下記にてご紹介▼
モルタル造とは?住宅建物の主な外壁材の種類

放置できない経年劣化のひび割れ

モルタル壁の大きなひび割れ
いくらひび割れが自然現象といっても、このような大きなひび割れの放置は厳禁です。

理由としては大きなひび割れはモルタル壁の防水効果がなくなっているという大事なサインだからです。

新築時にモルタルに塗られた防水塗装が劣化することで、モルタル自体に雨水が染み込んでいきます。
雨水が染み込みやすくなると、今度はモルタル壁が吸水・乾燥のサイクルを繰り返し壁自体が収縮してひび割れを引き起こしやすくなります。

ですので写真のような大きなひび割れを見かけられた時点で、すでにそのモルタル壁は雨水を吸い込みやすくなっている状態なのです。

モルタル壁のサッシ廻りのひび割れ
サッシ廻りにもひび割れが見られます。

雨水を吸い込みやすくなっているモルタル壁は、今後どんどんひび割れが増えてくるでしょう。

モルタル壁のひび割れは外壁工事で改善します

モルタル壁のひび割れは補修可能
ひび割れ自体はコーキングと左官工事をすることで、しっかりと補修が可能ですのでご安心くださいね。
補修後に塗装工事をするので、ひび割れ跡はほとんど目立ちにくくなってくれますよ(^-^)

▼モルタル壁の外壁塗装について詳しくご紹介▼
モルタルの外壁塗装を失敗しない為のポイント

雨樋や雨戸の色褪せ
雨戸や雨樋なども色褪せがあるので、この機会に塗装で美観を復活させることも可能です!

日本瓦の補修は漆喰工事が必要

日本瓦の漆喰
日本瓦のメンテナンスで外せないのが、写真にある漆喰(しっくい)です。

漆喰は日本瓦を固定するためにあり、防火性に優れ古くから城などの建物に使用されてきました。

本来はとても高い耐久性のある漆喰ですが、紫外線や雨風の影響で触れるだけでポロポロと崩れてしまうような状態まで劣化します。

漆喰詰め直し工事が必要な日本瓦
漆喰が脆くなることで、瓦同士の固定が弱まり瓦がずれたり割れたりする恐れがあります。

漆喰の劣化を放置していると、漆喰が完全に剝がれて瓦を支える土台に雨水が入り込み、屋根からの雨漏り被害の原因になります。

ですので、古くなった漆喰を撤去して新しい漆喰を詰める漆喰の詰め直し工事をされるのが良いと思います。

▼漆喰工事について詳しくご紹介▼
漆喰工事とは?作業工程・価格などの紹介

モルタル壁の外壁工事と日本瓦の漆喰工事のご提案

モルタル壁の塗装工事と日本瓦の漆喰工事のご提案した堺市中区の住宅

ご提案内容

劣化部位 ご提案 理由
モルタル壁 ・ひび割れ補修(Vカット補修)
・厚塗り波型模様による外壁塗装
・モルタル壁のひび割れ
・外壁の防水性を復活させる為
日本瓦 ・漆喰の詰め直し工事 ・漆喰の経年劣化

主なご提案内容は以上です。
他にもベランダにひび割れが多いので防水工事のご提案や雨樋などの付帯部の塗装を含めてお見積りをさせていただきました。

外壁工事のお見積もり料金

足場仮設費用などの共通工事をすべて含んで約130万円~152万円(税別)のお見積もり金額をご提示させていただきました。

※お客様へは塗装箇所の㎡数や単価、塗料名、工事名などを詳しく明記した計4プランのお見積書をお渡ししています。

お見積もり金額に大変ご納得され外壁工事のご成約

ご提案内容と金額に大変ご納得され、今回外壁工事をさせていただくことになりました。

この度は南大阪ペイントセンターにご縁をいただき、誠にありがとうございます!

外壁工事後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定です(*^-^*)

▼外壁と屋根の施工事例をUPしました!(2022.5.26更新)

外壁から屋根のことまで、すべてワンストップで対応可能です。
モルタル壁の厚塗り波型模様や日本瓦の漆喰工事には熟練した技術が必要です。

漆喰などの専門的なことから、質問して良い内容なのか迷われている方は何でもお気軽にご相談くださいね!

堺市のモルタル壁の外壁工事の事例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談