羽曳野市でハウスメーカーから塗装工事の提案があった築23年住宅

羽曳野市でハウスメーカーから塗装工事の提案があった築23年住宅

ブログの概要
ハウスメーカーから塗装工事の提案を受けられらたことがきっかけで、弊社にお見積りのご依頼をいただきました。
ハウスメーカーを含む数社に相見積もりのご依頼をされたところ「もっと金額の安い業者はあったが、工事内容と対応に一番納得がいった」と弊社でご成約となりました。

笑顔の女性
マナベ
こんにちは!
南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

 

羽曳野市のハウスメーカー施工の築23年住宅に、建物全体の点検とお見積りを実施した内容をご紹介しています。

ハウスメーカーから塗装工事の提案がご相談のきっかけ

点検と見積りに伺った住宅の概要

大和ハウス施工の築23年住宅

築年数 23年
住宅メーカー 大和ハウス
きっかけ ハウスメーカーから塗装工事の提案を受けた
外壁 窯業系サイディング
屋根 スレート瓦

ハウスメーカーの20年点検を受けられ塗装工事のご提案があったお客様。

ハウスメーカーの高額な見積り金額に悩まれていた折に、弊社のチラシを見てお電話をいただきお見積りのご依頼を承りました。

お電話いただいた際に「塗装工事に助成金は出るか」のご質問をいただきました。
一旦自治体の助成金情報などお調べしてから残念ながら現在助成金はない旨をご説明いたしました。

後々お客様からお聞きしたお話ですが、他社の電話対応では特に調べる姿勢も見せず頭ごなしに「助成金は出ない」とキッパリ言われたようです。
そのため、電話対応の内容もご成約の決め手になった伺いました。

住宅全体の調査開始

コーキングの割れは外壁を傷める危険性

コーキングの割れ
外壁材である窯業系サイディングには、ボード同士の継ぎ目に目地が存在します。

目地の隙間を埋めるようにコーキングが施工されていますが、長年紫外線に晒されたことでひび割れを起こしています。

コーキングが剝がれ剥き出しになった目地
施工当初はゴムのような柔軟性をもつコーキングですが、経年ととに硬化して写真のような剥がれといった不具合が表れます。

サイディングボードの下には防水シートが施工されており、二次防水の役割があるので直接的に隙間から雨漏りが発生するわけではありません。
ですがボード内部に雨水によって湿気が溜まると、ボードの浮きや反りといった不具合が出てきます。

メンテナンスとしては、現状のコーキングを取り除いてから新しいコーキングを施工する「コーキング撤去打ち替え工法」が良いでしょう。

サイディングボードの目地
サイディングボードは約幅450mm×高さ2700㎜のサイズです。

写真の赤線で区切っている部分がサイディングボードの継ぎ目ですので、縦方向の目地のコーキングをすべて交換された方が良いです。

コーキングの耐久性は新築時に使用した材料にもよりますが、築10年を目途に劣化してきます。
築23年ですと現状のコーキングの痛みも無理はありません。

今回ご提案するコーキング材は「オートンイクシード」という約20年超の耐久性と言われているものです。
サイディングの外壁などの目地がある外壁材は、塗料の選定よりもコーキング工事をいかにしっかり施工するかが重要なのです。

サッシ廻りのコーキング
コーキング打ち替えをご提案するのは、何も目地だけではありません。

サッシなどの周りにもコーキングが施工されており、こちらも新しいコーキング材に交換がおすすめです。

本来サッシ周りは既存のコーキングの上から施工する「コーキング増し打ち工法」が多いです。
しかしこちらの建物の場合築23年とコーキングの寿命が大幅に過ぎていることも考慮して、新しいコーキングへ交換する「コーキング撤去・打ち替え工法」がより良い選択と言えます。

塗膜の防水性が失われたサイディング外壁

外壁のチョーキング現象
外壁を触ると塗膜の粉が付着します。

この現象をチョーキング現象と言い、塗膜の防水性が失われたサインです。
塗膜の中に含まれる樹脂が分解されて、顔料のみ粉状になって外壁表面に出てきています。

指の跡がしっかり付くくらいチョーキングが進行しているので、外壁塗膜の防水性はほぼないことが分かります。
このままでは横殴りの強い雨が降った場合、外壁に雨水が染み込んでサイディングボードの痛みが進行し最悪雨漏り被害を引き起こす可能性があります。

前項でご紹介したコーキング工事後に、外壁塗装をして塗膜の防水性を復活させる方法が良いと思います。

寿命を迎えたベランダ防水層

塩ビシート防水の上からパネルが敷かれたベランダ
ベランダには塩ビシート防水の上に、専用のパネルが敷かれています。
ハウスメーカーでよく見られる仕様です。

新築時にベランダに施工された塩ビシート防水の寿命は約15~20年とされており、築23年なので防水層の寿命が過ぎた頃合いです。

パネルの下に施工された塩ビシート防水
ベランダに敷かれているパネルを捲ると、塩ビシート防水が確認できます。

寿命が過ぎると塩ビシートが破損する可能性が高まり、シートの破けから雨水が侵入して思いもよらない箇所からの雨漏りを引き起こします。
ですので、この機会に新しい塩ビシート防水を施工されることを推奨します。

既存の防水層を撤去しなくても、塩ビシートは施工可能です。
つまり古い塩ビシート防水の上から、新しい塩ビシート防水を施工することができます。

撤去費用もかからず耐久性も15~20年と高いので、塩ビシート防水は数ある防水工事の中でコストパフォーマンスが非常に高く人気の工法です。

改修ドレンが必要な排水部
防水工事が必要なのは、何もベランダ床表面だけではありません。

写真のドレン部位も防水工事は必要です。(改修ドレン工事)
ハウスメーカーからも「改修ドレン工事は絶対に必要です」と案内があったようです。
たしかにハウスメーカーの仰るとおりで、改修ドレン入れなければ防水工事する意味がないとご説明しています。

ドレンの内部の防水性がなくなると、ドレン内部から排水が外壁内部に染み出し階下へ雨漏りする可能性が高くなります。
数社と相見積もりの際に、他社は金額が安かったのですが改修ドレン工事がお見積りに入っていなかったようです。

他社に比べて金額は高いですが改修ドレン工事が工事内容に含まれていたので、弊社をお選びいただいた決め手になったとお聞きしました。

スレート瓦は劣化が激しくカバー工法のご提案

スレート瓦をドローン点検
ドローンで屋根の状態も拝見しました。

屋根にはスレート瓦が使用されています。
一般的にスレート瓦の寿命は20~30年程で、これまで一度も屋根塗装が未実施ということもあり多くの劣化部位が確認できました。

劣化が進行したスレート瓦
スレート瓦の防水性は塗装によって維持されます。
できれば築10年過ぎに屋根塗装をしていれば防水性が復活したので、劣化の進行を食い止められたと思います。

ですがこれまで屋根塗装が未実施という点を踏まえ、屋根カバー工法をご提案いたしました。
劣化が進行して脆くなったスレート瓦に塗装を行っても、あまり長持ちしてくれないからです。

色褪せやコケの繁殖、アンテナ付近のもらいサビなども考慮して、屋根塗装ではなくカバー工法がよりメンテナンス頻度を抑え耐久性も高いです。

外壁塗装のご提案内容と見積り金額

お見積り内容

劣化部位 ご提案 理由
外壁(窯業系サイディング) 外壁塗装 塗膜の防水性低下(チョーキング現象)
目地(ボードの継ぎ目 コーキング撤去打ち替え コーキングの劣化
サッシ周り コーキング撤去打ち替え コーキングの劣化
ベランダの防水層 塩ビシート防水 防水層の寿命のため
付帯部(雨樋・シャッターBOX・スリムダクト・水切り・軒天・破風板) 付帯部の塗装 美観の向上・防水性の維持のため
スレート瓦 屋根カバー工法 スレート瓦の寿命のため

お見積り金額

※使用する塗料のグレードによって1㎡あたりの単価が異なるので、お見積り金額も塗料によって変動します。

塗料別見積もり案 見積もり金額(税抜き)
超高耐久超低汚染型無機フッ素 ¥1,771,450
超低汚染型無機フッ素 ¥1,693,450
超低汚染型シリコンプラン(アステック) ¥1,576,450
ラジカルシリコン ¥1,517,950
シリコン塗料 ¥1,459,450

上記は外壁塗装工事のみのお見積り金額です。
屋根カバー工法は別途1,295,000円(税抜き)でお見積りを実施しています。

見積りの内容や営業担当のご説明にご納得いただけ、この度成約をいただきました。
弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!

カラーシミュレーション

カラーシミュレーション
お客様のご要望に沿って、複数のカラーシミュレーションもご提案いたしました。

ベース:パストグリーン アクセント:75-20D
ベースカラーを「パストグリーン」、アクセントカラーを「75-20D」での塗装で決定しました!

塗装工事後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。
▼施工事例UPしました(2023/01/25更新)▼

こちらのページに関すること以外でも、塗装について疑問点やハウスメーカーの塗装工事のご相談も承っています。
お気軽にご相談いただければ幸いです。

ハウスメーカー

その他のハウスメーカーの塗装工事のご相談を受けた事例

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談