羽曳野市で中古住宅(築28年)の外壁塗装と雨漏り補修のご相談

羽曳野市で中古住宅(築28年)の外壁塗装と雨漏り補修のご相談

ブログの概要
築28年の中古住宅をご購入されたお客様からのご相談です。
これまで一度もメンテナンスが未実施の中古住宅で不動産会社からも「外装リフォームはした方が良い」と案内があったようです。
傷みの内容としては…
・雨漏り跡がある
・コーキングの劣化
・ベランダパネルが吹き飛んでいる
などの症状が挙げられます。

入居される前に傷んでいる箇所はすべてきっちりと補修をご希望されており、全体の点検を含めお見積りのご相談を承りました。

笑顔の女性
マナベ
こんにちは!
南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

 

羽曳野市で実施した中古住宅の外壁塗装の点検とお見積りの様子をご紹介いたします。

築28年の中古住宅に外壁塗装のご検討

中古住宅の概要

羽曳野市の外壁塗装をご検討されている築28年の中古住宅

築年数 28年
きっかけ これまでノーメンテで全体的な痛みが酷く、不動産会社からも外装工事を勧められた
外壁 窯業系サイディング
屋根 スレート瓦

築28年の中古住宅のご購入されましたが、これまで一度もメンテナンスをされていない戸建て住宅です。

外装の全体的な痛みも多く、引っ越す前に安心して暮らせるように傷んでいる箇所の補修をご希望されています。

・雨漏りした跡がある
・見た目の経年劣化
・コーキングの割れ
・ベランダパネルが一部ない

以上の不具合を踏まえ、お見積りのご用命をいただきました。

羽曳野市の中古住宅の外壁と屋根の調査

雨漏り跡のあるベランダの軒天

雨漏り跡のあるベランダの軒天
ベランダの軒天に雨水が染みた跡が広がっているのが分かりますか?

赤枠で囲った部分の非常に広範囲に雨漏り跡が確認できます。

軒天の雨漏り跡
近くで見てみましょう。

一部緑っぽい跡になっているので、コケの繁殖も確認できます。

本来雨漏りをするだけでは、ここまでコケが繁殖することはありません。
日の当たりにくい軒天に、雨水が染みた状態が長年続いたことが推測されます。

雨漏りの原因であるベランダ付近
雨漏りの原因を探っていきましょう。

ベランダ下の軒天に雨漏り跡がある場合、まず一番に考えられるのはベランダ床に施工された防水層の劣化です。
ですがベランダ周辺の状況を確認した限り、防水層を含め以下3つの原因が推測されます。

考えられる雨漏りの3つの原因

・ベランダ防水層
・笠木(かさぎ)のジョイント部分
・スリットのジョイント部分

調査をした結果、雨漏り跡のある軒天すぐ上のスリットや笠木のジョイントからの雨漏りの可能性が高いです。

もちろんベランダ防水層からの可能性もありましたので、ベランダ防水工事を含めジョイント部分を埋める補修工事のご提案をいたしました。

吹き飛んだベランダパネル

吹き飛んだベランダパネル
台風などの影響でベランダ屋根のパネルが2枚なくなっています。

こちらのパネルも紛失した2枚のみ新しいパネルを取り付けるご提案をいたしました。

玄関ポーチの割れ

玄関ポーチの割れ
玄関扉前のポーチは割れてしまっています。

傷んで割れた部分を撤去して、新たにコーキング材を埋めれば補修可能ですのでご安心くださいね。

外壁のコーキングの劣化

外壁のコーキングの劣化
外壁の目地にあるコーキングも劣化が確認できました。

経年劣化が進行し、コーキングがひび割れ起こしています。

目地のコーキングの劣化
サイディングボードの継ぎ目を埋める役割があるコーキングですが、コーキングの劣化放置はサイディングボードの浮きや反りに繋がり大変危険です。

コーキングのひび割れから湿気や雨水が侵入することで、ボード内部に湿気が籠りボード全体を押し上げてしまいます。
一度でも浮いてしまったサイディングボードは完全に元の状態に戻すことは困難です。

建物を長く安全に維持するという観点からもコーキングの劣化をそのままにせず、新しいコーキングへ交換されることを強く推奨します。

▼窯業系サイディングとコーキングの関係性について▼

雨樋の破損

雨樋の破損
雨樋の破損も確認されましたので、部分補修をご提案いたしました。

築28年でノーメンテとなると雨樋の全交換をご提案される場合も多いと聞きます。
ですが雨樋の全交換は部材やm数にもよりますが、交換費用だけで20~40万円ほどかかる高額工事です。

写真の箇所以外は雨樋の割れなどは確認できませんでしたので、部分補修と雨樋全体の塗装工事をご提案いたしました。

今回の部分補修と塗装の場合…

・雨樋塗装(65m)⇒48,750円(税抜)
・雨樋補修(1箇所)⇒5,000円(税抜)

雨樋全交換に比べて、費用が抑えられていますね。
雨樋全体に塗装をすれば雨樋が塗料で保護され耐久性と美観が維持されますよ。

サビと劣化が進んだスレート瓦

スレート瓦の屋根
屋根にはスレート瓦が使用されています。

一目で棟板金がサビていることが分かりますね。

サビと劣化が進んだスレート瓦
スレート瓦の防水性は塗装で維持されます。

部分的に白っぽく変色しているのは色褪せのサインです。
色褪せは塗膜が寿命を迎えたことを表し、塗膜の防水性が切れている状態です。

塗膜の防水性を復活させるためにも、屋根全体の塗装工事をご提案いたしました。

中古住宅への外壁塗装のご提案内容と見積り金額

お見積り内容

劣化部位 ご提案 理由
外壁(窯業系サイディング) 外壁塗装 塗膜の劣化
目地・サッシ周り コーキング撤去打ち替え コーキングの劣化
軒天周り コーキング増し打ち コーキングの劣化
ベランダ付近のジョイント部 雑コーキング ベランダ軒天の雨漏り対策
ベランダの防水層 塩ビシート防水 ベランダ軒天の雨漏り対策
ベランダ屋根パネル パネルの取り付け(2枚) パネル紛失のため
付帯部(雨樋・雨戸・小庇・水切り・軒天・破風板) 塗装工事 美観の向上・防水性の維持のため
雨樋 部分補修 雨樋の部分的な割れ
屋根(スレート瓦) 屋根塗装 塗膜の劣化

お見積り金額

※使用する塗料のグレードによって1㎡あたりの単価が異なるので、お見積り金額も塗料によって変動します。
お客様へは㎡数や塗料名など詳しく明記した以下5プランのお見積書をご提示しました。

塗料別見積もり案 見積もり金額(税抜き)
超高耐久HRC次世代塗料 ¥2,175,550
超低汚染型無機フッ素塗料 ¥1,646,950
超低汚染型シリコン塗料 ¥1,499,350
ラジカルシリコン塗料 ¥1,438,950
シリコン塗料 ¥1,361,450

完工後のお客様の声

お客様の感想(一部抜粋)
Q.いろんな業者さんがある中で、何が決め手となって私たちにご依頼くださいましたか?

A.誠実そうだった
他の方の写真を見てよかったから

お見積り工事内容にご納得いただけ、この度工事のご成約となりました。

天美ショールームの見本板
外壁塗装のプランのご相談の際には、弊社ショールームへもご足労をいただきました。
この度は弊社へご相談をいただき、誠にありがとうございました。

塗装工事後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。
▼施工事例UPしました!(2023/02/13更新)▼

中古住宅をご購入後の外壁塗装のご相談は年々多くなっています。
現地調査やお見積りだけでも無料ですので、お気軽にご相談いただけると幸いです。

その他の中古住宅の外壁塗装のご相談をいただいた事例

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ