外壁塗装に最適な季節はいつ?

外壁塗装をする上で、人気の季節は雨が降らず天候が安定しやすい『春』『秋』です。

しかし近年、秋にも2週間以上の長雨が続いてしまったり、逆に梅雨の時期にほとんど雨が降らなかったりと、一概に『ベストシーズンはこの季節です』と、はっきりと申し上げれなくなっているのも事実です。

本記事では…

・外壁塗装と季節(天候)の関係性
・季節ごとの外壁塗装のメリット
・夏場の外壁塗装は本当に不向き?

以上の内容でご紹介をしていきます。お客様にとっての最適な季節を選択する、お手伝いができればと思います。

外壁塗装に最適な季節はいつ?

外壁塗装に最適な季節はいつ?

よくホームページで外壁塗装に最適な季節は『春』『秋』が掲載されていることが多いです。では本当に皆様にその季節がオススメなのでしょうか?

春・夏・秋・冬、各季節ごとのメリットデメリットを知れば、必ずしも皆様におすすめの季節が春と秋とは言い切れないのです。

外壁塗装と季節(天候)の関係性

外壁塗装の乾燥時間が必要な工程

外壁塗装と季節を語る上で、『塗料の乾燥時間』が大きく関係してきます。

外壁塗装の乾燥時間が発生する工程
1,外壁下塗り
2,外壁中塗り
3,外壁上塗り

各工程の乾燥時間は短くて3時間長くて1週間以上に及ぶ場合もあり、更に塗膜内部の完全乾燥までは2週間かかると言われています。それ程まで長期に渡る工程ですが、天候によっては雨や台風や雪の影響で作業を中断せざるをえなくなります。

外壁塗装の乾燥時間

塗料の乾燥時間は気温や湿度にも大きく影響されます。

外壁塗装をする上で最適な温度は15~30℃
・湿度85%以上の場合は基本的に雨が降っているので乾燥に適さず、外壁塗装ができません

上記の最適な気温の条件から見ても、春・秋はその条件が整いやすい季節です。その為、春と秋が外壁塗装に人気なのも頷けます。
気温5℃以下の寒い環境下でも塗料の硬化が極端に遅くなり、仮に乾燥できたとしても脆弱な塗膜にしかならず塗料メーカーからも推奨されていません。しかし近年では最高気温上昇に伴い、最高気温5℃を下回ることは稀ですので冬場の外壁塗装も安心ですね。

雨の日の外壁塗装工事についても、足場工事や洗浄工事等の作業は可能なので、雨が工期の遅れの直接的な理由にならない場合もあります。

雨の日の外壁塗装についてはこちらのページもご参考ください
■雨の日の外壁塗装工事は何ができるのか?

季節ごとに見る外壁塗装のメリット

前途で『春』『秋』には外壁塗装をする上で適切な条件が揃いやすく人気とお伝えしましたが、『夏』『冬』でも温度を守り、雨を避ければ全く問題なく施工ができるのです。

冬の外壁塗装

『冬』の外壁塗装外気温5℃以上という条件さえ整えば外壁塗装が可能です。近年では真冬でも最高気温5℃を下回ることは2、3日程度なので冬場でもほとんどの日が問題なく外壁塗装の条件をクリアしているのが現状です。
他の季節に比べると窓を閉め切っていても暑くなく屋内で過ごしやすいですし、冬場であっても作業員は作業していれば体は寒くなく、手がかじかんで作業に支障をきたすこともありません。

夏の外壁塗装

『夏』の外壁塗装ですと窓を閉め切って行うので空調の問題さえクリアできれば、塗料の乾燥が早くてスムーズに工事が進みやすいです。
作業員も気温が上がっている分、他の季節に比べると確かに暑くて大変です。しかし熱中症対策に適度な休憩を取り、塩飴を常備したり、ファン付きの空調服等を着用しているので暑さで作業効率が下がってしまうこともありませんのでご安心下さい。

ですがまだまだ『夏場は外壁塗装に不向き』というマイナスなイメージは浸透しているのも事実。そこで夏場の外壁塗装の注意点について次項にまとめましたので、ご紹介致します。

夏場の外壁塗装は本当に不向き?

一見夏場は気温上昇や急な雨などの天候の変わりやすさという点では、”外壁塗装に不向き”と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際に他社のサイトなどを見ていると、外壁塗装のベストシーズンは春と秋で、夏は外壁塗装に不向きと書かれていることを多く目にします。

実際に夏場の外壁塗装は本当に不向きなのでしょうか?一概に気温や湿度だけで、不向きとは言えない夏場ならではの様々な外壁塗装のメリットがあります。

外壁塗装と夏場の天候の関係

夏場の外壁塗装

前途でもお話したように外壁塗装の最適な温度は15~30度です。1日中35℃以上の環境や、湿度85%以上(雨の日)外壁塗装ができません。

しかし夏場であっても、1日中気温が35℃以上は稀で、雨が降っていない日がほとんどですよね日照時間が1年で1番長い為、作業時間が他の季節よりも比較的多くとれます。更には気温が高いと、塗料の伸びが良く作業効率が上がるだけでなく、各工程で必要な乾燥時間も早まります。

その為、夏場の気候は”外壁塗装に不向き”ではなく、気候条件さえ整えば、塗膜が乾燥しやすい外壁塗装のベストシーズンとも言えるのです。

夏場の外壁塗装はエアコン使用や換気が難しい?

窓の養生
外壁塗装では塗料が付かないように窓全体を養生するので、窓を開けての換気が難しくなります。更にエアコンの室外機も養生することから、エアコンの使用ができない期間が発生します。

養生してから外壁塗装が完成するまで、少なくとも10日程度かかることがほとんどです。しかも雨が降るとその分工期が延びるので、養生期間も伸びてしまいます。
夏場に換気やエアコンが使用できないのは、死活問題ですよね。

外壁塗装中のエアコン使用についてはこちらのページをご参考ください
■外壁塗装中でもエアコンが使えるって本当?

夏場でも快適にお過ごし頂く為の養生の配慮

南大阪ペイントセンターでの外壁塗装では夏場に限らず、1年通して以下の作業を実施しております。

  • 室外機・換気扇・給湯器は24時間使用できるような養生をします
  • 作業終了後、お客様が指定された窓(寝室やリビング等)の養生は外して、窓を開けれるようにしています

お客様に普段通りの快適な生活を送って頂けるように、エアコンや換気扇、給湯器を常に使用して頂けるように養生を致しますので、ご不便をおかけすることはありません。又、作業終了後速やかにご指定の窓の養生を外し、窓を開けれるように致しますのでご安心下さい。

夏場の外壁塗装だからこそ信頼できる業者がおすすめ

夏場の外壁塗装には”天候との関係”や”夏場の換気問題”などの様々な課題がでてきます。
そういった課題を解決して、外壁塗装を成功させる為には信頼できる業者との事前打合せが必要不可欠と言っても良いのではないでしょうか。

更に夏場の外壁塗装は職人の腕で仕上がりが最も左右される季節とも言われています。その理由は塗装の乾きやすさにあり、乾きが早い分塗りムラになりやすいです。だからこそ信頼できる業者に依頼をされるのを強くおすすめします。

業者の腕やスムーズなスケジュール管理や天候によっては、夏場の外壁塗装は1年の中で最も外壁塗装に適した季節になり得るのです。

外壁塗装の最適な季節まとめ

  • 最適な季節を選ぶ上で、塗料の乾燥時間が大切
  • 外壁塗装をする上で最適な温度は15~30℃
  • 春・秋が人気の季節だが、夏・冬でも外壁塗装のベストシーズンになり得る

お住まいの数だけ、それぞれのお住まいに適した外壁塗装の季節があります。気になる症状がある場合やお住まいが築10年を迎えられる際には、専門の業者に外壁塗装が必要かどうか判断してもらうのが一番のご不安を取り除く近道です

感染対策も万全!現地調査は無料です

南大阪ペイントセンターではお客様のお住まいの外壁塗装が必要かの、現地に伺い点検調査をさせて頂いております。もちろん感染対策の一環として、必ず『検温・マスク着用・手指消毒』の上、実施させて頂きます。

もちろ点検調査やお見積もりに費用は頂戴しておりません。また接触ゼロで対応させて頂くオンライン無料相談も行っております。お客様のご都合の良い連絡手段で対応させて頂きますので、お気軽にお申しつけください(^-^)

関連ページ

無料点検・無料見積りのご案内
新型コロナウィルス対策について
LINE相談・見積もり

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談