外壁塗装は留守でもOK!テレワークも問題なし

皆さま、こんにちは!松原市の外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベです😊

「留守でも問題なく外壁塗装ができるか」
「留守中に気を付ける点は?」
「外壁塗装はテレワークに支障はない?」

そういった疑問をお持ちの方は、意外と多いです。実際にお客さまから、良くご質問をいただきます。

このページをお読みいただくと…

・外壁塗装は留守でも可能
・外壁塗装の留守中の注意点
・外壁塗装はテレワークでも問題なし

以上の内容が分かります。

約3000棟のお客さま実績からご意見・ご要望を活かし、留守中の疑問を解決します。日常生活に影響のないストレスフリーな塗装期間を過ごしましょう😊

■目次■
外壁塗装は留守でも可能
-留守でも屋外に水道・電気があれば塗装工事は可能
-お留守を前提の塗装スケジュール
外壁塗装の留守中の注意点
-留守中は確実な戸締り
-塗装スケジュールの把握
-留守中だからこそ職人さんとコミュニケーション
外壁塗装はテレワークでも問題なし
-ご在宅でも留守時と同等の対応可能
-足場工事と高圧洗浄日の騒音に注意
【まとめ】外壁塗装は留守でも可能、テレワークも問題なし

外壁塗装は留守でも可能

外壁塗装は留守でもOK

留守でも屋外に水道・電気があれば塗装工事は可能

屋外で水道電気が確保できれば留守でも外壁塗装可能

外壁塗装は屋外での工事なので、家の中までお邪魔するのは基本ありません。屋外で水道・電気が確保できれば、ずっとお留守でも外壁塗装に支障はないのです。

お留守を前提の塗装スケジュール

留守中は外壁塗装の工期は把握がおすすめ

外壁塗装の工期は約2週間雨が降れば、その分工期も伸びます。
そんな長期間、在宅をお願いするは無理がありますよね。
塗装工事自体は『お留守を前提』にスケジュールが組まれていますのでご安心ください。

外壁塗装の留守中の注意点

留守中は確実な戸締り

外壁塗装中の留守は確実な戸締り必須

外壁塗装中は確実な戸締りをお願いします。もちろん玄関・ベランダ・窓・階数問わず、すべてです。

足場に取付けた飛散防止シートが目隠し代わり

足場があるので留守中の防犯対策は必須

外壁塗装中は足場+足場を覆うシートが、まるで目隠しのように取り付けられています。

もちろん本来の目的は目隠しではなく『塗料や洗浄水が飛散しない』目的のものですが、廻りから見えない=不審者が侵入しやすい、という点にもご注意ください。

2階からの侵入も容易な足場の存在

足場があるので2階から容易に侵入可能

足場がある、という事実は2階からの侵入ハードルが下がっている、ということです。
『2階のベランダの鍵が空いていた』なんて場合は、足場を昇れば簡単にベランダから侵入できてしまうのです。

塗装していない時間も足場は建ったまま

外壁工事期間は足場は建ったまま
外壁塗装は日没前に作業を終了します。暗くなっては、作業効率が下がるからです。

しかし職人さんが現場を離れている夜も足場は建ったままです。
職人さんがお客さま宅を後にした後、ご帰宅されるまでの時間は誰も居ません。仮に戸締りし忘れたところがあれば、それほど怖い時間帯はありませんよね。

塗装スケジュールの把握

留守だからこそ、事前におおまかなスケジュールは把握しておくことをおすすめします。

高圧洗浄日は外に洗濯物が干せない

例えば高圧洗浄の日に外に洗濯物を干しっぱなしで出かけると、洗濯物がビショビショに、なんて事態に。
事前に業者さんも「この期間は外に干さないでください」と伝えてくれるますが、漏れがあって大切な衣類を汚してしまっては大変です。

小窓も必ず閉める

高圧洗浄日は小窓も確実に閉める

高圧洗浄日を把握することでお部屋が水浸しになる、という大惨事を防ぐことができます。

写真のような小窓を利用して、換気されている方も多いのではないでしょうか。
「防犯面のため戸締りはするけど、換気のために小さい小窓なら開けていてもいいのでは?」確かにそう思われるのも分かります。

しかしわずかな隙間でも開いていると、高圧洗浄の際お部屋に水が入りビショビショになってしまいます。

高圧洗浄日の注意点は下記ページでもまとめて解説しています。

留守中だからこそ職人さんとコミュニケーション

外壁塗装の進捗が分かる交換日記

お客さまがお留守でも日々の工事内容を把握できるように、進捗報告をルール化している業者さんも多いです。

弊社の場合ですと、写真のような交換日記に工事進捗を書いて、ポストに投函させていただいています。

外壁塗装はテレワークでも問題なし

外壁塗装は留守でも問題ないということは、テレワークでも全く問題ありません。
最近ではテレワークで勤務されている方も多くなっていますよね。

ご在宅でも留守時と同等の対応可能

外壁塗装はテレワークも問題なし

「”テレワーク=在宅”という認識は困る。在宅だからといって、いつでも職人さんの対応ができるわけではない」
そういったご心配も、塗装業者さんに留守と同等の扱いをしてもらえば解消できるのではないでしょうか。

事前の打ち合わせの際に「〇日は在宅ですが、仕事中のためインターホンを鳴らしてもらっても対応できません」など伝えていただければ、職人さんが声がけや挨拶に伺うことはないでしょう。

足場工事と高圧洗浄日の騒音に注意

外壁塗装中の騒音

外壁塗装と騒音問題は切り離せない関係です。
快適にご在宅いただくためにも、足場工事と高圧洗浄の日程は把握された方が良いでしょう。

足場工事日

工事初日の足場工事(約6~8時間)は『カンッカンッ』という組立ての際の金属音がし、静かにお過ごしいただくことは正直難しいです。同様に足場解体日も、音がしますので注意が必要です。

高圧洗浄日

高圧洗浄も足場工事ほど大きな騒音はしませんが、高圧洗浄機の駆動音や壁に洗浄水が当たる音が発生します。窓は絶対に開けれないなどの、ご不便もあるので特に把握が大切な日です。

外壁塗装中のライフスタイルへの影響については下記ページでもまとめています。

【まとめ】外壁塗装は留守でも可能、テレワークも問題なし

・屋外で電気、水道が確保できれば留守でも外壁塗装は可能
・留守中は防犯面のため、確実な戸締り必須
・塗装スケジュールは留守、在宅問わず把握された方が良い
・テレワークも問題ないが、騒音には注意が必要

お留守だからといって、お客さまに不利益になるようなことは絶対ありません。
快適にストレスフリーに塗装工事を終わらせる為には、塗装業者がこちらのライフスタイルや要望を汲み取ってくれるかが大切だと思います。

このページをご覧いただき、少しでもお留守やテレワーク時のご不安やお悩みが解消できたのなら幸いです😊

まだ良い業者さんに巡り会えていない、そんな方の為に業者選びの注意点やポイントをまとめたページを下記に掲載しています。

関連ページ>>新型コロナウィルス対策について

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912