住友林業の外壁塗装はハウスメーカーより塗装業者にする5つの理由

住友林業の家の外壁塗装は塗装業者でもできるの?

こんにちは!南大阪ペイントセンターのウエノです。

住友林業の家にお住まいで、今まさにハウスメーカーの営業に塗装を迫られているあなた!!

ハウスメーカーでしか塗装ができないとお考えではないですか?

「住友林業の家だから、塗装も住友林業がいいかな?」

「ハウスメーカーだから、良質な塗料が揃っているかな?」

「ハウスメーカーだから、スペシャルな職人さんがいるかな?」

「ハウスメーカーだから、保証がきっちりしているかな?」

「ハウスメーカーと外壁塗装業者のどちらがいいかな?」

他にもたくさんのお悩みをお持ちだろうと思います。

でも、ハウスメーカーでしかできない塗装はございません。

ハウスメーカーだからというのは全くないのです。

塗装業者には、経験や知識の豊富な職人さんがいて塗料も豊富に揃っております。

もちろん保証とアフターフォローも完璧です。

地域に密着して一人一人のお客様に丁寧に向き合ってきた地元の塗装業者だからこそ、自信を持って言えるのです。

なぜハウスメーカーより外壁塗装業者を選ぶのが良いのかを住友林業の家の特徴と一緒にお伝えしたいと思います。

良い外壁塗装業者を正しく選び、満足のいく仕上がりと快適な生活を手に入れましょう。

ぜひ、住友林業の家の外壁塗装をお考えの皆さんに読んでいただいて、少しでもお役に立てればと思います。

目次

1.住友林業の外壁塗装はハウスメーカーより塗装業者を選ぶべき5つの理由
1-1.ハウスメーカーより塗装業者の方が半額近く安い
1-2.ハウスメーカーは30年保証と謳っているが10年ごとに有料の可能性大
1-3.ハウスメーカーの塗装は下請け業者に依頼され、結局職人さんによってバラつきがある
1-4.ハウスメーカーは営業担当者の補修提案内容に差がある
1-5.ハウスメーカーは下請けを挟むので、相談や要望に直ぐに答えを出してくれないし伝わりにくい
2.住友林業の家の外壁をよく知ろう!!~4の心得~
2-1.モルタル外壁は塗料を多く使用するため、追加料金の請求や塗料を薄められないか
2-2.雨どいの金具の差込口をコーキング処理してくれるか
2-3.塩ビシートのパーツの有無をチェックしてくれるか
2-4.多彩模様塗料での塗装ができるか(シーサンドコートなど)
3.住友林業の家を外壁塗装業者に頼む8つの決め手ポイント!!
3-1.住友林業を含め施工実績が多くある
3-2.資格や免許を持った職人がいる
3-3.代表のプロフィールや考えを明確に記載している
3-4.見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている
3-5.点検にしっかり時間をかけてくれる
3-6.二重チェックなどの管理体制が整っている
3-7.保証・アフターフォローがしっかりとしている
3-8.不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる
4.南大阪ペイントセンターとはどんな会社?と思っていただいた方にご紹介♪
4-1.弊社での住友林業の施工事例をご紹介いたします
4-2.弊社でのハウスメーカーの外壁塗装の実績をご紹介いたします
5.まとめ

住友林業の外壁塗装はハウスメーカーより塗装業者を選ぶべき5つの理由

住友林業の家を塗装する時、なぜハウスメーカーより塗装業者の方が良いのか?

その理由を、たくさんの角度から探っていきたいと思います。

塗装業者の価格の方が圧倒的に安い

ハウスメーカーで外壁塗装をすると塗装業者の2倍ほどの金額になります。

ハウスメーカーの外壁塗装は、ほとんどが下請け業者に依頼されます。

場合によっては、さらに孫請け業者に依頼されるのです。

 

お客様の事例をご紹介します

我が家は住友林業で建てたので、初めハウスメーカーで見積りを依頼しました。

20坪の家でシーサンドコートの外壁塗装をするのに180万程と言われました。

高いなと思ったので、他の外壁塗装業者で同じような内容で見積りをしていただきました。

すると、塗装業者では100万程の見積りになりました。

 

ハウスメーカー・下請け業者・孫請け業者と利益を得るため金額が高くなってしまうのです。

塗装業者は直接依頼を受ける為、ハウスメーカーよりも安い価格で補修をしてもらえるのです。

塗装業者は直接依頼を受ける

 

住友林業が売りにしている30年保証はアテにならない

住友林業の30年保証は国が定める10年の保証期間が過ぎると、必ず10年目で外壁塗装をしなければいけません。

10年ごとに延長保証をしないとアフターフォローを受けることができないのです。

10年延長保証後の10年間は定期点検のみの見守り保証だけで、10年の間に何か修理箇所が見つかれば有料補修となります。

住友林業の30年保証はアテにならないのです。

住友林業の30年保証

職人さんによって工事の品質にバラつきがある

ハウスメーカーの外壁塗装は下請け業者や孫請け業者に依頼されるため、職人さんによって工事の品質にバラつきがあります。

職人さんはどこの業者に頼んでも職人歴の長い人から短い人まで様々います。

ハウスメーカーに頼むからと言って専門のスーパーな職人さんが工事をしてくれるわけではないのです。

塗装業者だと直接依頼を受けるので、職人さん同士の関係が密な分コミュニケーションも取れています。

工事の品質にバラつきは出ないのです。

営業担当者の提案内容に差がある

ハウスメーカーでは営業担当者によって外壁塗装の出来が左右されてしまいます。

ハウスメーカーでは営業担当者が直接施工内容を見積もり決定します。

営業担当者によって提案内容に差があり、満足のいく提案を受けられない場合もあります。

あるご家庭の事例をご紹介します

ハウスメーカーの営業担当者さんと外壁塗装の相談をしておりました。

提案していただくのですが、なかなか決まらず何度もご相談させていただいておりました。

夜の11時まで自宅に滞在されることもしばしばあり、とても疲れてしまいました。

 

ハウスメーカーにも優秀な営業担当者はもちろんいらっしゃいます。

中には提案力のなさからお客様にご迷惑をかけてしまう営業担当者もいるのです。

塗装業者の場合、見積りは営業担当者がするのですが常に職人さんと連携しています。

いつでも現場の声が身近にあり、営業担当者によって提案内容に差は出ないのです。

相談や要望を直接伝えにくい

ハウスメーカーでは、相談や要望に直ぐに答えを出してもらえません。

下請け業者を挟むので返事を直ぐにもらえなく、たくさんの人を介するので内容が伝わりにくい点があります。

塗装業者は、相談や要望を直接伝えられ、直ぐに明確な答えが返ってきます。

地域に密着しているので、情報や知識も豊富で非常に頼れる存在なのです。

住友林業の家の外壁をよく知ろう!!~4の心得~

住友林業の家を塗装業者に依頼する時、住友林業の家を詳しく知っておく必要があります。

なぜなら、自分の家の構造を知らないと、質問や要望を伝えにくくなるからです。

住友林業の家の構造を自身で学び、外壁塗装の依頼に役立てましょう。

モルタル外壁は塗料を多く使用するため、追加料金の請求や塗料を薄められないか

モルタル外壁は塗料の吸い込みが多いので、規定よりの塗料を薄めて塗装される場合があります。

モルタル外壁は吸い込みが収まるまで何度も塗装を重ねるので、塗料の消費が激しくなるのです。

塗料を規定より薄めて塗装する業者も存在します。

薄められなくても、塗料が足りないからと後で追加料金が発生する業者もあります。

モルタル外壁の場合は、見積りの段階で聞いておくといいですね。

規定より薄めるのはダメ

雨どいの金具の差込口をコーキング処理してくれるか

住友林業の家は雨どいの金具の差込口もコーキング処理をしています。

水漏れ防止や衝撃に耐えるようゴム状の素材で隙間を詰めてふさいでいるのです。

家の外壁の隙間のコーキング処理は目に見えやすく、どこの業者も必ず行うと思います。

雨どいの細かなコーキング処理もきちんとしてあるか、後で困らないためにも必ずチェックしましょう。

※オートンサイディングシーラントというコーキング材がございます。

オートンサイディングシーラントは従来のものより単価は高くなりますが、耐久性が高く汚れに強いメリットがございます。

オートサイディングシーラント

他にもたくさん取り揃えております。

ご相談やご不明な点等ございましたら、南大阪ペイントセンターへお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ・無料見積

塩ビシートのパーツの有無をチェックしてくれるか

住友林業の家は幕板の上に塩ビシートを貼っているので、塩ビシートの有無を確認してもらう必要があります。

塩ビシートは幕板を保護するために貼ってあります。

幕板

確認を怠って塩ビシートの上から塗料を塗ってしまうと、塩ビシートが劣化しやすく塗装も剥がれてしまいます。

塩ビシートには、必ず塩ビ鋼板専用の下塗り材を使用しているかの確認が大切です。

多彩模様塗料での塗装ができるか(シーサンドコートなど)

住友林業の家で人気の一つがシーサンドコートです。

どうしてもシーサンドコートで塗装をしたい方は、シーサンドコートの塗装ができるか確認が必要です。

一般的な一色塗りの塗装をすると柄がなくなってしまうからです。

シーサンドコートの風合いを残したいとの希望なら、一度塗装業者に相談してみるといいでしょう。

シーサンドコートに似た塗料もあるので、お手頃な価格で探してくれると思います。

多彩模様塗料だと高級感が出て、おしゃれ度もアップしますね。

多彩模様と単色

住友林業の家を外壁塗装業者に頼む8つの決め手ポイント!!

住友林業の家を安心して任せる外壁塗装業者を選ぶには、自分の知識が重要となってきます。

何を見て外壁塗装業者を選べばいいのか?

決め手となるポイントを押さえて、失敗しない外壁塗装業者選びにしていきましょう。

8つの決め手ポイント
  • 住友林業を含め施工実績が多くある
  • 資格や免許を持った職人がいる
  • 代表のプロフィールや考えを明確に記載している
  • 見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている
  • 点検にしっかり時間をかけてくれる
  • 二重チェックなどの管理体制が整っている
  • 保証・アフターフォローがしっかりとしている
  • 不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる

住友林業を含め施工実績が多くある

やはり施工実績が多い業者は安心です。

住友林業の家を含め施工実績が多いと、経験や知識が豊富で信頼が厚い証となります。

施工実績の数や施工の内容をホームページのサイトからチェックするのをおすすめします。

資格や免許を持った職人がいる

外壁塗装に関する資格や免許には多くの種類があります。

外壁塗装において最も持っておくべき資格や免許を紹介します。

しかし、資格や免許があるからと言って、完全に信頼できるとは限りません。

安心して外壁塗装業者を選ぶ参考の一つとして考えてください。

下記6つの資格を持っているか確認してください
  • 塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 足場の組立等作業主任者
  • 建設業許可
  • 窯業サイディング塗替診断士
  • 雨漏り診断士

代表のプロフィールや考えを明確に記載している

代表のプロフィールを明らかにして、考えを明確に記載していると信頼できます。

代表の考えは会社自体を表していて、会社が進んでいく方向性を示しているからです。

代表の考えに納得できれば、一度相談してもいいのではないでしょうか。

南大阪ペイントセンターの代表のプロフィールをご紹介させていただきます

代表プロフィール

 

10年後の品質、大事なのはそれだけ。

南大阪ペイントセンターの代表は、目先の塗装ではなく将来の塗装品質を常に意識しています。

将来の品質を意識するからこそ、仕上がりがきれいで丁寧な職人魂のこもった仕事につながると考えております。

見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている

見積書は細かく詳しく記載されているか確認が必要です。

工事費と材料費をまとめた金額で記載されていると、何にいくらかかったのか判断できません。

必ず塗料の量や商品名・使用面積などを事細かに記載した見積書を出してくれる業者を選びましょう。

提案内容や予算に応じて見積書を出してくれる業者は親切だと思います。

点検にしっかり時間をかけてくれる

見積りの前に点検に時間をかけて、プロの目で調べてもらうのが必要です。

自分が思っている以上に外壁の状態が悪い場合や、他の気づいていない補修箇所が見つかるかもしれないからです。

十分に点検しないで、依頼された補修だけで見積りを出す業者は信頼性に欠けると言っていいでしょう。

安心安全に工事に取り掛かってもらうために点検にはしっかり時間をかけてもらいましょう。

二重チェックなどの管理体制が整っている

外壁塗装は職人さんの手作業で行われるため、管理体制が整っていなければなりません。

職人歴が長い職人さんでも、手作業のためミスをおこす場合があります。

ミスを防ぐために二重チェックの管理体制が整っている業者が安心できるのです。

保証・アフターフォローがしっかりとしている

外壁塗装は保証・アフターフォローがしっかりしている業者を選びましょう。

保証・アフターフォローがないと、工事後に何か不具合があっても対応してくれない場合があります。

保証がある場合は、何年の保証があるのか確認しておきましょう。

不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる

不明点をうやむやにし、相談を後回しにする業者は信用できません。

外壁塗装を依頼する私たちは素人なのでたくさんの不明点があります。

塗装業者は、不安を取り除いて信頼して任せてもらうのも大事なのです。

相談を聞かず工事を進めると、満足な仕上がりにならない可能性もあるのです。

4. 南大阪ペイントセンターとはどんな会社?と思っていただいた方にご紹介♪

住友林業の外壁塗装を初め、お客様に満足いただけるサービスを提供し続けたいと考えております。

この記事を読んでいただいて、南大阪ペイントセンターに興味を持っていただけたら幸いです。

弊社での住友林業の施工事例をご紹介いたします

高石市にお住いのお客様で、築20年が経ちコーキングの劣化が目立つお家でした。

玄関上の樋の割れた隙間から水が落ちてきて、出入りの際に水がかかってお困りでした。

施工地 高石市 築年数 20年
価格 177万円 工事期間 17日間
外  壁
塗料名 関西ペイント アレスセラフッソ 塗料種別 超低汚染型フッ素塗料
面積 235㎡ カラー KP-330
屋  根
塗料名 関西ペイント アレスクール2液F 塗料種別  遮熱フッ素塗料
面積 85㎡ カラー  グレージュ

住友林業(ビフォーアフター)

コーキングが劣化すると水が入ってくる原因になるので、壁や柱など全てのコーキングを張り替えました。

樋の割れた隙間もきちんと修繕し、出入りの際に水がかかる心配もなくなりました。

外壁の塗料はフッ素塗料をお選びいただきました。

20年以上は塗装をしなくても問題ないと言うほど耐久性がとても高い塗料です。

グレー系の外壁から明るいイエロー系の外壁に変わりました。

詳しい内容はこちら

▼住友林業の家の現場ブログ▼

▼住友林業の家のお客様の声▼

弊社でのハウスメーカーの外壁塗装の実績をご紹介いたします

弊社ではハウスメーカーで建てた住宅も対応しております。

ハウスメーカーの施工実績は1000件以上あり、長年の経験からお客様にもご満足いただいております。

ハウスメーカーの施工基準は厳しいのですが、ハウスメーカー基準を参考に自信を持って塗装を行っております。

ハウスメーカーと同じ工事内容で、塗料の品揃えや品質もハウスメーカーと全く同じで進めることも可能です。

お客様が安心・満足してお任せしていただけるのを第一に考えております。

ぜひ一度、ご相談していただければと思います。

無料点検のご案内

ハウスメーカーで建てた住宅も対応いたします

まとめ

いかがでしたでしょうか?

読み終わって、皆さんのお悩みが少しでも解決していただいていると嬉しいです。

住友林業の家を塗装する時、ハウスメーカーではなく塗装業者でも塗装が可能だとご納得していただけたと思います。

塗装業者は地域に密着しているから直ぐ近くにあり、たくさんのお客様のご要望にお応えできるのです。

その積み重ねが、多くの実績と知識を持ち高い技術力を付け、お客様のご要望にお応えできる好循環が生まれるのです。

大手ハウスメーカーの安心感は譲れない方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のためにも、選択肢の一つとしてご参考にしていただければと思います。

塗装業者を選ぶポイントを抑えると、ハウスメーカーよりさらなる安心感を得ることができるかもしれません。

理想を形にするために、正しく住友林業の家の構造を学び、必要な時は質問ができるよう知識をつけておくと安心です。

大切な家を安心して任せる外壁塗装業者を選んで、何年も豊かで快適に過ごして行きましょう。

ショールーム見どころ

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ