外壁塗装業は資格がなくてもできる?建設業許可ってなに?

皆さんはどのような基準で外壁塗装業者を決められますか?

業者選びのイメージ

実は、外壁塗装は決められた資格や免許がないとしても比較的簡単に事業を始める事ができるのです。

塗装する上でとても重要な一級塗装技能士や、営業するために必要な建設業許可といった資格を取得せずに営業することが可能なのです。

それ故に外壁塗装は悪徳業者などの被害の声が多く、お客様ご自身の優良業者見極めの力が必要になってきます。

資格がないからといって技術や知識が無いというわけではありませんが、優良業者見極めの判断材料として資格や免許の有無が安心できる一つではないかと思います。

外壁塗装業は資格がなくてもできる?建設業許可ってなに? 目次

今回のこちらのコラムでは

・建設業許可とは?
・建設業許可は29種類に分類
・塗装工事業許可を取得するには?
・建設業許可は優良業者を見極める基準のひとつ
・南大阪ペイントセンターが保有する資格や免許

こちらのテーマに沿ってお話していきたいと思いますのでぜひご一読ください(^^)

建設業許可とは?

建設業(塗装)の許可書

建設業とは、元請・下請・法人・個人を問わず建設工事の完成を請け負う者のことを言います。

そして建設業を営業する際は軽微な建設工事以外を請け負う場合には必ず建設業許可の取得が必要になってきます。

軽微な建設工事とは…

・建築一式工事の場合、請負金額が1500万円未満の工事、または延べ面積が150㎡未満の木造住宅
・建築一式工事以外の場合、請負金額が500万円未満の工事

つまり外壁塗装はこの軽微な工事に含まれることが多い為、建設許可がなくても営業することが可能なのです!

しかし建設業許可の取得なしに軽微な工事以外の工事を請け負うと、建設業違反となり行政処分を受けることがあります。

建設業許可は29種類に分類

建設業許可は以下の29種類に分類されています。

土木一式 板金工事 タイル・レンガ工事 清掃施設工事 消防施設工事
建築一式 防水工事 舗装工事 しゅんせつ工事 解体工事
大工工事 熱絶縁工事 ガラス工事 塗装工事 鋼構造物工事
石工事 さく井工事 内装仕上げ工事 機械器具設置工事 とび・土工工事
管工事 左官工事 電気通信工事 造園工事 電気工事業
鉄筋工事 屋根工事 建具工事 水道施設工事  

29分類の中に含まれる塗装工事業は塗料などを建物に吹き付ける、もしくは貼り付ける工事のことを指します。弊社が行う外壁塗装工事もこの塗装工事に分類されます。

塗装工事業許可を取得するには?

塗装工事業許可を取得するためには以下の条件が必須

・塗装工事業での経営経験が合計5年以上ある
・他の建設工事業で6年以上経営していた経験がある

専任技術者の指定

さらに塗装工事業許可を取得するために専任技術者を指定する必要があります。実務経験だけでなく国家資格の保有も必要です。
※専任技術者…営業所ごとに置かなければならない技術者のこと

専任技術者になるためには以下の国家資格が必要です。

・一級土木施工管理技士
・二級土木施工管理技士
・一級建築施工管理技士
・二級建築施工管理技士
・路面標示施工
・塗装、木工塗装、木工塗装工
・建築塗装、建築塗装工
・金属塗装、金属塗装工
・噴霧塗装

一定の財産の保有

・直前決算で自己資本が500万円以上であること
・500万円以上の資金調達能力があること
・直近5年間営業の実績

建設業許可は優良業者を見極める基準のひとつ

先程ご説明させていただいた軽微な工事のハードルははっきりと言って低いと思われます。つまり塗装業参入のハードルは低く他の業者と比べると比較的簡単に営業することができます。

必ずしも建設業許可や塗装工事業許可を保有していない業者が手抜き工事をするとは限りません。ですが、安心材料のひとつとして建設業許可塗装工事業許可の保有もひとつも目安としてみてはいかがでしょうか?

資格

南大阪ペイントセンターが保有する資格や免許

弊社では塗装業者として恥じない最低限の資格は取得しています。新人の職人や若い職人には積極的に試験を受けさせる取り組みをしています。特に塗装技能士の資格は塗装の基本的な技術を認められたという証です。

南大阪ペイントセンター

弊社保有資格一覧

・建設業許可 大阪府知事(般-1)第141989号
・一級塗装技能士
・二級塗装技能士
・二級施工管理技士
・有機溶剤作業主任者
・特定化学物質作業主任者
・乙種危険物取扱者
・足場の組立て等作業主任者
・高所作業車運転技能者
・車両系建設機械運転士(整地等・解体)
・職長・安全衛生責任者
・松原商工会議所会員
・窯業サイディング塗替診断士
・(社)住宅保全推進協会認定 外装劣化診断士
・(社) 雨漏り検診技術開発研究所認定 雨漏り検診アドバイザー

外壁塗装業は資格がなくてもできる?建設業許可ってなに?まとめ

いかがでしょうか?

外壁塗装業は建設業許可などの資格がなくても比較的簡単に営業できることがわかりました。

資格や免許がないからといって必ずしも悪徳な業者であるというわけではありませんが、建設業許可や塗装業許可の有無は業者選びの際の判断材料になるかと思います。

南大阪ペイントセンターでは資格についてのご質問もちろん、塗装についてのご相談のみでもかまいません。何かお困りごとなどございましたらお気軽にご相談くださいね♪

また、弊社では新型コロナウイルス対策として、スタッフの検温・マスク着用・手指消毒など徹底しております。
オンラインでのお見積りやご相談も受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。お問い合わせはこちらから。

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912