八尾市にて積水ハウスの外壁塗装(総額194万円)

外壁塗装 コーキング打ち替え 塩ビシート防水
八尾市
Before
施工前
After
施工後
施工地 八尾市 築年数 20年
価格 194万円 工事期間 16日間
材料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 材料種別 無機フッ素塗料
面積 223m2 カラー 中塗り:KP-221 上塗り:KP-70
材料名 材料種別
面積 m2 カラー

八尾市にて築20年の積水ハウス宅(ダイコンクリート)の外壁塗装を実施させて頂いた事例をご紹介します。

積水ハウスの外壁塗装を塗装専門店に依頼するメリット

「積水ハウスで建てたのなら、そこに依頼すれば良いのでは?」と疑問に抱かれる方も多いはず。

もちろん家を建てたハウスメーカーに外壁塗装をご依頼されることによって保証が継続されるだけでなく大手ならではの安心感があります。なによりも実際に建てたハウスメーカーなので、建物の構造をどこの業者よりも熟知しているので適切なご提案が可能ですよね。

しかしハウスメーカーに依頼をすると、必ずと言って良いほど下請け業者や孫請け業者が存在しますのでその分中間マージンが嵩み施工金額が高額になることも。

そういったメリット・デメリットを踏まえて、今回は塗装専門店である南大阪ペイントセンターにご依頼を頂きました。

外壁塗装前の現地調査の様子

外壁塗装施工前のお住まい正面
外壁塗装前のお住まい正面

外壁塗装前のお住まい全体の様子です。

外壁のひび割れ
外壁のひび割れ

こちらのお住まいで使用されている外壁は積水ハウスのオリジナル外壁材『ダイコンクリート』
ダイコンクリートは耐久性・耐火性の高さや、レンガ積みの重厚感を表現した非常に高いデザイン性が特徴です。

築年数を感じさせない見事な美観ですが、よく調査を進めると所々に外壁のひび割れが見受けられます。

外壁のチョーキング現象
外壁のチョーキング現象

外壁を指で触ると白い粉が付着しています。
これはチョーキング現象と呼ばれ、外壁を守っている塗膜の”防水性がなくなっている”というサインです。
防水性がなくなった外壁はどんどん雨水を吸収してしまい、お住まいに深刻なダメージを与えてしまうことも。

本来外壁塗装のタイミングは築10年を目安とされています。
ダイコンクリートの耐久性は高いものですが、やはり築20年となると外壁自体の劣化は避けきれません。
そこで外壁塗装を行って塗膜の防水性を復活させ、外壁の寿命を長持ちさせてあげる必要があるのです。

チョーキング現象について詳しくはこちらのページをご参考下さい
チョーキング現象が起こっているかで壁の劣化状態を調べれるの?

八尾市 積水ハウスの外壁塗装の様子をご紹介

コーキング打ち替え

劣化した既存のコーキングを剥がす
既存の劣化したコーキングを撤去

こちらの外壁はパネルのように組み合わさって形成されている外壁です。
その為、外壁が合わさった継ぎ目に隙間ができるので、コーキング材を充填して隙間をなくしています。

しかしコーキングにも約10年の寿命があるので、打ち替えが必要です。
まずは古くなった既存のコーキングをカッターなどで取り除きます。

コーキング材充填
コーキング材の充填

既存のコーキングを撤去すると溝ができるので、清掃とプライマー(接着剤)を塗布してから、新たなコーキング材をたっぷり打ち込みます。

コーキング材を充填する際に空気が入ってしまうとすぐに剝がれてくる可能性がある為、奥側から丁寧に打ち込みます。

コーキング打ち替え完了
コーキング打ち替え完了

コーキング表面をヘラなどで平らに整えて、養生をはずせば完成です。

ひび割れVカット補修

ダイコンクリートのひび割れ
ダイコンクリートのひび割れ

写真のようなひび割れはコーキング打ち替えだけでななく、Vカット補修が必要です。一見表面は軽度なひび割れに見えますが、奥までひび割れてしまっている可能性もあります。
その為、ひび割れに溝を掘ってから、補修剤などを充填するVカット補修を実施していきます。

ひび割れのVカット
ひび割れのVカット

V型の歯を取り付けた研磨機でひび割れをV字に削っていきます。
やはり奥側までひび割れをしていたのが、お分かり頂けますでしょうか?

Vカットにコーキング充填
Vカットにコーキング充填

Vカットにプライマー(接着剤)塗布してから、コーキングで溝を埋めていきます。

Vカット部分をモルタル補修
Vカット部分のモルタル補修

ダイコンクリートの意匠性の高いデザインを再現する為、ひび割れ箇所をモルタルで補修を行います。
複雑な凹凸を再現する為には、非常に高度な技術が要求されます。

今はモルタルの色が目立っていますが、完全に乾燥してから塗装を行うと補修跡がほとんど目立たなくなりますのでご安心下さい。

塗装工程前の高圧洗浄

外壁の高圧洗浄
外壁の高圧洗浄

コーキング打ち替え後に行うのは、高圧洗浄です。
塗装の工程前に行います。
この業務用高圧洗浄機は150kgの圧力で洗浄することができ、長年蓄積された汚れだけでなく前途でご紹介しましたチョーキングの粉などの古い塗膜も洗い流すことができるのです。

高圧洗浄で外壁をまっさらな状態にすることで塗料の剥がれを防ぎ、塗膜を長持ちさせることができます。

外壁塗装

外壁の下塗り
外壁の下塗り

コーキング打ち替え、高圧洗浄などの下準備を終えたらいよいよ塗装の工程です。
こちらは下塗りの様子です。

外壁の中塗り
外壁の中塗り

凹凸のあるデザイン性の高い外壁にはスプレーガンによる塗装が最適です。
中塗りと仕上げの上塗りは同じ色を使用しません。

その理由は同じ色だと万が一の塗り残しに気づきにくい為、弊社では色変えをして塗り残しを徹底的に防ぎます。

外壁の上塗り
外壁の上塗り

仕上げの上塗りです。
使用させて頂いた塗料は『関西ペイント アレスダイナミックMUKI』

デザイン性の高い外壁は凹凸が多い分、汚れが付きやすいものですが、こちらの塗料は汚れが付着しにくい超低汚染性を兼ね備えています。
更に水と馴染みやすい性質があるので、仮に外壁に汚れが付いても雨水と一緒に洗い流されるというメリットがあります。
まさに今回塗装させて頂いた積水ハウス『ダイコンクリート』にぴったりな塗料なのです。

付帯塗装

笠木の隙間にコーキング
笠木の隙間にコーキング

笠木はベランダ手摺などの最上部に被せる仕上げ材です。笠木の塗装を行う前に、雨水が侵入する可能性のある隙間にコーキングを行います。

笠木のコーキング完了
笠木のコーキング完了

笠木のわずかな隙間が原因で雨漏りが発生する事例は決して少なくありません。

雨水が内部に侵入してしまうとお住まいが傷んでしまう原因となる為、事前に今回のようなコーキングにて隙間を埋める作業が大切です。

笠木塗装前の研磨
笠木塗装前の研磨

コーキングで隙間を埋めたら、塗装の工程に入ります。
外壁と違い下塗りの工程がなく、代わりに研磨(ケレン作業)をして塗装面に細かい傷を作ります。
細かな傷があることで塗料のひっかかりを良くしますので、塗膜を長持ちさせてくれる効果があります。

笠木の塗装
笠木の中・上塗り

ローラーで丁寧に塗布していきます。

笠木塗装の完成
笠木塗装の完成

色褪せが少し気になっていた笠木が、艶々の仕上がりになりましたね。

ベランダの防水リフォーム

塩ビシート防水施工前のベランダ
ベランダ防水施工前

雨水が染み込みやすくなっているベランダには防水工事を施します。
実はベランダから雨水が侵入して雨漏りの原因となっているケースは決して少なくありません。

ベランダ床下地の撤去
ベランダタイル撤去後

まずは防水工事の準備として、既存のタイルを撤去します。

塩ビシート防水施工後のジョイントタイル貼り
ベランダ防水施工後のジョイントタイル貼り

ベランダ下地に塩ビシート防水を施してから、新たなジョイントタイルを敷き詰めます。

塩ビシート防水についての詳しい情報はこちらのページをご参考下さい
塩ビシート防水【防水工事の種類と耐久性の違いについて】

ベランダのジョイントタイル貼り完了
ベランダの防水リフォーム完成

デザイン性のあるジョイントタイルの下には、防水性・耐久性を兼ね備えた塩ビシート防水が施されています。
美観も機能性もばっちりのベランダにグレードアップですね。

積水ハウスの外壁塗装完成の様子

外壁塗装施工前のお住まい正面
外壁塗装前のお住まい全体

外壁塗装施工後のお住まい正面
外壁塗装後のお住まい全体

外壁塗装前のダイコンクリート
外壁塗装前のダイコンクリート

所々ひび割れやチョーキング現象が見受けられていた外壁も…

外壁塗装後のダイコンクリート
外壁塗装後のダイコンクリート

コーキングの打ち替えと共に、しっかりと塗装をさせて頂きました。

ハウスメーカーの外壁塗装もお任せ下さい

南大阪ペイントセンターではハウスメーカーにお住まいのお客様からも数多くのご依頼を頂いております。

「同じ内容でも塗装費用が2~3倍違う。塗装専門店の方が圧倒的に安価ですむ」「どこに依頼するよりも、誰が塗装をしてくれるかが重要」などのお声を頂戴しております。

肝心の塗装にかかる費用ですが、こればかりはやはり実際にご訪問をさせて頂いてしっかり調査を行ってからの金額のご提示となります。
しかしいきなり見積り訪問に来てくださいとなると、中々心情的にハードルが高くなりますよね。
そこでLINE相談・見積もりオンライン相談を実施させて頂いております。

もちろん点検調査~お見積り金額のご提示までは全て無料ですし、「弊社で工事をして下さい」というしつこいセールス活動は一切行いませんのでご安心下さい。

それでも金額や施工内容にご不安の方は弊社ホームページに数多くの施工事例を金額も含めて掲載させて頂いておりますので、是非そちらもご参考を頂ければ幸いです。

こちらのページもご参考下さい

無料点検・無料見積りのご案内
外壁塗装の施工事例
ハウスメーカーのお家 外壁塗り替えはどこに依頼するのが正解?

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912