河内長野市にてモルタル壁の外壁塗装リフォームを実施しました

外壁塗装工事
河内長野市
Before
施工前
After
施工後
施工地 河内長野市 築年数 15年
価格 129万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックTOP 塗料種別 ラジカルシリコン
面積 m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

河内長野市にてモルタル壁の外壁塗装リフォームを実施しました

今回は河内長野市にて外壁塗装リフォームを実施しました。ご依頼いただいたお宅はモルタル壁です。

モルタル壁とは水とセメントと砂を混ぜ合わせて出来た壁です。モルタル壁は耐久性が高い壁ですがクラックと呼ばれるひび割れや浮き剥がれが生じやすい材質の壁ですので定期的なメンテンナンスを行うことが大切です。

モルタル壁は耐久性が高いので定期的なメンテナンスをきちんとしてあげると30年以上もつとされています。では定期的なメンテナンスとは実際どのくらいの期間をいうのでしょうか?それは新築時から10年前回のメンテナンスから10年~15年の間とされています。あくまでも目安ですのでお客様のお宅の状態を定期的に点検し把握しましょう。

外壁塗装リフォーム前の様子

リフォーム前の様子

こちらが外壁塗装リフォーム前の様子です。築15年のお宅です。

外壁塗装リフォーム前の劣化症状を確認 クラック編

 外壁塗装リフォームの工程をご説明する前に現状の劣化症状を確認していきたいと思います。外壁の塗装クラック

こちらはクラックと呼ばれる外壁のひび割れです。築年数が経過したお宅でよく見られる現象ですので一度はご覧になったことがある方も多いのではないかと思います。では、なぜクラックが発生してしまうのでしょうか?それは乾燥経年劣化地震の揺れなどにより発生してしまいます。外壁の他にもコンクリートや基礎部分、外壁のつなぎ目(コーキング)にクラックが出来ることがあります。

クラックは幅0.3ミリ未満のヘアークラックと呼ばれる髪の毛ほどの細さのものから、幅0.3ミリ以上の補修が必要な構造クラックと呼ばれるものまで種類があります。

構造クラックの場合クラック部分をわざとV字にカットし拡げそこにコーキング材を充填します。(Vカット補修

今回のお宅は特別な補修を施さなくても良いヘアークラックでしたので塗装での補修をしていきます。

外壁塗装リフォーム前の劣化状態を確認 チョーキング編

外壁のチョーキング現象

こちらはチョーキング現象と呼ばれるものです。外壁を手で触ると白い粉が付いたことはありませんか?これをチョーキング現象と呼びます。

ではなぜこのような白い粉がつくのでしょうか?それは長年の紫外線や雨水の影響が関係しています。紫外線や雨水により劣化した塗料が分解され粉になって塗装表面に現れてくるのです。チョーキング現象が起こりやすい場所は日当たりの良い紫外線を受けやすい場所が多いです。チョーキングは外壁の防水性の劣化の重要なサインなので見逃さないようにしましょう。

外壁塗装リフォーム前の劣化状態を確認 モルタルの浮きや剥がれ編

モルタル左官工事完了

こちらのお宅はモルタル壁のお宅です。モルタル壁は経年劣化と共に浮いたり剥がれたり等、劣化症状が現れる事があります。

どうしてモルタルが浮いたり剥がれたりするのでしょうか?原因は様々ありますが、主にモルタルに雨水が侵入して膨れが生じたり外部からの衝撃や寒暖の差でモルタルが熱伸縮し剥がれが起きる場合があります。

外壁塗装リフォームを開始 近隣の方への配慮を大切にします

外壁塗装リフォーム

外壁塗装リフォームが始まりますと工事車両の往来や騒音等が気になり、近隣の方への配慮も心配になりますよね。

南大阪ペイントセンターではお客様はもちろん、近隣の方への配慮も大切にしたいと心掛けております。工事開始前に必ずご挨拶に伺わせていただきます。施工主様と弊社担当者が一緒にご挨拶に伺わせて頂く場合もありますし、共働きでなかなか挨拶に伺う時間がないというお客様は弊社の担当者が責任をもってご挨拶をさせて頂きますのでご安心ください。

外壁塗装リフォーム まずは業務用高圧洗浄機で洗浄

業務用高圧洗浄機で洗浄

外壁塗装を始める前にまずは業務用高圧洗浄機で洗浄します。先ほどご説明させていただいたチョーキングの粉や長年の汚れ、カビ、錆、苔などを全て洗い流します。この高圧洗浄機での清掃作業はとても大切な工程で、もしこの工程をせずにいきなり塗装を始めても塗装面と塗料はうまく密着せずすぐに剥がれてしまいます。

モルタル左官前のケレン作業

モルタルの浮きや剥がれ部分はさらにケレンという作業を行います。このケレン作業は汚れを取り除く目的ももちろんありますがケレンした部分に細かい傷をつけ塗料との密着面積を広げる目的もあります。

外壁塗装リフォーム モルタル左官

モルタル左官工事

先程浮きや剥がれの部分にケレン作業を行いました。ケレン作業が終わりましたら次はモルタル左官という工事をしていきます。

まずは浮いたり剥がれたりしている部分を全て剥がしてしまいます。水が侵入しないように防水シートを貼りその上からラス網というものを貼りモルタルを塗っていきます。

モルタル左官工事完了

上のお写真はモルタル左官が完了した様子です。この上から塗装をしていきますのでご安心ください。

外壁塗装リフォーム アレスダイナミックフィラーでの下塗り

 

アレスダイナミックフィラーでの下塗り

外壁塗装リフォームの基本は下塗り→中塗り→上塗りの三工程です。いきなり上塗りから始めてもきちんと塗膜が密着せずすぐに剥がれてしまいます。ですので必ず下塗り→中塗り→上塗りの三回塗りを行います。

今回使用した下塗り材はアレスダイナミックフィラーという塗料です。密着性が高く水性の塗料です。塗装面への吸い込みが少ない為その後行う中塗り、上塗り材の仕上がりがより一層よくなると言われています。

外壁塗装リフォーム アレスダイナミックTOPでの中塗り・上塗り

モルタル外壁塗装のアレスダイナミックTOPでの上塗り

アレスダイナミックTOPでの中塗り

下塗りが完了しましたらいよいよ中塗り、上塗り作業です。中塗りと上塗りは基本同じ塗料を使用します。ですが弊社ではあえて色目だけ少し変えます。なぜかと申しますと、塗り残しを防ぐ為です。中塗りと上塗りの色を全く同じ色にしてしまうとどうしても塗り残しが発生してしまいます。ですのであえて色目を少しだけ変えて作業します。

今回使用した塗料はアレスダイナミックTOPという塗料です。アレスダイナミックTOPは外壁の劣化を防ぐラジカル制御形という種類の塗料で紫外線や雨からの影響に強く耐久性に優れた塗料です。

外壁塗装リフォームが完了しましたが、他の細かい箇所の劣化が気になります

メインの外壁の塗装は終了しましたが、他の雨戸や格子など細かい箇所の劣化も気になります。外壁が新築同様の美しさになり余計に他の箇所の劣化が目立ちますよね…。そこで同時に塗装されるお客様がほとんどです。これを付帯塗装といいます。

今回のお宅では、雨戸・格子・玄関ドア・外塀・雨樋・天井 の付帯塗装をされました。

雨戸のケレン作業

雨戸の塗装です。付帯塗装は基本中塗り・下塗りの二回塗りで進めていきます。そのかわりケレンを行い、汚れを落とし傷を付け接着面積を拡げて接着をよくします。

雨戸の付帯塗装

塗装の様子

格子のケレン作業

格子も同じくケレンをしサビを落としていきます。

格子の付帯塗装

塗装の様子

玄関ドア付帯塗装

玄関ドアの塗装

天井付帯塗装

天井付帯塗装

天井の塗装

外壁塗装リフォーム 外塀の付帯塗装

外塀付帯塗装

外塀の塗装

雨樋の付帯塗装

雨樋の塗装

モルタル壁の外壁塗装リフォーム 全ての工程が終了しました

外壁塗装リフォームの全ての工程が終了しました。

冒頭でもご説明しましたが、モルタル壁は耐久性が高いので定期的なメンテナンスをきちんとしてあげると30年以上もつとされています。適切なタイミングでのメンテナンスが建物とお客様の快適な暮らしを守る鍵となります。

とはいっても実際なかなか適切なタイミングを把握することは難しいですよね。

そんな時は、ぜひ南大阪ペイントセンターまでお気軽にご相談ください♪ 外壁や屋根の事はもちろんお住まいに関する事なら何でも構いません。豊富な知識を持ったプロがおりますのでご安心ください。

無料で点検~見積提示まで行っております。LINEでのご相談・お見積も可能です

南大阪ペイントセンターでは無料で点検~見積提示まで行っております。ぜお気軽にこちらからどうぞ♪

またLINEでのご相談・お見積も出来ますので詳しくはこちらからご覧ください。

同時に遮熱塗料での屋根塗装リフォームもされましたのでこちらからご覧ください

今回の河内長野市のお宅では外壁と同時に屋根塗装リフォームもされましたのでぜひ合わせてご覧ください。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912