スレート屋根を塗装時に必要なタスペーサーと縁切りって一体何?

本日は屋根塗装する際に必要なタスペーサーと縁切りについてお話して行きたいと思います。縁切りと聞いても何のことか分からないのは当然だとおもいます。スレート屋根を塗装工事する際は切らなくてはいけない『縁』という物があります。

 

 

スレート瓦

スレート屋根をまずご紹介いたします。呼び名はスレート瓦または(カラーベスト)と呼ばれています。

スレート瓦

一枚一枚が非常に薄くスレートが重なっている状態です。スレート瓦の寿命は大体10~20年程と言われています。

スレート瓦

街中でもよく見られる瓦ですが一戸建ての窯業系サイディングのお宅に多く見られます。

スレート瓦

材料はセメントと繊維質の材料を混ぜた厚さ5mmほどの板状に成形した化粧スレートと粘板岩を薄く板状に加工した天然スレートという物の2種類があります。

天然スレートは天然の岩を使用する為非常に高価な為あまり普及されていません!

一般的に化粧スレートが多く使われています。スレート自体には防水性はないので塗装メンテナンスを行って防水性・耐久性をつける必要があります。

塗装工事する際に必須なのが冒頭で出てきたタスペーサーという物が必須になります!

タスペーサ

こちらがタスペーサーです。プラスチックでできており非常に軽量なものです。塗装をするとスレートの瓦と瓦の隙間が塗料で塞がってかたまり水の逃げ場がなくなってしまい瓦の下にずっと水が溜まってしまう状態になります。

そのまま放置しておくと溜まった水が腐り瓦の下のルーフィング(防水紙)にも悪影響を与え将来雨漏りなどを引き起こす可能性があります!

それを防ぐ為に必要な物がタスペーサーです!スレート同士の間が塗料でかたまって塞がってしまわないようにスレートの間にタスペーサーを差し込みます。すると雨水や結露などで溜まった水が隙間から流れて行き雨漏りなどを引き起こす心配が無くなります。これを縁切りと呼びます。悪い縁をスレート屋根塗装の際はタスペーサーできりましょう。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912