東住吉区にてガルバリウム鋼板の屋根工事がもうすぐ完成します。

棟包み板金

先日、ご紹介した東住吉区のマンション屋根のカバー工事の模様をご紹介いたします。先日までに作業を大方進めていて、屋根は概ね葺くことができ残りは仕上げです。本日の作業は棟包み板金取り付け作業になります。

写真は、ガルバリウム鋼板の棟包み板金貫板(ぬきいた)です。貫板とは板金をビスなどで留める際の木材です。

棟板金取り付け

貫板を屋根材に固定してから、棟包み板金を被せ、側面をビスでもみ固定していきます。職人がビスで固定作業をしているところです。決められた間隔で固定していきます。

ひと昔前のカラーベスト葺きなどの棟や隅棟板金は、釘で固定をしておりましたが、釘だと抜けやすかったり錆びることもあり、近年では錆びにくいいステンレス製のビスやビスに錆びにくいメッキ加工をされているものを使用します。

ガルテクト

今回は、アイジー工業のスーパーガルテクトという商品での施工を行いました。こちらは断熱材が貼り付けてあるガルバリウム鋼板です。従来の瓦よりも軽量で、今後心配されている地震などには有効な商品で、葺き替えやカバー工法でよく使われている屋根材です。

ガルテクト

まだ完成ではありませんが、本日で概ねの作業が完成いたします。

南大阪ペイントセンターでは塗装工事以外も屋根工事も行なっておりますので、現地調査やお見積もりなどお気軽にご相談下さいませ。

また完成しましたらこちらでご紹介いたしますね。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912