堺市にて雨漏り修理前に実施した点検内容のご紹介

堺市の築19年のお住まいのお客様より「新築後数年で玄関内の天井から雨漏りがする」とのお声を頂戴し、雨漏り点検に伺いました。

こちらの記事は堺市で実施した雨漏り修理前のお住まいの点検の様子や、雨漏りの原因を調査した内容をご紹介します。雨漏りにお困りの方や、これから雨漏り修理をご検討の方は是非ご参考にして頂けると幸いです。

堺市にて雨漏り修理前に実施した点検内容のご紹介

雨漏り点検時のお住まい正面
雨漏り点検時のお住まい正面

雨漏り点検に伺った際のお住まい正面の様子です。
今まで塗装によるメンテナンスをされたことがなく、外壁正面に色褪せや雨染みが見受けられますね。

築数年後から雨漏りがする

お住まいを建てられてから、わずか数年での雨漏り。

施工会社様に雨漏り修理にと外壁のコーキングの打ち替えを何度か施工して頂くも、残念ながら雨漏りは改善されず。そのうち施工会社様が倒産されてしまい、今度は知り合いの工務店様に玄関上の庇を取付けて頂いたとの事ですが、それでも雨漏りは改善されませんでした。

雨漏り修理と共に、築年数的にも塗り替えをご検討

築19年のお住まいはこれまで外壁塗装の経験はありませんでした。

雨漏り修理ももちろんご希望でしたが「そろそろ築年数的にも外壁塗装を検討した方が良いのでは?」と雨漏り修理と同時に外壁塗装工事もお考えです。

豊富な雨漏り修理の事例をご覧頂き、弊社にご依頼

施工会社様も倒産され、知り合いの工務店様にご依頼をされても改善しなかった雨漏り。

「どこに雨漏り修理の依頼をすれば」といよいよ八方ふさがりになりお困りでしたお客様。そんな折に、南大阪ペイントセンターの雨漏り修理の施工事例をご覧頂き、雨漏りの点検調査とお見積りのご依頼をしてみよう、とお考えになられたそうです。
もちろん、事前の点検調査やお見積り金額のご提示は全て無料ですので、ご安心ください。

南大阪ペイントセンターで実施している無料点検・無料見積りのご案内はこちらのページをご参考ください
無料点検・無料見積りのご案内

実際の雨漏り点検の様子をご覧ください

それでは詳しく雨漏りの原因を調査していきます。

屋内の雨漏り

玄関内の雨漏りの様子
玄関内の天井から雨漏り

問題となる玄関内天井の雨漏りの様子です。
度重なる雨漏りのせいで、せっかくの屋内クロスが剝がれていますね。

外壁のコーキングの状態は?

施工会社にてコーキング打ち替え済の外壁
施工会社様にてコーキング打ち替え済の外壁

お客様の仰るように、以前施工会社様にて何度かコーキングを打ち替えられた状態が確認できます。何度かコーキングを打ち替えられても雨漏りが改善されないということは、別に雨漏りの原因が考えられます。

コーキングとは?
サイディング同士の繋ぎ目や窓回りといった材料同士の隙間を埋める為のゴムのような弾力性のある素材のことです。
耐用年数は約10年と言われており、経年劣化により弾力が徐々に失われ、ひび割れや剥がれといった症状が発生し、ひび割れの隙間からやがて雨漏りの原因になることも。その為、サイディングボードなどのパネル状の外壁のメンテナンスにはコーキング打ち替え工事が必須とお考え頂いた方が良いでしょう。

雨漏りの原因は?

雨漏り点検時のお住まい側面
雨漏り点検時のサイディング全体の状態

お客様にお話しをお伺いした所、どうやら外壁内部の防水シートがしっかりと貼られていない可能性があります。

外壁であるサイディングの下には、サイディングの隙間から雨水が侵入しても室内に影響しないよう防水シートが貼られています。今回のように屋内に雨漏りの影響が確認できるのは、外壁の下にある防水シートの不具合も考えられます。

雨漏りはどのようにすれば改善する?

サイディングの隙間からの雨漏り
サイディングの隙間からの雨漏り

通常であれば、防水シートがあるおかげでサイディングの隙間が原因で雨漏りがすることはありません。
しかし防水シートに不具合がある場合、サイディングの隙間に雨水が侵入してしまうと、今回のように屋内にまで雨漏りの影響が出てしまいます。

雨漏りを改善させる為に、サイディングの隙間を全てコーキングで埋めるというご提案をさせて頂きました。

今後の雨漏り対策に外壁塗装工事のご案内

外壁のコーキングのひび割れ
コーキングのひび割れ

既存のコーキングの打ち替えと、サイディングの隙間をコーキングで埋めることで、確かに雨漏りはほぼ改善するでしょう。

外壁のチョーキング現象
外壁のチョーキング現象

しかし雨漏りの原因は今回のようなサイディングの隙間が原因になるだけではありません。

外壁材自体に雨水が染み込んでしまい、雨漏りに繋がるケースも存在します。写真のように外壁を指で触れた際に粉が付着すると”外壁の防水機能がなくなっています”というサインでもあります。
このまま放置してすぐに雨漏りになる!という緊急性の高いものではありませんが、放っておくと徐々に雨水が染み込んでしまう恐れがあるので、雨漏り対策としてもできるだけ早目の外壁塗装をして外壁の防水機能を復活させてあげた方が良いでしょう。

雨漏り点検を終えて

今回の雨漏り点検の、ご提案内容は以下の通りです。

・サイディングの隙間をコーキング
・既存のコーキングの打ち替え
・外壁塗装(今後の雨漏り対策とお住まいのメンテナンスとして)

外壁塗装のタイミングは新築時より約10年を目安とされています。
しかし今回のお客様のように、施工会社様が倒産されたりすると、どこに依頼をして良いか迷ってしまいますよね?

南大阪ペイントセンターではお客様のお悩みやご不安を解消するお手伝いができるように、点検調査~お見積り金額のご提示を全て無料で実施しております。

お住まいに関することでしたら、どんな些細なことでも是非ご相談頂ければ幸いです!

点検・お見積りのご依頼はこちらから

こちらのページもご参考ください

無料点検・無料見積りのご案内
外壁塗装の適切な時期とは?季節と塗り替え目安のポイント

こちらのお住まいの施工事例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談