泉大津市で雨漏り調査!ベランダのひび割れと樋の破損箇所から雨漏り

泉大津市で雨漏り調査!ベランダのひび割れと樋の破損箇所から雨漏り

✓ブログの概要
泉大津市で築約50年の住宅へ雨漏り調査へ伺った内容を掲載しています。

弊社で塗装をさせていただいた泉大津市のお客様のご実家で、この度ご両親がご実家に住まわれるとの事で雨漏り修理のご依頼をいただきました。

2階にあるベランダから雨漏りが発生しており、1階の廊下の天井への雨漏りが続いています。
そのため、応急処置でベランダのひび割れをコーキングしていただいた跡がありますが、雨漏りは改善することなく現在も続いています。

年数の経過した戸建てではコンクリート造りのベランダが多く、こちらの住宅もコンクリートのベランダでした。
そこで、コンクリートの下地のベランダの上から、塩ビシート防水を施工してベランダ全体に防水層を造り雨漏りを改善する提案をいたしました。

又、屋外にある雨樋が破損しているため、外壁に雨が伝い雨染みができています。
雨漏り自体はベランダが原因ですが、樋の破損を放置しているとベランダに雨が伝い雨漏りを悪化させてしまう可能性が高いです。

そのため、ベランダ防水工事とともに、雨樋(竪樋)の交換も提案しました。

営業担当の説明や提案内容にご理解をいただけ、雨漏り修理のご成約をいただきました。
この度は弊社に再びご縁をいただき、誠にありがとうございます!

営業担当:森

✓ブログの概要営業担当:森

泉大津市で築約50年の住宅へ雨漏り調査へ伺った内容を掲載しています。

弊社で塗装をさせていただいた泉大津市のお客様のご実家で、この度ご両親がご実家に住まわれるとの事で雨漏り修理のご依頼をいただきました。

2階にあるベランダから雨漏りが発生しており、1階の廊下の天井への雨漏りが続いています。
そのため、応急処置でベランダのひび割れをコーキングしていただいた跡がありますが、雨漏りは改善することなく現在も続いています。

年数の経過した戸建てではコンクリート造りのベランダが多く、こちらの住宅もコンクリートのベランダでした。
そこで、コンクリートの下地のベランダの上から、塩ビシート防水を施工してベランダ全体に防水層を造り雨漏りを改善する提案をいたしました。

又、屋外にある雨樋が破損しているため、外壁に雨が伝い雨染みができています。
雨漏り自体はベランダが原因ですが、樋の破損を放置しているとベランダに雨が伝い雨漏りを悪化させてしまう可能性が高いです。

そのため、ベランダ防水工事とともに、雨樋(竪樋)の交換も提案しました。

営業担当の説明や提案内容にご理解をいただけ、雨漏り修理のご成約をいただきました。
この度は弊社に再びご縁をいただき、誠にありがとうございます!

泉大津市の皆様、こんにちは!
外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

泉大津市の築約50年の住宅へ雨漏りの原因究明に伺った事例を紹介いたします。

▼泉大津市の外壁塗装業者選びについてはこちらの記事で解説をしています▼
泉大津市の外壁塗装業者を選ぶときの7つのポイントとおすすめ業者雨漏り診断

泉大津市の戸建て住宅へ雨漏り調査を実施

雨漏り調査に伺った泉大津市の戸建て住宅
雨漏り被害にお困りの泉大津市の住宅です。

以前弊社で外壁塗装をさせていただいたお客様のご実家です。

▼以前の事例はこちら▼
泉大津市で窯業系サイディングの外壁塗装(無機塗料を使用)

コーキングなどで応急処置をされ過ごされていましたが、雨漏りは止まることなく現在も続いています。

この度は再び弊社にご用命いただき、ありがとうございます!
雨漏り解決に向けて、建物の状態をしっかりと拝見しますのでよろしくお願いいたします。

基本的に現地調査はお部屋へ上がらせていただかなくても玄関先でも対応可能です。
しかし雨漏り調査の場合は、原因究明のためにお部屋の中やベランダなどを詳しく拝見する必要がありますので、あらかじめご了承おきください。

1階天井の雨漏り跡
こちらは1階廊下の雨漏り箇所です。

かなりの雨染みがあり、大量に水が染み込んでしまっています。

木材には少し古い雨漏り跡もあるので、おそらく定期的に雨漏りしていることが窺えます。

雨漏り箇所すぐ上のベランダ
雨漏り箇所すぐ上のベランダです。

コンクリート造りのベランダで、築年数が経過した戸建て住宅によく見られる仕様のベランダです。
経年劣化でコンクリートに複数のひび割れが確認できますね。

ベランダの応急処置跡
応急処置でコーキングでひび割れを埋めていただいた跡があります。

雨漏りは原因究明が大変難しくDIYなどで屋外の隙間を埋めてしまうと逆に雨漏りを悪化させてしまうケースがあります。

ですので、お客様側からできる対処方法としては、バケツやレジャーシートを敷くなどして、お部屋の中の被害を食い止めることしか難しいのです。

関連ページ雨漏りが起きる前に知っておきたい家にあるもので出来る応急処置の方法(シチュエーション別)

雨樋からの雨漏り
雨樋の集水器付近からも雨が伝った跡がありますね。

詳しく雨樋の点検をしたところ、破損しておりその部分から雨水が漏れていることが分かりました。

樋の破損を放置しているとベランダに雨が伝い雨漏りを悪化させてしまう可能性が高いです。

そのため破損している雨樋部分も交換された方が良いでしょう。

雨漏りの原因はベランダの防水層と雨樋の破損と判明

雨漏りはベランダが原因
やはり雨漏りの位置的な要素から見ても、雨漏りの原因はベランダからでほぼ間違いないでしょう。

・ベランダに雨水が染み込み階下へ雨漏り
・雨樋から雨水が漏れてベランダに雨水が染み込む

お客様のご申告の内容とベランダの状態を確認しても、雨漏りの原因はベランダの防水層の劣化と雨樋の破損によるものだと診断しました。

雨漏りの原因となるのは、ベランダだけではありません。

意外に思われる方も多いのですが、ベランダの排水口も雨漏りの原因になるケースが多いのです。

ベランダの排水溝から雨樋へ雨水が受け渡される過程で雨漏りが起きるのです。

理由は排水内部に亀裂があったり、そもそも雨樋に到達するまで構造上に問題がある場合は周辺が水浸しになります。

築50年前後の昔の家では、雨樋までの構造に何らかの問題がある場合が少なからず存在します。

改修用ドレン
こちらは別の現場の写真をお借りしています。

排水から雨樋への雨水が流れる過程で雨漏りが起きないように、改修用ドレンと呼ばれる排水とホースが一体化されていてる部材を取り付けることで解決します。

この改修用ドレンを取り付け後に、ベランダ全体の防水工事をして雨漏りを改善をする提案をいたしました。

雨漏り解決に塩ビシート防水と雨樋交換の提案・お見積もり内容

防水工事は主に塩ビシート防水をご提案
ベランダの防水工事は塩ビシート防水を提案いたしました。

弊社で主に取り扱いのある防水工法は以下の3種類があります。

その中でも塩ビシート防水を提案いたしました。

塩ビシート防水は大手ハウスメーカーにも施工されている高耐久な防水工事です。

期待対応年数は約15~20年とされており、仮に防水層の寿命が切れても新たに塩ビシートを重ね張りすることで再び15~20年の耐久性を得ることができます。

費用対効果のバランスやベランダ下地の状態などをトータルで判断して、塩ビシート防水がベストな工事だと自信をもっておすすめいたします。

以下は実際にお客様にお渡しした雨漏り修理のお見積もり内容です。

※スマートフォン・タブレットの方は右スクロールですべての見積書の内容をご覧いただけます。

摘  要 数量 単位 単 価 金額
塩ビシート防水(以下内訳)        
ケレン・清掃 13.3 300 3,990
塩ビシート防水 平場 7.1 11,000 78,100
塩ビシート防水 立上り 6.2 11,000 68,200
塩ビ鋼板取付け 入隅 12.4 1,800 22,320
塩ビ鋼板取付け 端末 コーキング共 7.7 2,500 19,250
塩ビ鋼板取付け 軒先 4.7 2,200 10,340
水切り金物取付け コーキング共 4.7 2,600 12,220
改修用ドレン取付け ストレーナー共 1 箇所 16,500 16,500
資材楊重費 1 10,000 10,000
竪樋交換 1 25,000 25,000
諸経費 1 10,000 10,000
合計       275,920

お見積り内容や担当者の説明にご理解をいただけ、防水工事と雨樋交換による雨漏り修理の成約をいただきました。
弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!

塗装後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。
▼雨漏り修理の事例公開しました(2024/7/5更新)▼

南大阪ペイントセンターでは雨漏りの相談依頼を多数いただいています。
他社では解決できなかった雨漏りなどを解決した事例もあります。
ですが、解決できなかった事例があるのも事実です。

できる限りお住まいにとって最適な方法を探らせていただきますので、何でもお気軽にご相談をいただけますと幸いです。

その他の雨漏り調査の事例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ