泉大津市で窯業系サイディングの外壁塗装(無機塗料を使用)

外壁塗装・コーキング打ち替え工事
泉大津市
Before
施工前
After
施工後
施工地 泉大津市 築年数 23年
価格 145万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 水性無機 塗料種別 無機
面積 195m2 カラー KP-247
塗料名 関西ペイント RSルーフ2液F 2液弱溶剤遮熱フッ素 塗料種別 遮熱フッ素
面積 37m2 カラー ホワイトアッシュ
築年数 23年 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 水性無機 塗料種別 無機
面積 195m2 カラー KP-247
塗料名 関西ペイント RSルーフ2液F 2液弱溶剤遮熱フッ素 塗料種別 遮熱フッ素
面積 37m2 カラー ホワイトアッシュ

✓ご依頼までの背景
「外壁のコーキングがボロボロになっている」とご相談をいただきました。
息子さんがネットで弊社を見つけていただき、口コミや実績などを見てお見積りのご依頼を承りました。

調査の結果をお見積り内容のご説明をして、この度工事のご成約をいただきました!

現地調査時のブログ泉大津市で外壁のコーキングが劣化した築23年の戸建て住宅
同現場の屋根塗装の事例泉大津市にて屋根塗装(遮熱フッ素塗料で暑さ対策を実現)

※上記施工価格は足場工事・外壁塗装・コーキング工事・屋根塗装・付帯塗装・共通工事などの全てを含んだ実際にかかった金額を掲載しています。(税抜き金額)
 
泉大津市の皆さま、こんにちは!

外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

窯業系サイディングとスレート瓦の築23年の戸建て住宅に、無機塗料で外壁塗装を実施した事例をご紹介いたします。

無機塗料による外壁塗装のビフォーアフター

まずは外壁塗装前後の比較からご紹介いたします。

外壁全体ビフォーアフター

外壁塗装前のサイディングの戸建て外壁塗装後のサイディングの戸建て

ベランダ外壁のビフォーアフター

外壁塗装前のベランダ外壁外壁塗装後のベランダ外壁

窓付近のビフォーアフター

外壁塗装前のサイディング外壁塗装後のサイディング

目地のビフォーアフター

外壁塗装前の目地外壁塗装後の目地

屋根のビフォーアフター

外壁塗装前の屋根外壁塗装後の屋根

ご相談のきっかけはサイディングの痛みとコーキングの剥がれ

サイディングのチョーキング現象

外壁のチョーキング現象
外壁塗装が必要な目安として写真のようなチョーキング現象があります。

サイディングの防水性は塗装依存で、塗装により雨水を弾く効果が得られます。
しかし前回塗装から10年以上経過すると、紫外線などの影響で塗膜の樹脂が分解され顔料のみが粉状となって外壁表面に出てきます。

指で触れると塗膜の粉が付くことをチョーキング現象と言い、この症状がある場合は塗膜の寿命を迎えたサインなのです。
一度外壁塗装をご経験済ですが約10年前の塗装なので塗膜の寿命を迎えている状態です。

お客様はこのチョーキング現象を気にされており、今回ご相談いただいたきっかけの1つでもあります。

コーキングの痛み

コーキングの劣化
サイディングボード同士の継ぎ目には縦に目地があり、目地を埋める目的でコーキングが施工されています。

外壁と同様に築年数とともにコーキングの弾力性が失われ、剝がれや乖離といった症状を引き起こします。

コーキングが劣化すると目地に隙間が空くので、そこから雨水や湿気が侵入してしまう危険な状態です。

サイディングボードのひび割れ
なぜ雨水や湿気が侵入することが危険かと言いますと、写真のようなひび割れに繋がるからです。

サイディングボードが水を含んで脆くなり、ひび割れやボードの浮きといった症状を引き起こします。

以上の劣化状態を踏まえて、目地の傷んだコーキングを交換後に外壁塗装のご提案をいたしました。

高耐久な無機塗料を選択

塗料別見積もり案 対応年数 見積もり金額(税抜き)
超高耐久無機塗料 20年以上 ¥1,598,600
無機塗料 15~20年 ¥1,451,900
超低汚染型シリコン塗料 12~17年 ¥1,232,100
ラジカルシリコン塗料 10~15年 ¥1,154,100
シリコン塗料 7~10年 ¥1,050,200

塗料別の計5プランをご提案したところ、対応年数15~20年の無機塗料をお選びいただきました。

無機塗料 関西ペイントアレスダイナミックMUKI
使用する塗料は「関西ペイントアレスダイナミックMUKI」です。

15年以上の耐久性はもちろんのこと、超低汚染性・防カビ防藻性などを兼ねそなえた塗料です。
明るい色の塗料をお選びいただいても汚れが付着しにくく、長期間美観を維持できますよ。
▼外壁調査の内容をもっと詳しく知りたい方はこちら▼

サイディングへ外壁塗装実施(無機塗料使用)

コーキング工事

コーキング工事
まずは目地の傷んだコーキングを新しくします。
目地はサイディングのメンテナンスでも最重要項目です。

どんなに高耐久な塗料を使用しても、目地が痛んでいると雨水が侵入して外壁を傷めてしまうからです。

コーキング撤去打ち替え工法
古くなったコーキングを取り除く、撤去・打ち替え工法でコーキング工事を実施します。

コーキングを撤去した目地内部を清掃して、プライマー(接着剤)をしっかり塗り込みコーキングの密着を高めます。
肝心のコーキング材は空気が入らないように奥から一定のスピードで充填させ、ヘラで平らに均します。

コーキング打ち替え完了
コーキング撤去・打ち替え工法の完了です!

目地の隙間もしっかりとコーキングで埋まったので、これで外壁を傷める最大の要因を取り除くことができました

高圧洗浄工事

高圧洗浄工事
コーキングが完全に乾燥してから、建物全体に高圧洗浄工事を行います。

もしコーキング工事前に高圧洗浄を実施してしまうと、目地の隙間から洗浄水が入り込む危険があります。
そのため、コーキング工事などの補修工事を実施してから高圧洗浄をするのです。

現地調査であったチョーキングの粉などが外壁に残っていると、いくら優れた無機塗料といえど上手く密着してくれません。
洗浄は半日近くかけて、入念に実施するのです。

ベランダの高圧洗浄
ガソリンを燃料とした業務用高圧洗浄を使用するので、みるみるうちに汚れが一掃されていきます。

玄関周辺の高圧洗浄
塗装しない箇所も洗浄いたしますので、ご安心ください。
「ここも洗浄してほしい」などのご要望があれば、お気軽にご相談くださいね。

外壁塗装

外壁の下塗り(RSサーフ)
いよいよ外壁塗装の開始です。

高圧洗浄で旧塗膜の粉や汚れがまっさらな状態になり、はじめて塗料を塗布できる状態になります。

まずは下塗りに「RSサーフ」を塗り込みます。
目視では確認しにくいよう軽微なひび割れも、下塗りで埋めることができる塗料ですよ。

外壁の中塗り(アレスダイナミックMUKI)外壁の上塗り(アレスダイナミックMUKI)
中塗り、上塗りには仕上げ塗料である「アレスダイナミックMUKI」を使用します。
ここから無機塗料の登場ですね。

お色はKP-247という淡いグレーカラーを使用します。
中塗りと上塗りは塗り残しを防ぐために、わずかに色変えをして塗装を行います。

付帯塗装

軒天の塗装
外壁塗装と同時進行に軒天などの付帯部も塗装を実施します。

軒天は防火性に優れたケイカル板を使用しているので、専用のカチオン系塗料を使用します。
外壁と同様の塗料を塗ってしまうとすぐに剝がれてしまうので、部位ごとに材質を見極めて塗料を選定します。

軒天の上塗り
仕上げの上塗りです。

養生の色が反射してやや緑っぽく映っていますが、実際はオフホワイトに近いカラーです。

軒天の塗装完了
塗装後の軒天です。

雨戸のケレン作業
雨戸の表面も塗装をします。

雨戸などの付帯部にはケレン作業と呼ばれる、ヤスリをかける工程が必須です。
理由はツルツルとした面に塗料を塗っても早期剥がれの原因になるからです。

ヤスリで細かい傷を付け、表面積を増やすことで塗料のひっかかりを良くする作用があります。

雨戸の中塗り雨戸の上塗り
雨戸には弱溶剤シリコンで中塗り・上塗りと塗り重ねていきます。

雨戸の塗装完了
雨戸の塗装が完了しました!

庇の亀裂
庇の塗装も実施しました。

端部に切れるが見つかったので、コーキングで手直しをしていきます。

庇の養生後にコーキング工事
細かい箇所でも養生は欠かせません。
「良い塗装は良い養生から」という言葉があるように、養生の善し悪しが仕上がりの美しさやモチを左右します。

庇の補修完了
庇の亀裂がコーキングで埋まりました。

塗装後の庇
これで万が一の雨漏り被害も安心ですね。

ベランダ防水

ベランダのケレン作業
建物の3箇所あるベランダには、防水層のメンテナンスとし専用のトップコートを塗布して防水性を維持させます。

まずはトップコートを塗る準備に防水層表面にケレン作業をします。

FRPトップコートの中塗りFRPトップコートの上塗り
トップコートは中塗り・上塗りと2回に分けて塗布します。

FRPトップコートによるメンテナンス後のベランダ
ベランダのFRPトップコートによるメンテナンス完了です!
ベランダの防水層が傷んで、雨水が染み込み階下へ雨漏りするケースは多いです。

塗装のタイミングで防水層もメンテナンスしておけば、未来の雨漏り被害も防ぐことができますね。

最終点検

外壁塗装後の最終点検
足場を解体する前に、この度担当いたしました営業担当が最終確認をします。

樋や外壁の最終点検庇と外壁の最終点検雨樋と幕板の最終点検
足場を降りていきながら塗り残しがないか、汚れや傷はないか、塗料の色など細部にわたり確認します。

営業担当による最終点検
最終点検の入念に実施しましたが、外壁塗装は100%不具合がないとは言い切れない工事です。
塗装時の建物の状態や雨水の侵入具合などによっては、コーキングに亀裂が入ったり塗膜が剝がれたりする可能性も十分考えられます。

ですので万が一不具合があった場合は、お手数ですがご連絡をいただけますでしょうか。
迅速に改善に向けて対応いたします。

無機塗料によるサイディングの外壁塗装完工

お客様の声

お客様の感想
Q.塗装をする前にどんなことで困っていましたか?

A.シーリングがボロボロで壁を触ると手に白い粉が付きました

Q.いろんな業者さんがある中で、何が決め手となって私たちにご依頼くださいましたか?

A.森様の説明と塗料

Q.実際に仕事を終えて良かったことがあれば教えてください。

A.予定通りにスムーズに進みました。
職人さんたちの礼儀の良さ
時間もきっちりされていて、気持ち良かったです。
いい仕事されていました。
お疲れさまでした。ありがとうございました。

Q.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを頂戴出来ましたら幸いです。

A.
工事をするあたり、家がきれいになるのは嬉しいことですが、近所へのご迷惑が気がかりでした。
家の間が狭く仕事がしにくかったと思いますが、職人さんの技で最小限の迷惑だったように思いました。

最初のあいさつから、仕事中、出来栄えまで近所の方にもいい業者さんやねと言ってもらい、ホッとしました。

家もピカピカになり、嬉しいです。
職人さんのお人柄がお仕事に表れているなあーと思いました。

朝、同じ時間に交換日記の受け渡し
営業さんとのラインでも早い連絡
事務員さんまでも丁寧な入金確認のご連絡
最後の工事保証書まで良い安心のできるシステムだなあと思いました。

お願いしてよかったです。
ありがとうございました。

お褒めの言葉をいただけて大変励みになります。
この度は数ある塗装会社の中から、弊社にご依頼をいただき誠にありがとうございました!

工事後のご不安やお悩みがあれば、何でもお気軽にご相談ください。

サイディングに無機塗料を使用したその他の外壁塗装の事例

堺市南区で無機塗料プレマテックス タテイルαで外壁塗り替え

堺市南区で無機塗料プレマテックス タテイルαで外壁塗り替え

価格 155万円 工事期間 16日間
塗料名 プレマテックス タテイルαPE 2液弱溶剤無機 塗料種別 超高耐久無機
面積 184m2 築年数 20年

工事期間 16日間 面積 184m2
塗料名 プレマテックス タテイルαPE 2液弱溶剤無機 塗料種別 超高耐久無機
築年数 20年

羽曳野市でコーキング打ち替え(オートンサイディングシーラント使用)

羽曳野市でコーキング打ち替え(オートンサイディングシーラント使用)

価格 149万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
面積 202m2 築年数 約25年

工事期間 14日間 面積 202m2
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
築年数 約25年

松原市にて無機塗料で外壁塗装(高耐久のコーキング材も使用)

松原市にて無機塗料で外壁塗装(高耐久のコーキング材も使用)

価格 126万円 工事期間 19日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
面積 173m2 築年数 17年

工事期間 19日間 面積 173m2
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
築年数 17年

この現場に関するお客様の声

この現場に関するブログ

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談