富田林市で前回別業者での外壁塗装の失敗からお見積もりのご相談

富田林市で前回別業者での外壁塗装の失敗からお見積もりのご相談

✓現地調査のブログの概要
富田林市の築28年の旭化成へーベルハウスにお住まいのお客様より、外壁塗装工事のお見積もりのご依頼をいただきました。

15年前に別の塗装業者で外壁塗装をした際に失敗したと感じておられ、メーカーである旭化成ホームズの見積もりが高額なこともありこの度弊社にお声がけをいただきました。

前回はメーカーではない一般の塗装業者で施工をされており、元の多彩模様の外壁を単色で塗られたり、コーキング工事がなかったことが失敗と感じられた理由です。

外壁であるALCにはコーキング工事は必須ですが、前回工事ではコーキング工事はせずに溶剤系塗料で塗られており、目地や外壁表面がカチコチに固まっている状態でした。

そこで、目地へのコーキング増し打ち工事と、溶剤系塗料の上からも密着するように専用のRSマルチシーラーという下塗り塗料を使用した工事を提案いたしました。

現在の単色の塗装も、再び多彩模様を吹き付けることで建築当初のような高級感ある外観へ蘇ります。

お見積もり金額や対応内容をご検討いただいた結果、多彩模様(フッ素塗料)による外壁塗装工事のご成約をいただきました!

この度は南大阪ペイントセンターへご縁をいただきまして、誠にありがとうございます!

若槻さん

✓現地調査のブログの概要若槻さん

富田林市の築28年の旭化成へーベルハウスにお住まいのお客様より、外壁塗装工事のお見積もりのご依頼をいただきました。

15年前に別の塗装業者で外壁塗装をした際に失敗したと感じておられ、メーカーである旭化成ホームズの見積もりが高額なこともありこの度弊社にお声がけをいただきました。

前回はメーカーではない一般の塗装業者で施工をされており、元の多彩模様の外壁を単色で塗られたり、コーキング工事がなかったことが失敗と感じられた理由です。

外壁であるALCにはコーキング工事は必須ですが、前回工事ではコーキング工事はせずに溶剤系塗料で塗られており、目地や外壁表面がカチコチに固まっている状態でした。

そこで、目地へのコーキング増し打ち工事と、溶剤系塗料の上からも密着するように専用のRSマルチシーラーという下塗り塗料を使用した工事を提案いたしました。

現在の単色の塗装も、再び多彩模様を吹き付けることで建築当初のような高級感ある外観へ蘇ります。

お見積もり金額や対応内容をご検討いただいた結果、多彩模様(フッ素塗料)による外壁塗装工事のご成約をいただきました!

この度は南大阪ペイントセンターへご縁をいただきまして、誠にありがとうございます!

 

笑顔の女性
マナベ
こんにちは!
南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

 

富田林市でハウスメーカー施工の築28年住宅に、建物全体の点検とお見積りを実施した内容を紹介しています。

▼富田林市の外壁塗装なら南大阪ペイントセンターへおまかせ下さい!▼
富田林市の外壁塗装なら南大阪ペイントセンターへ依頼すべき7つの理由

外壁塗装をハウスメーカーに頼む前に根拠ある実績と事例で同品質の施工を実現!

前回別業者での外壁塗装で失敗と感じられたお客様

富田林市の旭化成ヘーベルハウスの住宅

築年数 28年
住宅メーカー 旭化成ヘーベルハウス
きっかけ 築年数的なもの
外壁 ALC
屋根 陸屋根(塩ビシート防水)

15年前に別の塗装業者で外壁塗装をした際に失敗したと感じておられ、メーカーである旭化成ホームズの見積もりが高額なこともありこの度弊社にお声がけをいただきました。

お客様が前回失敗と感じられたポイントは主に以下の2つです。

1.多彩模様から単色への塗装になったので高級感が損なわれた印象
2.コーキング工事をしなかったので目地の亀裂が目立つ

ヘーベルハウスのような大手メーカーには意匠性の高い多彩模様仕上げの外壁であるケースが多く、こちらの住宅も元々多彩模様仕上げでした。

しかし15年前の前回業者で単色の塗装をしたことで、多彩模様が隠れてしまい結果ヘーベルハウス特有の高級感が損なわれた印象になりました。

又、ALC外壁には目地のコーキング工事が必須ですが、前回業者ではコーキング工事がされず溶剤系の塗料で塗装するのみという工事でした。

たしかに溶剤系の塗料は耐久性に優れていますが、塗料の撹拌にシンナーを使用するので一般的に戸建て住宅の外壁には用いられないことが多くなっています。

溶剤系塗料を使用した塗膜はカチコチに固まっていますが、目地のコーキングには亀裂が入り建物全体の防水性が損なわれている現状です。

溶剤系塗料の上に塗装をする場合、塗料の選定を誤ると剥がれの原因になるので適切な塗料選定が必要です。

最適な塗装プランを提案するためにも、詳しく建物全体の状態を拝見しますのでよろしくお願いいたします!

それでは詳しい外壁調査の様子を次項から写真付きで紹介いたします!

ALC外壁のハウスメーカーの住宅へ外壁調査を実施

ALC外壁の調査

外壁:ALC
外壁にはALCが使用されています。

ヘーベルハウスの住宅の場合、今回のようなALCが使用されているケースが非常に多いです。

ALCの防水性は塗装によって維持されているので、塗装工事が必要です。

15年前に別業者で塗装工事をされていますが、前回塗装から年数が経過しているためALC防水効果がなくなっています。

目地のコーキングの劣化

ALCのコーキング
ALCの場合は目地のコーキング工事が非常に重要です。

写真中央に縦に伸びる目地がありますが、この部分にコーキングが施工されています。

ALCボード同士の継ぎ目に防水目的でコーキングが施工されていますが、よく見ると亀裂があるのが分かりますか?

帯上のコーキングの亀裂
帯の上にもコーキングが施工されていますが大きく亀裂が入っていますね。

雨が外壁と伝い帯の上に溜まると亀裂に雨水が入りこむ危険性があります。

ALCの下に防水シートが施工されていないので、コーキングが劣化すると隙間から雨水が入り込み雨漏りの原因に直結しやすいです。

コーキングのひび割れ
建物のいたるところコーキングのひび割れが見つかりました。

15年前に塗装工事をされているのにここまでひび割れがある理由は、前回の塗装業者がコーキング工事をせずに溶剤系塗料のみを塗布したことが原因です。

一般的にコーキングの寿命は約10年で、ハウスメーカーの場合でもはだいたい築15年でコーキングが劣化するケースがあります。

ですが前回業者がコーキング工事を未実施なので、28年間一度もコーキングのメンテナンスをしていないことになりますね。

つまりコーキングの寿命が経過しすぎている現状で、建物のいたるところにコーキングのひび割れが見られるのも納得です。

そのためALC外壁には「目地のコーキングを新しくする」というメンテナンスが非常に重要になります。

今回の工事ではコーキング増し打ち後に塗装工事をする提案をいたしました。

外壁には意匠性の高い多彩模様での塗装をご提案

塗膜の剝がれた外壁
紫外線の影響を受けやすい部分は塗膜の剝がれも見られます。

そのため再塗装が必要なのは明らかでしょう。

前回溶剤系塗料を使用して塗膜がカチコチに硬化している状態でした。
そのため、溶剤系塗料の上からも密着するように専用のRSマルチシーラーという下塗り塗料を使用した工事を提案いたしました。

塗料の飛散が付着した雨樋
外壁以外の箇所にも塗料が飛散しており、前回対応された業者にかなり不信感をお持ちでした。

本来外壁塗装中は雨樋など付帯部に養生をするので塗料が飛散することはありません。
おそらく養生が丁寧にされていなかったことも飛散の要因と思われます。

単色で塗装されたALC
前回失敗と感じられたのは単色塗装をしたというのも理由の1つです。

建築時は多彩模様といって御影石のような高級感あるデザインの外壁でしたが、15年前の塗装工事で単色塗装をしたことで多彩模様が隠れてしまいました。

多彩模様と単色
こちらは弊社の塗装例の写真ですが、多彩模様と単色の違いです。

多彩模様は様々な模様のチップと透明塗料を吹き付けることで、本物の天然石のような風合いに仕上がる塗装工法です。

RSダイヤモンドの多彩模様
こちらは弊社で採用している関西ペイントのRSダイヤモンドという多彩模様専用の塗料です。

ヘーベルハウスにお住いのお客様の大多数が高級感が出るという理由でこちらの多彩模様を選ばれます。

ただし多彩模様は吹き付けに絶妙な力加減が必要で、職人の腕によって仕上がりが左右されます。

南大阪ペイントセンターには元ハウスメーカーの職人も多数在籍しており多彩模様を得意としていますのでご安心ください!

多彩模様は高級感のあるデザインを演出
様々な色展開がありますので、色選びにはA4サイズの塗り板をメーカーから取り寄せて、屋外でご覧いただけます。

AZE-320
色の打ち合わせを重ね、AZE-320というグレーベースの多彩模様をお選びいただきました!

昨年の雨漏りで防水工事は施工済

塔屋のある陸屋根
ヘーベルハウスは陸屋根(屋上)があるケースがほとんどで、本来塩ビシート防水工事の施工も提案させていただいています。

ですが昨年屋上から雨漏りがあり、塩ビシート防水工事のみ別業者で施工されているので、今回は防水工事はお見積もりには含まず外壁塗装工事のみ提案いたしました。

ハウスメーカー(ALC外壁)へ外壁塗装のご提案内容

劣化部位 ご提案 理由
外壁(ALC) 外壁塗装(多彩模様) 塗膜の防水性低下
目地・サッシ・軒天廻り・帯上 コーキング増し打ち コーキングのひび割れ
付帯部(雨樋・スリムダクト・庇・BOX・軒天・帯) 付帯塗装 美観の向上・防水性の維持のため

※お見積もり金額はお客様のご意向で非公開とさせていただきます。

お見積もり金額や対応内容をご検討いただいた結果、多彩模様(フッ素塗料)による外壁塗装工事のご成約をいただきました!

弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!
塗装工事後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。
▼施工事例公開しました(2024/7/12更新)▼

こちらのページに関すること以外でも、塗装について疑問点やハウスメーカーの塗装工事のご相談も承っています。

よくお客様からハウスメーカーの営業担当に「メーカーでしか塗装が難しい」と言われたと耳にする機会が多いですが、メーカ独自の外壁の仕様に関係するのです。

南大阪ペイントセンターでは以前ハウスメーカーを担当していた職人も多数在籍していますので、各メーカーの細かな仕様についても安心してお任せください!

お気軽にご相談いただけますと幸いです。

その他の別業者の失敗から外壁塗装のご相談をいただいた例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ