塗装工事の時下塗り・中塗り・上塗りで色替えをしてるのは何故?

今回は屋根・外壁の塗装工事をする際に当社が気をつけている事を書きたいとおもいます。

まず南大阪ペイントセンターでは塗装は当然の事ではありますが下塗り・中塗り・上塗りと三回塗りをしております。セラミック・かきおとしなどの外壁の場合はシーラー下塗りの四回塗りをしていますが(四回塗りしないとボロボロとすぐに剥がれてしまう為)

 

塗装工事

現場の様子です。下塗りは白色で行います!写真は中塗りを行っている所です。

南大阪ペイントセンターでは外壁の塗装は下塗り・中塗り・上塗りの三回全て色を変えて作業を行っています。

 

塗装工事

色替えをする理由は、同色で中塗り・上塗りを行ってしまいますと、稀に塗り残しができてしまう場合がある為です。

塗装工事

各工程で色を変える事により塗り残しをなくしキッチリとした仕事を行う事ができます。

南大阪ペイントセンターでは各工程ごとに写真を撮っています。写真をお見せする事でお客様も安心と信用ができるんじゃないでしょうか。

塗装工事

その他工事期間中にはお客様と職人の間で交換日記という物をさせていただいています。

今日はどんな作業をしたかをお客様に把握していただけて好評です。逆にお客様から気になる事や質問もお気軽に書いていただいています。

これを読んで当社の塗装工程がわかっていただけたと思います。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912