水切りってどんな役割で無いとどうなの?塗装はした方が良いの?

今回は家の外壁周りにある水切り部分の役割や必要性についてお話して行きたいと思います。

水切り

水切りはどんな箇所に設置されているのでしょう?

こちらの写真の外壁と基礎部分の間にあるしきりの所が水切りです。建物の外側の窓枠下などにも水切りは施工されています。ではこの水切りとは何のために取り付けられているのでしょうか?

水切り

水切りの役割は雨水等が窓枠の下面をつたって壁面を汚さない為、さらに室内への水の侵入を防ぐ為に設置されている物です。また建物の土台と基礎の間には隙間があります。この部分にも水切りが設置されています。

雨水などが土台に侵入すると土台や基礎が腐ってしまう事もあります。品確法では、外壁の下端に水切りを設置する様に定められています。

水切りが設置されていない場合もあります

基礎

中には水切りの付いてない物もありますが大丈夫なの?と不安になる方もいるかも知れませんが、要は外壁をつたって土台に水が流れ込まない構造になっていれば良いんです。

しかし水切りが無いと通常の雨だと大丈夫でも横殴りの雨の場合等土台に水が侵入してしまう危険性はあります。そういった事を考えると水切りがある方が安心ですね。

一度土台に雨水などが入り込むと、吸収した水は抜けにくい為水切りが重要になります。直接土台に水が流れないようにしてくれています。

次に水切りの塗装についてです。水切りは土台に水がはいるのを防ぐ重要な物ですがやはり経年劣化はしてきます。水切りの塗装によるメンテナンスは必要と言えるでしょう。それだけ重要な水切りなのでカケがあったり色が剥げてきたり経年劣化が見られればやはりキッチリと塗装によるメンテナンスを行っておく事をお勧めしています。

水切りの重要性

 

水切り

水切りがないと水が土台に侵入し内部を腐食させシロアリなどを発生させてしまう危険性があります。建物の土台部分は白アリによる浸食や腐食する危険性が非常に高い部分だとされています。

建物にとって土台はとても大切な部分です。建物の寿命を左右する要素でもあります。水切りは単に建物の上部から流れてくる雨水を受けて直接土台に流れない様にしているだけではなく、土台や基礎への水の侵入を防ぎ建物自体の耐久性を維持する為に重要な役割をしてくれているのです。

 

 

 

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912