スレート屋根の塗装時には一体何故タスペーサーが必要か教えて!

屋根・外壁塗装について外壁にもモルタル・ALC・サイディング等色々な種類があります。

屋根にも和瓦・洋瓦・セメント瓦・スレート瓦等色々な種類があります。今回はスレート屋根の塗装についてご紹介したいと思います。

スレート瓦

まずこちらがスレート屋根です。皆さんも街中で多く見かけられる事が多いのではないでしょうか。

様々な色合いがありお洒落を演出出来る為人気の屋根材です。

種類が粘板岩を薄く薄く板状に加工した天然スレートとセメントと繊維質材料を混ぜて厚さ5mm程の板状に成型した化粧スレートとがありますが天然スレートは天然の岩を使用する為非常に高価な為ほとんど普及していません!

その為多くのお宅で見られるのは化粧スレートになります。

スレート屋根

スレート屋根の寿命は10~20年程と言われています。ですが塗装によるメンテナンスをキッチリと行えば永く使用する事が出来ます!

スレート瓦には防水性・耐久性が無い為塗装によるメンテナンスは必須になります。

タスペーサー

スレート瓦にはこちらのタスペーサーが必須になります。スレート瓦にはスレートとスレートの間に隙間があります。その隙間から雨水が流れて行く仕組みになっています。

ですが塗装をするとスレートとスレートの間を塗膜が塞いでしまう為目詰まりが起こってしまいます!

目詰まりが起こると雨水の逃げ場がなくなる為屋根裏にドンドン雨水が溜まってしまい最悪の場合雨漏りを引き起こしてしまいます!

その為タスペーサーをスレートの間に差し込む事で雨水が流れ雨漏り等を防ぎます!

スレート屋根構図

こちらの図を見ていただくと仕組みが分かっていただけると思います。

雨の出る隙間を塗膜が塞ぐ為この部分にタスペーサーを差し込みます。この行為を縁切りと言います。タスペーサーを差し込む事で雨漏りの起こる心配は無くなります。

以上スレート屋根についてでした。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912