外壁塗装でできる暑さ対策の方法とは?

例年猛暑が続く日本の夏。お住まいの暑さ対策は万全でしょうか?

『外壁塗装で暑さ対策ができるの?』と初めてお聞きになる方もいらっしゃることでしょう。
外壁塗装=お住まいの美観を保つ、とイメージされるのが一般的だと思いますが、実は塗料によってはお住まいの機能を高めることができるのです。

外壁塗装でできる暑さ対策のイメージ

外壁塗装でできる暑さ対策の方法とは?

屋根や外壁塗装に使用する塗料には『遮熱塗料』『断熱塗料』といった、暑さを和らげる効果が期待できる塗料があります。

真夏の屋根の表面温度はなんと80℃以上。いくら屋根と室内が直接面していないと言っても、お部屋の温度が暑くなってしまうのは当然ですよね。
そこで『遮熱塗料』『断熱塗料』といった塗料を屋根や外壁に塗ることで、外からの熱が伝わりにくくなり、お部屋の温度上昇を少しでも防ぐことができるのです。

実際に塗装をされたお客様からも『エアコンの効きが良くなった』『猛暑の日でも、お部屋はそこまで暑く感じなくなった』などの嬉しいお声を頂戴しております。

どれぐらい温度が下がるのか?

さまざまな『遮熱塗料』『断熱塗料』がありますが、最大でお部屋の温度を約3℃低下させることが可能です。
お部屋の温度が30℃から27℃に下がるだけでも、随分快適に過ごせるようになりますよね。

猛暑が続く夏の暑さをエアコンなしで過ごすのは命の危険を伴います。
エアコンなしで過ごすわけにはいきませんが、屋内の温度が少しでも下がるとエアコンの稼働率がその分下がるので光熱費の削減にも繋がりますし、環境にとっても良いですよね。

そもそも『遮熱塗料』『断熱塗料』とは?

『遮熱塗料』『断熱塗料』はどちらも共通して暑さ対策ができる塗料ではあるのですが、全く別物の塗料です。
この2つの塗料の違いを正しく理解することで、そのお住まいに適した暑さ対策ができるのです。

遮熱断熱塗料の違い

遮熱塗料とは?

遮熱塗料とはその名の通り、『熱』『遮る』塗料です。

太陽の赤外線を反射することで蓄熱を防ぎ、室内の温度上昇を防ぎます。その為、屋外に塗ることで効果が発揮されます。

断熱塗料とは?

断熱塗料とは熱の伝導を抑えることで、室内温度の快適さを維持することができる塗料です。

その為、屋外だけでなく室内に塗ることで、室温が維持されることにも繋がるのです。つまり暑さ対策だけでなく、冬場の室温の保温効果も期待できます。

遮熱・断熱はガイナでの塗装がおすすめ

前途でご紹介しました、遮熱塗料・断熱塗料の性能を兼ね備えている塗料が存在します。

日進産業が開発した遮熱断熱塗料の『ガイナ』
このガイナは塗る断熱材とも呼ばれており、その理由はアクリル樹脂とセラミックビーズが主成分で入っていて遮熱・断熱の効果を発揮していると言われています。

ガイナ塗料

ガイナの『遮熱』効果

屋根や外壁にガイナを塗装すると、遮熱効果のおかげで日光を効率良く反射します。
反射することで熱そのものの発生を抑えるので、夏の暑さ対策に非常に効果的です。更に壁や天井の表面温度も下がるので、体感温度も低く感じることができるのです。

ガイナの『断熱』効果

ガイナには屋根や外壁の塗料以外にも、臭気をより抑えた屋内専用塗料が存在します。

屋外だけでなく建物内部に塗布することで、屋内の熱を逃がすことなく夏は涼しく、冬は暖かくを実現できるのです。
熱の移動を抑えることから保温効果が高まり、高熱費の削減にも繋がるのです。

ガイナの『遮音・防音』効果

ガイナ防音

ガイナは空気を含んだ球体の多層で構成されています。そのことから一般的な塗料と比較すると、塗膜の表面積が大きいです。

音は表面積の大きさに比例して反射される為、ガイナで塗装されたお住まいは音を効率的に反射して音の侵入を防ぐ効果があります。
その為お住まいの外から入ってくる音を和らげお住まいからの音漏れを防ぐことができるのです。

ガイナの安全性

水性塗料であるガイナは『VOC』(揮発性有機化合物)の含有量が少なく、塗料特有のシンナー臭がほとんど発生しない安全で低刺激な塗料です。

ガイナの色展開

ガイナ塗料
ガイナの基本色は52色と豊富ですが、塗料の特性上濃い色を作ることができません。
又、つや消しタイプしか存在しないことから、光沢感のある仕上がりが好みの方には不向きです。

遮熱塗料・断熱塗料のまとめ

  • 夏の暑さ対策を重点的に行うなら、遮熱塗料
  • 冬も夏も快適に過ごすなら、断熱塗料
  • 遮熱断熱どちらも兼ね備えるなら『ガイナ』がおすすめ

遮熱塗料は特性上、白ベースの色味展開がほとんどです。その理由は赤外線を反射させる必要があるのに対し、黒に近い濃い色だと赤外線を吸収してしまうことにあります。
白に近い色を選んだとしても、歳月で塗膜が黒ずんでいき反射率が下がるのは避けられません。

断熱塗料は赤外線を反射する必要はないので、色によって性能が左右されることはありません。しかし断熱塗料は塗膜に厚みがある為、汚れが付着しやすいというデメリットがあります。
塗膜に厚みがあるということはその分、塗膜が膨らんだり剝がれたりする可能性も高まります。

長期間美観を維持することを考えれば遮熱塗料に軍配が上がる為『遮熱塗料』『断熱塗料』の選択はどちらも一長一短なのです。

こちらの記事もご参考下さい

ガイナ塗料は一体どういう塗料なの?塗るとどんな効果があるの?
初めての外壁塗装・屋根塗装

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912