外壁塗装ドローン点検!お客様にとってのメリットとは?

弊社が導入しているドローン点検!
2018年12月頃に使い始めて早2年が経とうとしています。お客様の中には、弊社のホームページなどを見て、ドローン点検を希望される方も日々増えてきております。今日まで200件以上の外壁塗装ドローン点検をさせて頂きました。

このコラムでは、外壁塗装ドローン点検を導入してみて感じた事や、ドローン点検がお客様にとってどんなメリット、デメリットがあるのか?という所に注目してご紹介させて頂きますので、ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

外壁塗装ドローン点検!お客様にとってのメリットとは?

点検をしているドローン
ドローンを飛ばしている様子はこんな感じです。このドローンが自由自在に点検したい箇所を隅々まで撮影してくれます。
かなりの高さまで飛ばす事が出来るので、大きなビルやマンションの外壁塗装やリフォーム工事などの際にもとっても活躍してくれます(*^-^*)

実際に飛ばしてみるとかなり小さい為、見失わない様に注意です。

外壁塗装ドローン点検で活躍中

屋根点検に使用されるドローン
では、弊社の外壁塗装ドローン点検で日々活躍してくれているドローン本体について見ていきましょう。

大きさ:折りたたむと手のひらサイズになります。  
重量:約1kg
カメラが搭載:1200万画素(粗くない綺麗な写真が取れる)の静止画と2倍ズーム可能、動画撮影もできます
飛行時間:バッテリー1個で約20分間(常に3個を持っています)
操作:専用のコントローラーにスマホ(この2年はiphoneXRを使用)を繋いで操作します。
 
とてもコンパクトに折りたためるので手軽に現地に持ち運びが出来る小型のドローンです。DJIという会社の製品です。
操作はそんなに難しいものではなく、私でも扱えるので慣れれば誰でも操作できるかと思います(*^-^*)
GPSが内蔵されており、機体の安定感は抜群です。

弊社で行った外壁塗装ドローン点検にて撮影

 
 
外壁クラックドローン撮影
では、実際に弊社で行った外壁塗装ドローン点検にて撮影した写真を見て頂きましょう。
こちらは3階建て戸建てのお宅で、屋根のすぐ下にあたる外壁部分の写真です。当然、下から撮影する事が不可能な場所です。
 
従来の点検方法といえば梯子をたてて行うか、屋根に上がって屋根側からの点検を行うかといった方法がとられていたかと思います。
労力と時間、屋根や梯子に上がる危険が伴うのが従来の点検方法でした。
屋根に上がっての点検では、屋根部分に体重がかかる為、踏み割れや破損するリスクもありました。

ドローン点検では至近距離での撮影も可能です

 
ドローン近距離
こちらの写真もとっても分かりやすく鮮明に不具合箇所が撮影されています。
屋根の「どこが」「どの様な不具合を起こしているか」が分かりやすいですよね。
私が初めてドローンを飛ばした際、思っていた以上に近い距離で撮影出来る事に驚いたのを覚えています( ゚Д゚)
 
実はこのドローン、センサーが付いているので対象物の一定距離以上まで近づくと「ピピピピ」と音が出てお知らせしてくれます。
優秀ですね~!おかげで今まで物にぶつかって落下してしまった。などという最悪な事態は起こっていません😊

ドローン点検だからこそ分かるお家の全景

 
ドローンで点検した屋根
皆さんは、ご自身の家がそもそもどんな形なのかご存じでしょうか?
上空からのドローン点検は普段なかなか見る事が出来ない外壁や屋根の形状や使われている素材など、沢山の情報が短時間で確認する事が出来ます。ドローン点検では、飛行までの準備に慣れれば5分もかかりません。
 
外壁塗装などの現場調査では、お客さまに立ち会っていただくことが多いです。専用のコントローラーにつないだ手元のスマホに、リアルタイムでドローン点検の画像が映し出されます。もちろんその画像はお客様にも見て頂く事が出来ます。
不具合箇所をリアルタイムでご自身の目で確認する事が出来る為、今まで以上に興味深く現場調査の立ち合いをして頂いております。

外壁塗装ドローン点検のデメリット

 
完工後ドローン撮影
ここまでは外壁塗装や屋根塗装においてのドローン点検のメリットをご紹介してきました。
では反対にドローン点検のデメリットとしてはどんな事があるのでしょうか?
お客様にとっての外壁塗装、屋根塗装におけるドローン点検のデメリットはありません。と断言しても良いと思います。
 
もちろんドローン点検に費用なども頂いておりませんし、短時間で安全に点検が行えるのですから、メリットが多いですね。
 
ただ、あえてデメリットをあげるなら、雨天や風が強い時はドローン点検が行えません。小型のドローンは機種にもよりますが強風に弱いです。風速10m以上は飛ばさないでくださいという記載もあります。弊社の機種では経験上、風速10mくらいなら平気です。
強風で飛ばせないなとなった時は、台風時くらいです。また少々の雨でも点検は行ったこともありますが、ドローンも精密な機器なので雨天や強風時は飛行しない方がよさそうです。
 
空港周辺では航空法によって飛行エリアが限定されています。弊社の事務所のある松原市では、隣の八尾市に空港がありますので、空港周辺ではドローンを飛行させるには許可が必要です。飛行の事前申請をし、許可を取れば問題なくドローン点検は行えます。

外壁塗装ドローン点検を導入されている業者が増加しています

 
 ドローン点検
最近は外壁塗装ドローン点検を導入している業者も増えてきました。ですが実物を見た事があるお客様はまだまだ少ないようです。
外壁塗装ドローン点検の際には「はじめてみた!」といわれる方が多く、スマホで撮影されたり、お家からご家族様がゾロゾロと出てこられることも(*’▽’)

ご近所さんや通りすがりの方も足を止めて見学して頂く事も多いです。
下校時間の通学路では、小学生に囲まれることは間違いありません。
 
見えない屋根の上や外壁の点検など、点検といえど何をやってるのか分からないから心配!という従来の点検方法とは違い、ドローン点検ではそんな心配はありませんね。安心して点検を受けることができます。
外壁塗装や屋根塗装におけるドローン点検の優秀さ、伝わったでしょうか?
 
以上弊社で導入しているドローン点検についてご紹介させて頂きました(*^^*)
 
これを機にご自宅の普段は見る事の出来ない箇所を見ておくのも良いですね😊
外壁塗装ドローン点検ぜひご活用くださいね⭐ご質問やお問い合わせはこちら
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談