八尾市にて塗り替え工事を実施

外壁・屋根塗り替え 波板交換
八尾市
Before
施工前
After
施工後
施工地 八尾市 築年数 35年
価格 120万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
面積 167m2 カラー ベース:KP-127 ベランダ:KP-385
塗料名 関西ペイント アレスクール2液F 塗料種別 遮熱フッソ塗料
面積 54m2 カラー コーヒーブラウン

八尾市にて塗り替え工事を実施させて頂いた内容をご紹介します。

こちらの記事は八尾市の築35年のお住まいに、塗り替え工事を施工した内容を掲載しております。

八尾市にて塗り替え工事を実施

工事ご依頼のきっかけ

中古住宅でこちらのお住まいをご購入され、お住まいになる前にしっかりとしたメンテナンスのご希望です。

お住まいを拝見すると一度塗り替え工事をされているようですが、モルタル壁に所々ひび割れが見受けられます。
安全安心にお住まい頂く為にもひび割れの補修外壁と屋根の塗り替え工事をご提案させて頂きました。

現地調査

ひび割れをコーキングで補修した跡
外壁のひび割れ補修跡

こちらのお住まいの外壁はモルタル壁が使用されています。
モルタル壁は意匠性に優れ深い味わいのある仕上がりになる反面、ひび割れが発生しやすいというデメリットがあります。
写真でご覧頂くと、何度かひび割れを補修された跡が確認できますね。

モルタル壁についての詳細はこちらの記事も是非ご参考ください
モルタル造とは? 住宅建物の主な外壁材の種類

外壁のチョーキング現象
外壁のチョーキング現象

外壁に触れると指に白い粉が付着します。これはチョーキング現象と呼ばれ、塗装表面にある表層樹脂が雨や紫外線で劣化して顔料が粉状になって表面に浮き出ることで発生します。

このチョーキング現象は、”塗膜の劣化=外壁の防水機能が失われている”と簡単に見分けることができるサインですので、一般の方でも塗り替え時期を確認することが可能です。

塗り替え前の汚れが付着したお住まい反対側
外壁塗り替え前のお住まい反対側

お住まいの反対側は日当たりが悪くカビやコケ、藻などが繁殖しやすいです。
お住まい周辺に草木や花壇などが多いと、胞子が飛んできて更に繁殖を加速させることも。

やっかいなのことに、これらの汚れは放置するとどんどん外壁に根を張って外壁の耐久性を弱らせる原因となります。
もちろん塗り替え工事の際に、高圧洗浄でカビ・コケ・藻などの汚れを一掃しますので、ご安心くださいね。

塗り替え工事の様子をご紹介します

塗り替え工事は下記の流れでご紹介をします。

・ひび割れ補修
・高圧洗浄
・外壁塗り替え
・屋根塗り替え
・付帯塗り替え

ひび割れ補修

外壁のひび割れ
外壁のひび割れ

塗り替えを行う前に、ひび割れの補修を行います。

軽微なひび割れだと塗り替えの際に使用する下塗り塗料だけでも埋めることができますが、写真のような大きなひび割れはコーキングで補修が必要です。

外壁のひび割れのコーキング
外壁のひび割れをコーキングで補修

コーキング材をひび割れに沿って注入します。
指でひびの奥にまで行き渡せるように押し込んでから、更にその上から2回目のコーキングを行います。

外壁のひび割れ補修完了
ひび割れの補修完了

外壁模様と一体感が出るようにコーキングをよく均します。
現在は白色のコーキングで補修跡が目立っていますが、この後に塗り替えを行うと目立たなくなりますのでご安心ください。

塗り替え前の高圧洗浄

屋根の高圧洗浄
屋根の高圧洗浄

屋根と外壁の高圧洗浄を行います。

長年の屋根にこびり付いたコケや藻、カビなどを取り除く為にも、約150kgの水圧を発揮する業務用高圧洗浄機を使用します。
前途でご紹介しましたチョーキングの粉や、外壁に付着したカビなどもこの高圧洗浄で洗い流します。

外壁の塗り替え

シーラーで下塗り
外壁の下塗り1(シーラー)

外壁塗り替えは下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りが基本です。
しかし今回はひび割れなどの劣化が多く見受けられる為、より塗膜に高い耐久性をもたらすことができる4回塗りの工法で塗り替えを実施します。

こちらはシーラーと呼ばれる吸い込み止めの材料を塗布します。
外壁に塗料が染み込んでしまうのを防ぐ為の塗料です。

マスチックローラーで外壁の下塗り
外壁の下塗り2(フィラー)

続いて2回目の下塗りです。フィラーと呼ばれる粘度の高い下塗り塗料を使用します。
ヘチマのような多孔質なローラーを使用して塗るので、塗膜に厚みをつけることができ、微細なひび割れもこのフィラーで充分修復できます。

■お役立ち豆知識■
下塗りに使用するシーラーとフィラーとは?
シーラーは外壁に塗料の吸い込みを防ぎつつ、中上塗りの塗料との密着を高めてくれます。まさしく語源の「シール」のように、塞いで密着させるとイメージして頂ければ分かりやすいと思います。
フィラーは「埋める、詰める」という意味があるように、ひび割れや凸凹を埋めて平らにする役割があります。主にひび割れを起こしやすいモルタル壁に補強目的に使用される塗料です。

外壁の中塗り
外壁の中塗り

続いて中塗りです。中塗りで初めて”色”を塗っていくというイメージです。

外壁の上塗り
外壁の上塗り

中塗り・上塗りは塗り残しを防ぐ為に、少し色替えをして塗装を行います。

使用した塗料は関西ペイント アレスダイナミックMUKI
一般的に塗り替えの目安は約10年とされているのに対し、今回使用する塗料の耐用年数は約15~25年と言われいるので、その耐久性の高さが伺えますね。
高い耐久性だけでなく、親水性が高く汚れにも強いので雨が降る度に汚れを洗い流すセルフクリーニングの役割も備わっています。
その分、他の塗料に比べて費用はかかりますが、より高い耐久性をお求めの方には是非おすすめしたい塗料でもあります。

ベランダの中塗り
ベランダの中塗り

ひび割れ跡が見受けられたベランダには濃いめのブラウンで塗り替えを行います。

ベランダの上塗り
ベランダの上塗り

しっかりと塗料を塗り重ね、塗膜に厚みを持たし…

ベランダの塗り替え完了
ベランダ塗り替え完了

ベランダの塗り替え完了しました。補修跡が全く目立たなくなりましたね。

屋根の塗り替え

屋根の下塗り
屋根の下塗り

屋根も外壁と同じく下塗りと合わせた3回塗りが基本です。
高圧洗浄で綺麗になった屋根に、新たな下塗り剤を塗布していきます。

屋根の縁切り(タスペーサー挿入)
屋根の縁切り(タスペーサー挿入)

屋根材同士の隙間が塗料で埋まってしまうと雨水の逃げ道がなくなり、屋根材の中に雨水が留まることで雨漏りに繋がる危険性があります。

タスペーサーと呼ばれる器具を挿入することで、縁切りを行うことができ、雨水の流れる隙間を確保できるのです。
写真のようなスレート屋根にはこの縁切りの作業(タスペーサー挿入)が必須なので、この工程の重要性をご存知なだけでも、お見積書の内容などが確認しやすくなりますよ。

屋根の中塗り
屋根の中塗り

タスペーサーを挿入することで、屋根材同士の隙間が確保されたので安心して中塗りの工程に移れますね。
ローラーで丁寧に塗装を行います。

屋根の上塗り
屋根の上塗り

仕上げの上塗りで、屋根の塗膜にしっかりと厚みを持たせたら、完成です。

付帯箇所の塗り替え

雨戸の研磨
雨戸塗り替え前の研磨作業

メインとなる屋根と外壁の塗り替えを終えて、全ての塗り替え工事が完了するわけではありません。
お住まいの美観や機能をより維持する為にも、雨樋や雨戸などの付帯部分と言われる箇所の塗り替えは欠かせません。

こちらは雨戸の塗り替えをご紹介します。
まずは塗装面を研磨して下地調整を行います。研磨で細かい傷をつけることで塗料のひっかかりを良くする為、この下地調整は欠かせない工程なのです。

雨戸の中上塗り
雨戸の中・上塗り

蛇腹になっている雨戸はハケを使って細部まで丁寧に塗布します。

雨戸の塗り替え完了
雨戸塗り替えの完成

雨戸の塗り替えが完了しました。
塗り替えで外壁や屋根が綺麗になると、逆に雨戸や雨樋の色褪せが悪目立ちしかねません。
細かい箇所ではありますが、一緒に塗り替えをしてあげるとお住まい全体の美観がかなり復活しますね。

塗り替え工事が完了しました!

外壁塗り替え前のお住まい正面
塗り替え前のお住まい全体

ひび割れ跡が目立つ、お住まいが…

外壁塗り替え後のお住まい正面
塗り替え後のお住まい全体

細かい箇所もしっかりと塗り替えさせて頂きました。
ブラウンとベージュの2トーンカラーがおしゃれですね。

塗り替え前の門扉
塗り替え前の門扉周辺

塗り替え前はせっかくの白い外壁に汚れが目立っていました。

塗り替え後の門扉
塗り替え後の門扉周辺

塗り替え後はブラウンで統一。
お住まいの顔でもある玄関廻りが新しくなるだけで、随分印象が変わるものです。

塗り替え前の屋根全体
塗り替え前の屋根全体

コケや藻などの汚れがこびり付いていた屋根。
幸い大きな損傷はなく、塗り替えで屋根の防水機能を復活させました。

屋根塗り替え完了
塗り替え後の屋根全体

屋根に使用させて頂いた塗料には遮熱効果があります。
遮熱効果とは太陽の赤外線を効率良く反射させることで、屋根の温度上昇を抑えることが期待できます。

今回と同じ塗料で施工されたお客様からは「夏場のエアコンの効きが良くなった」と言った、お声も頂戴しています。

ベランダ波板交換前
ベランダの波板交換前

ベランダ波板交換後
ベランダの波板交換後

古くなっていたベランダの波板も、新しいものに交換をさせて頂きました。

塗り替え工事前には無料点検をご活用ください

今回のご依頼のように中古住宅をご購入されて、お引越し前にしっかりとメンテナンスを行いたい、というお客様も数多くいらっしゃいます。

そういったご希望に添えるよう弊社ではお住まいのどこの塗り替えが必要で、メンテナンス費用はどれぐらいになるか、といった点検とお見積り金額のご提示を全て無料で実施させて頂いております。

「弊社で塗り替え工事をしてください」などのセールス活動は行いません。あくまでもお客様のご希望とお悩みに合わせて、最適な方法をご提案させて頂きますのでご安心ください。

八尾市での塗り替え工事の事例をご紹介します

 
 

こちらの記事もご参考ください

無料点検・無料見積りのご案内
無機塗料って何?通常のシリコンやフッソ塗料に比べてどう違う?

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912