松原市の屋根塗装(ソーラーパネルを設置したまま塗装可能)

屋根塗装(ソーラーパネル設置の屋根)
松原市
Before
施工前
After
施工後
施工地 松原市 築年数 18年
価格 21万円 工事期間 15日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液F 塗料種別 遮熱フッ素
面積 65m2 カラー セランドグリーン
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 18年 工事期間 15日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液F 塗料種別 遮熱フッ素
面積 65m2 カラー セランドグリーン
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

”太陽光パネルの屋根塗装”と聞いて、どんな印象を持たれますか?

「メンテナンスが大変そう」
「ソーラーパネルの取り外しに費用が余分にかかる」

たしかにその通りなのですが、実は条件が整えばソーラーパネルを取り付けたまま塗装可能なのです。

今回は松原市にてソーラーパネル設置の屋根塗装の施工事例をご紹介します。
このページをご覧いただくと、こちらのお住まいと同じようにソーラーパネルを設置されている方のご不安や心配ごとが解消されると思います。

※上記工事費用は屋根塗装のみの費用を掲載。
外壁塗装・共通工事を含んだ実際にかかった費用は下記ページをご参考ください。

現地調査の様子は下記ページに掲載しています。

松原市の屋根塗装(ソーラーパネルを設置したまま塗装可能)

屋根塗装は以下の流れでご紹介します。

1.高圧洗浄工事
2.屋根の下塗り
3.タスペーサー挿入
4.屋根の中塗り
5.屋根の上塗り

1.高圧洗浄工事

屋根の高圧洗浄工事
こちらのお住まいのようなスレート瓦防水性を維持するためにも塗装によるメンテナンスが必須。
その塗装前に必ずする工程、それが高圧洗浄です。
ガソリンを燃料とした業務用高圧洗浄機なので、一般家庭の洗浄機とはケタ違いの洗浄力で汚れを一掃!

古い塗膜も洗い流すことで、新たな塗料の密着・耐久性が良くなります。

水道代はどれくらいかかる?

高圧洗浄はお客さま宅の水道をお借りして洗浄させていただきます。

屋根・外壁など丸々1棟丸洗いして「約1,500~2,000円程水道料金が高くなった」というご意見がほとんどです。

もちろん、お借りしている水道水は必ず大切に節約して使いますので、ご安心ください。

2.屋根の下塗り

屋根の下塗り(アレスクールシーラー使用)
まっさらになった屋根に最初に塗るのは、下塗り塗料『アレスクールシーラー』。

関西ペイントさんの遮熱専用の下塗り塗料です。
「ソーラーパネルが乗っているお陰で普段暑さは気にならないけど、それでも夏場の小屋裏は近寄りたくないレベルの暑さ!と仰る奥様のお困りごとを解消するためにも、ご相談をして遮熱塗料を選択。

遮熱塗料は赤外線を反射してくれるので、夏場の暑さ対策にも期待できます。

3.タスペーサー挿入

屋根の縁切りにタスペーサー挿入
スレート瓦には写真のようなタスペーサーという器具を入れる作業が必須です。

なぜかと言うと、タスペーサーを入れないとスレート瓦同士の隙間が塗料で埋まってしまいます。
塗料で隙間が埋まると、雨水の出口が塞がっているのと同じ状態になり、屋根材の中に雨水が留まり続けてしまいます。つまり、雨漏りしてしまう可能性大です。

だからこそ隙間で埋まらないように、あらかじめタスペーサーを入れて、隙間を確保し雨漏りを防ぐのです。

タスペーサーの重要性
断面で見ると、このような図です。

「屋根塗装をしたばかりなのに、雨漏りがする」という場合は、タスペーサーが設置されていない可能性もあります。

大切なお住まいを守るためにも、屋根塗装の際は見積書や仕様書に『タスペーサー』の文言があるか、ご確認された方が良いと思います。

関連ページ>>スレート屋根とタスペーサーについて

4.屋根の中塗り

屋根の中塗り(アレスクール2液F使用)
いよいよ仕上げの工程に入っていきます。

上塗り専用塗料『アレスクール2液F』という遮熱性・耐久性に優れたフッ素塗料を塗布します。

5.屋根の上塗り

屋根の上塗り(アレスクール2液F使用)
仕上げの上塗りです。

先ほどの中塗りは少し色変えをしていますので、上塗りの塗り残しが一目瞭然です。

人の手が携わる塗装は、”絶対にミスがない”とは言い切れないものです。だからと言って、塗り残しなどのミスはお住まいの寿命を左右することなので、絶対に失敗は許されません。
弊社ではそういった人為的ミスを徹底的に阻止するためにも、中塗り・上塗りの色変えをしています。

屋根塗装完成

屋根塗装完成
屋根塗装の完成です!

ソーラーパネルをつけたままでの屋根塗装可能?

結論、ソーラーパネルを外さなくても屋根塗装は可能です。
ですが冒頭でもお伝えしたとおり条件がクリアできれば、です。

その条件とは『ソーラーパネルを乗せた状態での1回目の塗装』ということです。

1回目の屋根塗装までが大丈夫な理由

ソーラーパネル下の屋根材は直射日光が当たらないので、そこまで劣化が進んでいません。

そもそも屋根塗装の目的は屋根の防水性維持・保護のためです。ソーラーパネルによって守られている部分は、大きな劣化がないと言っても頷けます。

理想はソーラーパネルを外して屋根塗装

お住まいの保護のことを考えると、ソーラーパネルを取り外してすべての屋根材を塗装することが理想です。

しかしソーラーパネル脱着だけでも約20万円以上することを考えると、ソーラーパネルを付けたまま屋根塗装を選択される方がほとんどです。
実際にこちらのお客さまも費用的な問題で、ソーラーパネルを外さず屋根塗装を選択されました。

ソーラーパネルをつけたまま屋根塗装の注意点

ソーラーパネルは養生して屋根塗装
屋根塗装は写真のように、ソーラーパネルを養生で保護して塗装を行います。

特に注意点は…

・ソーラーパネルに触れない
・水道水で洗わない

ソーラーパネルに触れない

ソーラーパネルは精密な作りです。

触れるのも汚れを防ぐために最小限に留める必要があり、増してや踏むなんてありえません。すぐひび割れしてしまいます。

水道水で洗わない

水道水の中のカルキがパネル表面で固まり、発電効率を下げてしまう場合があります。
屋根の高圧洗浄も、ソーラーパネルに当たらないように細心の注意を払う必要があるのです。

ソーラーパネルの屋根塗装はよくご検討ください

前途でお伝えしたように、ソーラーパネル搭載の屋根塗装には色んな条件や予備知識が必要です。

「せっかく屋根塗装をしたのに、そのせいでソーラーパネルに不具合が…」なんてことは避けたいですよね。
だからこそ、事前に不安な点やお困りごとを相談しておくことが大切です。

繊細なソーラーパネルがある屋根だからこそ、お住まいを守るためにもよく相談できる業者さんを選ばれることが賢明だと思います。

お役立ちページ

松原市の方向けに、良い塗装会社さんに巡り合うための情報を掲載しています。

住宅塗装をお考えの方に向けの、塗装に関する基礎知識をご紹介しています。

お気軽のご相談をお待ちしています

塗装工事に限らず、防水工事などの小工事、お住まいのことなら何でもご相談ください😊

と言っても、いきなり相談となると中々ハードルを感じられると思います。
お電話以外にも、弊社ではオンライン無料相談やLINEで簡単にお見積りが可能なLINE相談・見積りも実施しておりますので、お気軽にご相談をいただければ幸いです。

この現場に関するブログ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談