大阪市東住吉区のマンション屋根の棟板金を補修(火災保険適用)

板金復旧工事(火災保険適用)・屋根塗装
大阪市東住吉区
Before
施工前
After
施工後
施工地 大阪市東住吉区 築年数 34年
価格 44万円 工事期間 48日間
塗料名 関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント 塗料種別 シリコン
面積 159m2 カラー ネオブラック
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 34年 工事期間 48日間
塗料名 関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント 塗料種別 シリコン
面積 159m2 カラー ネオブラック
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

大阪市東住吉区のマンション屋根の棟板金を補修(火災保険適用)

✓ページの概要
マンション角部屋に外壁からの雨漏り被害があり、オーナー様がマンション全体の補修工事をご希望され現地調査に伺いました。
ドローンで屋根全体を調査したところ、なんと屋根の棟板金がほとんど飛散していることが判明!
保険会社に申請し、棟板金の復旧工事には火災保険が適用されます。
棟板金復旧工事と同時に、スレート瓦へ屋根塗装を実施した事例をご紹介しています。

※上記施工価格は火災保険適用前の板金復旧工事・屋根塗装のみの金額を掲載しています。(税抜き金額)
足場仮設工事・高圧洗浄工事などは別途発生します。
 

皆さま、こんにちは!
外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

ドローンで屋根点検の際に板金の飛散が判明する事例は多いです。
自然災害による不具合なので、現状復旧に火災保険が適用されることがほとんどです。

本事例ではまさしくドローン点検の際に板金がなくなっていることが判明し、板金復旧工事(保険適用)と屋根塗装(保険適用外)を実施した事例を掲載しています。

▼同現場の現地調査の様子は下記ブログでご紹介▼

火災保険適用によるマンション屋根の復旧【ビフォーアフター比較】

大阪市東住吉区の屋根塗装前のマンション屋根 大阪市東住吉区の屋根塗装後のマンション屋根

大阪市東住吉区の屋根復旧工事前のマンション屋根 大阪市東住吉区の屋根復旧工事後のマンション屋根

ドローンによる調査で屋根の棟板金の飛散が判明

苔の繁殖が見られるマンション屋根
現地調査時のドローンによる撮影です。

築34年のマンションはこれまでのメンテナンス歴はありません。
その証に、スレート瓦全体の色褪せや苔の繁殖が顕著に見られます。

本来は屋根に施された塗膜のおかげで雨水を弾きますが、塗膜の寿命が過ぎ防水性がなくなった屋根は苔の温床になってしまいます。

棟板金が飛散したマンション屋根
ドローンによる高所から見ると分かりにくいですが、なんと棟板金がごっそり飛散しています。

赤枠の部分は板金がなくなり、下地となる木材が露出している現状です。
このままでは木材から雨水が染み込み、屋根全体の下地の腐食にも繋がってしまいます。

保険申請をして板金の復旧工事については火災保険が適用されることになりました。

▼火災保険について詳しくはこちら▼
火災保険を活用して外壁塗装費用を抑えれるって本当?

屋根板金の復旧工事(火災保険適用)

貫板が剥き出しのマンション屋根
まずは板金の復旧工事からスタートです。

板金の下地である貫板(ぬきいた)と呼ばれる木材が、剥き出しの状態ですね。
長らく雨に晒され、木材自体が傷んでいます。

貫板がなくなった屋根
貫板は棟板金をビスで固定する下地材ですので強度が必要です。

写真赤枠の部分が貫板ですが、だいぶ朽ちて脆くなっていますね。
(分かりにくいですが、貫板自体もなくなっている箇所があります…)
ですので貫板自体も新しいものに取り替えてあげましょう!

マンション屋根の貫板の交換
古い貫板を撤去し、新しい貫板へ交換します。

貫板の交換が完了したマンション屋根
貫板の交換が完了しました!

交換した貫板に棟板金を取り付け
板金を取り付けていきます。

貫板の上に板金を被せて、ビスで固定してきます。

棟板金の取り付け完了(火災保険適用)
すべての板金の復旧工事が完了しました!

既存の板金がシルバーで新しい板金はブラックですが、これから塗装するお色がネオブラックなので色の違いは気にならなくなりますよ。

板金同士の接合部にコーキング
板金同士の継ぎ目には、雨水が入り込まないようにコーキングで隙間を埋めています。

ここまでご紹介した復旧工事のみ、火災保険適用でした。

スレート瓦の屋根塗装(火災保険適用外)

マンション屋根の高圧洗浄
それでは屋根塗装のご紹介です。
屋根塗装に関しては自然災害による現状復旧ではないため、火災保険適用外です。

屋根を含めたマンション全体を業務用高圧洗浄機で洗い流します。

マンション屋根の下塗り
下塗りには「関西ペイント ヤネ強化プライマーEPO」を使用します。

今回のようなスレート屋根に適した塗料を選定して、耐久性を高めるためにしっかりと塗りこんでいきます。

スレート屋根にタスペーサー挿入
下塗りを終えると、タスペーサーという器具を屋根材同士の隙間に差し込みます。

これは雨漏りを防ぐために、スレート屋根の塗装には必須の工程なのです。

▼タスペーサーとスレート屋根に関して詳しくはこちら▼
タスペーサーとは?スレート屋根の雨漏り対策に必須

マンション屋根の中塗り
仕上げの塗料は「関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント」を使用します。

まずは中塗りで屋根全体に塗布し…

マンション屋根の上塗り
仕上げの上塗りです。

お色は先ほどの棟板金とほぼ同色のネオブラックを使用。
板金も同色に塗装をしますので、統一感のある美しい屋根に蘇りますよ。

板金も塗装し屋根塗装の完工
板金も塗装をして屋根塗装の完工です!

マンションの屋根塗装完工!

火災保険による屋根板金工事と屋根塗装工事の完工
屋根塗装が完工しました!

大阪市東住吉区の外壁塗装後のマンション
同時にマンション全体の塗装工事も完工しています。

▼同現場のマンションの外壁塗装の事例▼

マンションやアパートの外壁・屋根塗装工事・大規模改修工事でしたら何でもお気軽にご相談ください!

マンションアパートのオーナー様へ

その他の火災保険適用の屋根塗装の事例

松原市の屋根塗装と台風被害の補修(火災保険の足場を活用)

松原市の屋根塗装と台風被害の補修(火災保険の足場を活用)

価格 47万円 工事期間 10日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 45m2 築年数 17年

工事期間 10日間 面積 45m2
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
築年数 17年

この現場に関するブログ

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談