コーキング(シーリング)とは?その役割と重要性について

今回はコーキング(シーリング)の役割と重要性についてお話したいと思います。

コーキングとは?

コーキングとは単純にいうと、建物の隙間を埋める為の非常に伸縮性のある素材のことです。

サイディングボードやALC板は一枚の大きな板では割れやすいため、複数のボードを用いて割れにくくしているので、ボードとボードの間にはどうしても隙間ができます。

そのため、敢えて隙間を広めにとり(目地)、コーキング材をたっぷりと打ち込めるようにしているのです。

 

また、目地=外壁の隙間なので、コーキングがあることで雨漏りを防ぐ役割もあります。

建築業界では基本的にシーリングと呼びますが、意味合いはコーキングと一緒です。

目地以外にも、外壁のひび割れの補修にもよく使われます。

 

サイディング目地

サイディングボードのつなぎ目約2.7m間隔で目地があります。

 

コーキング

ALC目地 

ALCの場合、タテヨコの溝が全部目地といい、すべてにコーキングが充填されています。

 

なぜ打ち替え工事が必要か?

コーキング

ではなぜコーキングの打ち替えが必要かというと、コーキングの寿命は種類にもよりますが、新築時に使用されているものは7~10年程度の耐久性です。

コーキングが劣化してくると、徐々に柔軟性が無くなり固くなってきます。そしてボードの伸縮についていけなくなりやがて割れたり剥がれたりします。

 

コーキング

また、ALCの場合はコーキングの上から塗装してあることがほとんどですが、コーキングが劣化し成分が抜けていくことで、打ちたての状態よりもへこんでくるため、表面の塗膜も割れてしまいます。

 

コーキング

このような状態になるとボード内部に雨水が侵入しやすくなり、やがて雨漏り等の不具合が発生するため、定期的な打ち替え工事が必要となるのです。

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912