火災保険を活用して外壁塗装費用を抑えれるって本当?

『火災保険』とお聞きになると、どういった保障内容をイメージされますか?

ほとんどの方は文字通り”火災”での保障をしてくれるとイメージされると思いますが、実は少し違うんです。

火災保険とは火災はもちろんのこと、台風、洪水、落雷、大雪などの自然災害にも適用される保険なのです。
たとえば自然災害でお住まいの一部が破損したり、外壁に傷が付いてしまったりした場合の現状回復に、火災保険を上手に活用することで外壁塗装の費用を抑えれる可能性が高いのです。

火災保険の被害イメージ

火災保険を活用して外壁塗装費用を抑えれるって本当?

それでは外壁塗装の際に、火災保険を活用して塗装費用を抑えることができるのか詳しくご紹介します。

保険のイメージ画像

火災保険を活用して外壁塗装費用を抑えることは可能です

結論から申し上げますと、火災保険を活用して外壁塗装費用を抑えることは可能です。

しかしそれにはご自身で加入されている火災保険の『保障対象』『保障範囲』把握されている事が大切です。

火災保険はあくまでも現状回復が目的ですので、外壁全面を塗り替える費用を全て火災保険で補う』ということは難しくなることがほとんどです。
仮に『①台風で外壁に傷が付いた面を塗り替える+②他の面の外壁を塗り替える』の場合は①の台風被害での塗り替えが火災保険で適用されるので、ご自身での負担は②の費用のみになり、トータルな費用負担を抑えることができるのです。

火災保険の補償対象は?

火災保険のプランによっては、建物だけでなく家財も保障してくれる場合があります。

建物の位置づけは建物本体だけでなく、門やフェンス、ガレージや物置きなどの動かすことのできない物が建物の範囲と認識して頂ければ、まず問題はないです。

これから火災保険の申請をされる方は『建物』の範囲に何が含まれるのか、しっかりと確認して頂くことをおすすめします。

火災保険の補償範囲は?

台風による屋根の被害
火災保険はあくまでも、現状回復が目的です。

火災保険の適用イメージとしては、以下の通りです。

 お住まいが被害に遭う前の状態に戻す
 お住まいをより良くする為の塗装(経年劣化によるメンテナンスなど)

例えば、台風被害などで屋根の一部が破損した場合作業に必要不可欠な足場仮設や屋根の修復費用は火災保険で適用されます。
しかし台風被害に関係のない箇所のメンテナンスや交換は、台風前の原状回復とはみなされないので注意が必要です。

火災保険を活用しての外壁塗装がおすすめ

足場仮設工事の様子
前途でもありましたが、仮に屋根や外壁の一部が破損して、補修をする場合には足場仮設が必要不可欠です。

実はこの足場代が意外と高額になりがちで30坪のお住まいで約20万円以上かかります。
足場を組む工事で火災保険を活用できるのなら、合わせて外壁塗装や屋根塗装もすると、足場代だけでも負担が少なくなるので随分費用を抑えることができますよね。

火災保険を活用した事例をご紹介します

実際に弊社で行った、火災保険を上手に活用した塗装工事をご紹介して行きます。

事例①台風被害による外壁の傷と、樋の破損

台風被害により外壁の傷
こちらは台風被害により外壁に傷が付いてしまった事例です。

台風で何か飛んできた際にできてしまった傷のようです。通常の傷ではありませんので、保険会社に台風被害による傷という認定がされるかがポイントとなります。

台風被害にる樋の破損
カーポートのテラス樋も割れてしまっています。
この不具合も台風被害によるものですので、火災保険対象になります。

こちらの事例の詳しい内容→忠岡町にて台風の強風で外壁と雨樋被害の調査 火災保険希望

事例②台風による外壁の傷に外壁塗装を実施

台風被害による外壁の傷
こちらも台風被害により、外壁に傷ができてしまった事例です。

なにか固いものが飛んできて壁にぶつかった様な跡があります。表面のリシンの塗膜がめくれ下地のサイディングボードが見えています。

台風被害のあったお住まい全体
お住まい正面2箇所に台風による傷がありましたので、正面部分の足場代・補修費・塗装費用が火災保険適用ができました。
残り3面がお客様の費用ご負担となりましたが、工事全体の金額の約3割近くを火災保険でカバーすることができたので、かなりの費用負担軽減になりました。

こちらの事例の詳しい内容→高石市にて台風21号の際に外壁に傷が出来たので保険で塗装工事
施工事例→高石市で台風で傷のついた外壁を保険利用で補修後ラジカル塗装

火災保険を利用する為の具体的な方法

火災保険申請のフロー

それでは実際に火災保険を利用する為の、流れをご紹介していきます。お客様でして頂く箇所を太字にしております。

  1. 自然災害でお住まいの破損が発覚
  2. 業者へ連絡して、破損箇所の点検・調査
  3. 工事が必要であれば、見積書を提示してもらう
  4. 保険会社に連絡して、必要な書類を教えてもらい準備する
  5. 保険会社に書類の提出
  6. 保管会社の鑑定人が自宅調査を行う
  7. 調査後、確定した保険金を受け取り

つまり、お住まいの被害が発覚してからお客様にはご加入の『保険会社』への連絡と、火災保険の申請経験がある『工事業者』との2つにまずご連絡をして頂く必要があります。

火災保険の必要書類

火災保険を申請するに必要な書類は主に3つです。

  1. 保険会社からの書類(保険金請求書)
  2. 修理費用が分かる見積書
  3. 被害が分かる現状写真

保険会社からの書類はお客様ご自身で用意を頂くのですが、その他の見積書や写真などの書類は業者の協力が必要です。

だからこそ火災保険を申請する為には、火災保険の申請経験が豊富にある業者に連絡しておくと非常にスムーズなのです。

火災保険申請はお早めに

自然災害ですと他のお住まいも同様の被害を受けられていることから業者への問い合わせも混雑して、現地調査まで時間がかかることが予測されます。
その為にも早くお住まいの損害に気づき、いち早く保険会社と業者に連絡することが大切です。

早く連絡することが大切な理由は他にもあり、火災保険を申請できるのは被害を受けてから3年以内と保険法で定められております。
被害を受けてから年月が経つと自然災害による破損なのか、経年劣化により破損か判別がつかなくなる為、早く気づき申請をすることが重要なのです。

火災保険を利用すると保険料は上がる?

火災保険を利用したからといって、保険料が高くなることはありませんのでご安心下さい。

どうしても自動車保険をイメージすると等級によって割引率が変わるので、保険を使う=翌年の保険料が上がるという印象を持たれがちですが、火災保険には等級という考え方がないので保険料も一定です。

もし保険料が上がってしまうとすれば、災害が多発して保険会社側の商品の見直しによるものが考えられます。しかしこういった場合は稀で、あったとしても保険会社から事前に連絡がありますのでご安心下さい。

申請ごとに保険会社の審査期間が必要なので、お住まいの不具合をまとめて申請できるようにも信頼できる業者への依頼がおすすめです。

外壁塗装で火災保険を活用に関するまとめ

  • 火災保険は”火災”だけでなく台風、洪水、落雷、大雪などの自然災害による現状回復を目的とした工事に適用。
  • 自然災害による現状回復に必要な工事全てに適用される。
  • 火災保険の補償内容通りの工事を行う必要はなく、保障範囲外の+αの工事費用を負担すれば、通常通り外壁塗装を依頼するときよりもトータル費用を抑えることができる。
  • 火災保険は被害を受けてから3年以内に申請しなければならない。
  • 火災保険は何度利用しても保険料は一定。

無料点検・無料見積りをご活用下さい

南大阪ペイントセンターでは、火災保険を活用して外壁塗装を行った数多くの実績があります。

もちろん担当営業マンも、火災保険の申請に精通しておりますので、お困りのことは何でもご相談頂ければ幸いです。
又、火災保険の調査、見積りに限らず、火災保険を使用されない場合の点検、事前見積りも全て無料でさせて頂いております。

火災保険活用のご相談はもちろん、外壁のお悩みやお困りごともお気軽にご相談をお待ちしております。

こちらの記事もご参考下さい

無料点検・無料見積りのご案内
オンライン無料相談【コロナ対策】
外壁塗装・屋根塗装の料金一覧
外壁塗装の費用相場

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912