外壁塗装の時期は10年に一度が目安!劣化症状から緊急度チェック

外壁塗装の時期は10年に一度が目安!

「外壁塗装はいつすれば良いの?」

「目立った症状はないけど外壁塗装は必要なの?」

「外壁塗装に向いている季節はあるの?」

以上のような疑問はございますでしょうか。

結論!外壁塗装は10年に一度を推奨しています。

なぜ、10年に一度の塗装が必要なのか。その理由を詳しくご紹介いたします。

当コラムでご紹介する内容
  • 外壁塗装は10年に一度が目安の理由
  • 劣化症状から判断する塗装時期の緊急度
  • 1年の中で塗装おすすめの時期は特にない

外壁塗装の時期を適切に判断し、安心して生活できる寿命の長い住宅にしていきましょう。

無料相談を依頼する

外壁塗装の時期は10年に一度が目安!

外壁塗装の時期が、10年に一度を推奨するには理由があります。

なぜ、10年に一度が目安なのかを詳しくご紹介いたします。

塗料の耐久性が10年を目途に低下する

塗料のグレード別耐用年数

塗料のグレードによって耐用年数は異なりますが、10年を過ぎると徐々に耐久性が低下してきます。

色褪せが目立ってきたと感じた時は、外壁が劣化し始めたサインになります。紫外線や雨風の影響を受け、保護機能を失ってきているのです。

フッ素塗料や無機塗料は耐用年数が長い為、10年経っても大丈夫な可能性もあります。しかし、グレードの高い塗料の耐用年数は長いですが、住宅の立地環境などの外的要因によって耐用年数は左右されてしまいます。外壁塗装の時期は10年に一度が目安と考慮されるといいでしょう。

グレードの高い塗料を使用していても外壁の劣化を確認したら、耐用年数に拘らず補修を行うのが重要です。

補修費用が10年を超えると高くなる

補修費用が10年を超えると高くなる

前回の補修から10年以上経過すると、補修費用が高くなる可能性があります。10年を超えても外壁塗装を施工していないと劣化が進行し、劣化症状によって費用がかさんでしまうからです。

10年と20年の外壁塗装の見積書を比較したので見ていきましょう。

▼10年で外壁塗装した見積書▼

10年で外壁塗装した見積書

詳しい内容はこちら>​​​

コーキング工事や防水の為のトップコートを施工していますが、こちらは10年の経過とともに必要な工事になります。劣化の進行による大きな補修工事は必要なく、外壁塗装を施工できています。

▼20年で外壁塗装した見積書▼

20年で外壁塗装した見積書

詳しい内容はこちら>​​​

ひび割れによる補修工事や板金カバー工事など、20年の経過とともに劣化が進み大きな補修工事が必要になっています。

以上のように、外壁塗装は劣化が進行すると塗装費用が高くなる可能性があると言えるのです。補修内容は劣化によって様々ですが、10年に一度を目安に補修を考慮いただくとコストを抑えることができるかもしれません。

塗装が2回目・3回目でも10年が目安

塗装が2回目・3回目でも10年が目安

外壁塗装が2回目の塗装でも3回目の塗装でも、10年に一度が外壁塗装の目安になります。

住宅は年数が経過すると劣化していきます。1回目より2回目、さらに3回目の外壁塗装と回を追うごとに必要な補修が増える可能性があります。

1回目の外壁塗装より2回目・3回目の外壁塗装の方が、10年に一度が目安と意識する必要があるかもしれません。築年数を重ねることで、1回目の外壁塗装より2回目・3回目の方が費用が高くなる可能性があると留意いただきたいと思います。

外壁塗装の2回目について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考になさってください。

外壁塗装は2回目の費用が高くなる!その理由と注意点をご紹介​​​

劣化症状から塗装時期の緊急度は?

外壁塗装の時期について、劣化症状からも判断していただくのが可能です。

劣化症状によって緊急度をご理解いただくと、外壁塗装すべきか判断する基準になるでしょう。

劣化症状から見る外壁塗装の緊急度
  • 外壁に大きなひび割れがある(緊急度:★★★★★)
  • コーキングの剥がれ・亀裂(緊急度:★★★★★)
  • 塗膜の浮き・剥がれ(緊急度:★★★★★)
  • 外壁に細かなひび割れがある(緊急度:★★★★)
  • チョーキング現象(緊急度:★★★)
  • 色褪せ(緊急度:★★★)

それでは、詳しくご紹介していきます。

外壁に大きなひび割れがある(緊急度:★★★★★)

外壁に大きなひび割れがある

外壁に0.3mm以上の大きなひび割れ(構造クラック)があると、緊急度が高い劣化症状になります。

名刺や紙のポイントカードが0.3mmに近いので、住宅の外壁にひび割れを発見したら確認してください。名刺が入るひび割れの場合は、住宅に大きな影響を及ぼす危険な構造クラックの可能性があります。放置しておくとカビの繁殖や雨漏りの原因になり、住宅の構造バランスにも影響が出るかもしれません。

外壁の大きなひび割れは住宅の緊急事態であると認識いただき、塗装業者に点検を依頼し早期の補修を行いましょう。

外壁のひび割れについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考になさってください。

壁のヒビは幅と形で危険度チェック!ヒビ発見後に取るべき行動とは?​​​

コーキングの剥がれ・亀裂(緊急度:★★★★★)

コーキングの剝がれ・亀裂

コーキングに剥がれや亀裂があると、外壁塗装を早く行う必要があります。

コーキングは紫外線の影響によって徐々に縮み、剥がれや亀裂が起こる原因になります。コーキングが劣化すると目地から雨や湿気が侵入し、防水性が保てなくなってしまうのです。

コーキングの劣化が原因で雨や湿気が外壁の内部に溜まり、外壁材を外へ押し上げて浮いてしまう可能性もあります。

外壁の浮き

コーキングの劣化は外壁にも影響を及ぼす恐れがあると留意いただき、早期の補修をお願いいたします。

コーキングについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考になさってください。

コーキングとは外壁の継ぎ目の事!シーリングも同じ意味です​​​

塗膜の浮き・剥がれ(緊急度:★★★★★)

塗膜の浮き・剥がれ

塗膜に浮きや剥がれの症状がある場合は、緊急度が高いので早期に外壁塗装をする必要があります。

塗膜の浮きや剥がれが原因で雨水や湿気が侵入し、外壁が保護されず耐久性が低下してしまいます。そのまま放置しておくと外壁にカビなどが繁殖し、雨漏りの原因になる可能性があります。

浮きや剥がれは時間の経過とともに広がっていきます。気づいたときには広範囲に発生し、大掛かりな補修工事が必要になるかもしれません。

住宅の保護やコストを抑える為に、緊急度が高い劣化症状であると留意いただきたいと思います。

外壁に細かなひび割れがある(緊急度:★★★★)

外壁に細かなひび割れがある

0.3mm以下のひび割れ(ヘアークラック)がある場合は、外壁塗装をお考えいただきたいと思います。

ヘアークラックが非常に小さく外壁の表面に凹凸がなければ、緊急度は低いかもしれません。しかし、ヘアークラックが広範囲に発生していると、外壁内部の構造に影響を与える可能性があります。現状は細かなひび割れでも、放置しておくと大きな構造クラックになる危険性があるのです。

ヘアークラックの緊急度の見極め方
  • ヘアークラックが非常に小さく外壁表面に凹凸がない⇒要観察
  • ヘアークラックが広範囲に発生している⇒外壁塗装必要

細かなひび割れだからと放置せずに、軽い劣化症状から外壁塗装を考えるきっかけにしていただきたいと思います。

チョーキング現象(緊急度:★★★)

チョーキング現象がある外壁

外壁表面に白い粉が吹いた状態をチョーキング現象と言います。外壁を触った際に手のひらが白くなるのは、外壁塗装が必要なサインになります。

紫外線や雨風の影響で塗膜に白い粉が吹き、症状が進行すると外壁の剥がれを引き起こす可能性があります。そのまま放置しておくと、外壁に付着しているカビやコケの発生を促進する場合もあるのです。

住宅の耐久性を確保する為にも、チョーキング現象を確認したら外壁塗装の時期が来たと考慮いただきたいと思います。補修箇所が少なく塗装費用が抑えられる時期のメンテナンスをおすすめいたします。

色褪せ(緊急度:★★★)

色褪せ

色褪せは防水機能が低下し外壁が無防備な状態になっているサインです。住宅の防水性を向上する為に外壁塗装が必要になってきます。

色褪せは紫外線が原因で発生します。色褪せが発生すると塗膜が剥がれ、ひび割れや雨漏りのリスクが大きくなります。

塗料グレードや住宅の立地環境によって異なりますが、10年を目安に徐々に色褪せが起こってきます。色褪せが始まれば住宅の劣化が進んでいるのだと認識いただき、緊急度が高くなる前に外壁塗装をお考えいただければと思います。

1年の中で一番おすすめの時期は特にない!

1年の中で一番おすすめの時期は特にない!

外壁塗装は1年の中で一番おすすめの時期は特にありません。

気候の良い時期でも雨が降って工期が延びる場合や、梅雨なのに雨が降らなくてスムーズに進む場合もございます。その為、どの季節が外壁塗装にとってベストシーズンかは決まっていません。

外壁塗装はおすすめの時期を気にするのではなく、どの季節にも対応できる塗装業者を選ぶのが大事なのです。施工実績が多く口コミの評価が高い業者を選ぶと、充実した施工管理で外壁塗装を施工するでしょう。

南大阪ペイントセンターでは、施工いただいたお客様からGoogle口コミ100件の★4.9の高評価を頂いております。どの季節の外壁塗装でもご満足いただける施工を行っておりますので、頂いたお客様の声を参考になさってください。

まとめ

外壁塗装の時期は10年に一度が目安になっています。使用する塗料グレードや立地環境によって異なりますが、外壁塗装を考える基準にしていただきたいと思います。

外壁塗装が10年に一度の理由
  • 塗料の耐久性が10年を目途に低下する
  • 補修費用が10年を超えると高くなる
  • 2回目・3回目の外壁塗装でも10年に一度が目安

外壁塗装は劣化症状による緊急度を見極めることで、塗装時期を判断するのも大事になります。緊急度が高い場合は、前回の塗装から10年経っていない場合でも早期のメンテナンスが必要です。

外壁塗装は、1年の中で一番おすすめの時期は特にございません。施工実績や口コミの評価が高い塗装業者に依頼し、季節に関係なく適切な施工を行ってもらう必要があるのです。

南大阪ペイントセンターでは、季節に関係なくご満足いただける施工を行っております。ぜひ一度、お問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談

LINEからのお問い合わせ・ご相談​​​

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ