大阪市住吉区にて外壁塗装の見積もり点検を実施

大阪市住吉区の外壁塗装の見積もり(大和ハウス施工の築20年住宅)

ページの概要
大阪市住吉区の築20年住宅(大和ハウス施工)に外壁メンテナンスの無料点検に伺った内容を掲載しています。
点検後のご提案内容お見積もりもご紹介させていただきます。


皆さま、こんにちは!

外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

大阪市住吉区の大和ハウス施工の戸建て住宅(築20年)にお住まいのお客様からのご相談です。

▼ご相談のきっかけを伺いました▼

「築年数的にそろそろ塗り替えを検討している。ハウスメーカー施工のご近所さんから以前に南大阪ペイントセンターに外壁塗装をしてもらったと聞いたので今回連絡をさせてもらいました。」

ご都合のいい日程をお聞きしてさっそく点検に伺わせていただきました。
雨漏り被害などのお困りはないとの事で、点検後にご提案した内容は以下のとおりです。

▼点検後のご提案内容▼

・外壁塗膜の劣化→外壁塗装、コーキング工事
・付帯部の痛み→付帯塗装と補修(軒天、雨樋など)
・ベランダ波板の交換
・駐車場の鉄部塗装(防錆塗装)
・屋根は塗装ができないアーバニーのため、板金塗装のみ実施
(次回塗り替え時に屋根カバー工法をご提案)

こちらのブログでは無料点検の内容とともにご提案内容お見積もり金額もご紹介させていただきます!

目次

大阪市住吉区にて外壁塗装の見積もり点検

大和ハウス施工の住宅に外壁塗装の見積もり点検訪問

見積もり点検に伺った住宅の概要

住宅メーカー 大和ハウス
築年数 約20年
ご相談のきっかけ 築年数的にメンテナンスをご検討
外壁材 ALCスタッコ仕上げ 
屋根材 スレート瓦(アーバニー:旧クボタ製)

コーキングの増し打ちが必須なALC外壁

ALC外壁の目地のひび割れ
目地のコーキングがひび割れているように見えますが、そこまで深刻な劣化ではないのでご安心ください。
理由としてはALCの目地は深いので、写真のひび割れですと塗膜表面だけが割れている軽微な症状の可能性が高いです。

今は塗膜表面だけのひび割れでも、経年劣化とともに目地深部までひび割れてくるのでALCにはコーキング工事が必須なのです。
目地のコーキングの痛みも軽微ですし目地の溝も充分確保されているので、コーキング増し打ち工法をご提案させていただきました。

2回目のコーキング工事は溝がなくなっているので、コーキングの撤去打ち替え工法が必要になるでしょう。

関連ページ

ALC外壁メンテナンスで寿命を維持

大和ハウス施工の外壁の外観
ALCは断熱・遮音・耐火性に優れており、約50年もの寿命と言われています。
しかしそれは塗装などの定期的なメンテナンスあっての寿命ですので、この機会に外壁塗装でメンテナンスをしてあげましょう。

点検で感じる築20年の外装の痛み

応急処置をした軒樋
軒樋の痛みは応急処置をされた跡がありますね。
こちらも補修をして塗装をすることで、機能性・美観性が復活しますのでご安心ください。

鉄部が錆びたカーポート
鉄製のカーポートは所々サビがありますね。

鉄部を覆う塗膜が剝がれるとどんどんサビてしまうので、サビを防止する防錆塗装でメンテナンスをしてあげましょう。

補修が必要な軒天
軒天もボードの浮きがわずかに見られます。

軒天の補修をして、今後の耐久性を維持するためにも軒天も塗装をしてあげるといいでしょう。

劣化が進んだベランダ波板
ベランダの波板は劣化とともに割れや破損が目立ちます。
傷んで脆くなった波板は台風や強風の影響で、劣化が急激に進んで最悪飛散するといったケースがあります。
そうなると二次被害は免れないでしょう。

安全性や今後の耐久性を考えて、この機会にポリカーボネート素材の波板への交換がおすすめです。

屋根は塗装ができない旧クボタ製のアーバニー

ドローンで屋根全体の点検
ドローンで屋根の状態も調査します。

アーバニーの屋根
こちらの屋根はアーバニー(旧クボタ製)。

残念ながらこの屋根はとある事情から販売期間が非常に短く、塗装に適さない屋根なのです。

その理由は屋根塗装をするときにタスペーサーという器具を差し込むのですが、アーバニーにタスペーサーを差し込むと亀裂が入り割れてしまいます。
しかしタスペーサーを差し込んで塗装をしないと、雨水の逃げ道が塞がり雨漏りが発生します。

つまりアーバニーにはそういった事情があることから、販売期間が短く塗装ができない屋根なのです。

関連ページ
 

アーバニーは塗装ができない
ではこのまま屋根のメンテナンスをせずに見過ごすのか?ということではなく、色んなメンテナンスの選択肢があるのでご安心ください。

こちらの住宅の場合、屋根基礎内部までの痛みは進行していないことから屋根カバー工法がおすすめです!

屋根カバー工法は現状の屋根の上に新しい屋根を載せて覆う工事です。

廃材撤去費がかからず既存の屋根の基礎を活かせるので…

・屋根基礎までは傷んでいない(屋根から雨漏りはしていない)
・屋根表面のみメンテナンスで対応可能

この2点の条件があてはまるので、コスト削減という点でもこちらの住宅には屋根カバー工法がピッタリなのです。

こちらのお住まいの屋根カバー工法は約160万円する高額な工事です。今回は屋根工事を見送られるとのことでしたが、今後の為にお見積もり書を提出させていただきました。

関連ページ
 

アーバニーの塗装は不可だが板金は塗装可能
今回は屋根塗装ができないアーバニーですが、雨水の侵入を防ぐ役割の板金は塗装ができます。

板金にサビ止めを塗布して劣化を防ぎ今後の雨漏り防止にも繋がるので、次回カバー工法をされるまでのメンテナンスとしては一番いい方法でしょう。

見積もり点検のご提案内容のまとめ

点検後のご提案内容

  • 外壁塗膜の寿命(約10年)が過ぎているので外壁塗装で塗膜の防水性を復活
  • ALCは目地が多いのでコーキング工事で家全体のメンテナンス
  • 雨樋、雨戸、幕板、軒天などの各部位の補修と塗装
  • 鉄製のカーポートに防錆塗装(サビ止め)
  • ベランダ波板はポリカーボネートへの交換
  • ベランダ防水の劣化は軽度ですので次回メンテナンスに見送られてもいいでしょう
  • 屋根のメンテナンスは次回塗り替え時期に屋根カバー工法がおすすめ

以上のご提案をさせていただきました!

外壁塗装のお見積もり内容

足場仮設費用などの共通工事をすべて含んだ工事金額は約175万円~205万円(税別)の見積もり金額になりました。

この金額幅はお客様が選択される塗料のグレードによって異なります。実際は㎡数や単価などを詳しく明記した合計4プランのお見積もり書をご提示しています。

お見積もり内容にご納得され外壁塗装のご成約

大阪市住吉区の大和ハウス施工の住宅
ご提案内容やお見積もり内容に大変ご納得されて今回ご成約となりました。

▼お客様に弊社を選んでいただいた理由を伺いました▼

「分かりやすく丁寧な説明と希望に見合った塗装料金だったことが決め手となりました。」

この度は南大阪ペイントセンターにご相談をいただき、誠にありがとうございます。

施工事例と施工後の写真は後日掲載しますのでお楽しみに(*^^*)

▼施工事例UPしました!▼

▼こちらのお客様アンケートのご紹介▼

大阪市住吉区近郊の外壁塗装の見積もり点検の事例集





お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談