柏原市で屋根のスレート瓦の破損がきっかけで塗装工事のお見積り相談

柏原市で屋根のスレート瓦の破損がきっかけで塗装工事のお見積り相談

ブログの概要
柏原市の戸建てにお住いのお客様より、屋根・外壁塗装工事のお見積りの依頼を承りました。
屋根のスレートが一部破損していたことに気付かれ、この機会に建物全体の塗装工事をご検討されています。

笑顔の女性
マナベ
こんにちは!
南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

 

当ブログでは柏原市で実施しました屋根・外壁点検とお見積りの内容を紹介しています。

無料相談を依頼する

スレートの破損がお見積り依頼のきっかけ

柏原市の戸建て住宅の概要

柏原市の戸建て住宅

築年数 16年
きっかけ スレートの破損
外壁 ALC(リシン仕上げ)
屋根 スレート瓦

弊社の口コミをご覧になり、ホームページのお問合せフォームよりご連絡をいただきました。

現調時のお客様アンケート

現地調査を実施するにあたりお客様からアンケートを頂戴してヒアリングをいたしました。

他社へも相見積もり済みで、屋根の補修だけではなく築年数的に建物全体の塗装工事も検討されています。

まずはお住いの状態を点検してから、どのような工事がなんのために必要かをしっかりとご説明いたします!

破損したスレート瓦の屋根とALC外壁の調査

スレート瓦の点検

スレート瓦のドローン点検
まずは破損した屋根からドローンで調査をします。
屋根材であるスレート瓦は非常に薄いので、屋根に直接登ると重みで瓦を割ってしまう可能性があります。

そのためドローンでできるだけ近くを撮影します。

スレート瓦が破損した屋根
スレート瓦が一部なくなっていることが分かりますね。

瓦の隙間から水色のルーフィングシート(防水シート)が見えてしまっています。
屋根は瓦の下に必ず防水目的でルーフィングシートが設置されているので、瓦が一部なくなったからといってすぐに雨漏りするわけではありません。

ですがルーフィングシートが紫外線に直接当たることによってシートが劣化しやすくなり、万が一ルーフィングシートが破けてしまうと雨漏り被害に直結します。

そのため、瓦のなくなった部分は新しいスレート瓦を取付ける必要があります。

欠落したスレート瓦
こちらは欠けてしまったスレート瓦です。

スレート自体も割れてしまっており、こちらを再度屋根に使用することは難しいです。
そのため破損した部分だけ新品のスレート瓦を取付けるご提案をいたしました。

スレート瓦の調査
スレート瓦の防水性は塗装依存ですので、屋根塗装でのメンテナンスが必要です。

スレート瓦は工場出荷時にあらかじめ表面に塗装で防水加工がされていますが、約10年で塗装の寿命がきてしまい防水効果が失われていきます。

美観を維持するといよりは、スレート瓦を長持ちさせるためにも屋根塗装をした方が良いでしょう。

ALC外壁の点検

ALC外壁
外壁のALCも屋根同様に防水性は塗装によって維持されているので、塗装工事が必要です。
塗膜の寿命は約10年で現在築16年ですので既に塗装による防水性が失われていることが窺えます。

ALCの目地
外壁がALCの場合は目地のコーキング工事が非常に重要です。

理由は目地のコーキング工事を怠ってしまうと、外壁からの雨漏りに直結してしまうからです。
ALCは他の外壁材に比べると目地の長さが約1.5倍あり、その分目地からの雨漏りのリスクも高いのです。

加えてALCの下に防水シートが施工されていないので、目地のコーキングが劣化すると隙間から雨水が入り込み雨漏りになります。

ALCのコーキング
目地を近くで見てみましょう。

新築時にALCボードの隙間を埋めるようにコーキングが施工され、その上から塗装されています。

しかしよく見ると目地の塗膜表面がひび割れているのが分かりますか?

近くで見るALCの目地
ひび割れた隙間から、白っぽいコーキングの色が剥き出しになっていることが分かりますね。

ALCの場合はコーキングは塗膜に守られているので紫外線に直接晒されることがないので、サイディングなどの他の外壁材に比べると劣化しにくいです。

ですがコーキングも塗膜と同様に寿命があり、少しずつ硬化してひび割れていきます。
ひび割れから雨水が入り込んでしまうと雨漏りしてしまうので、目地の溝には新しいコーキングを施工する必要があります。

▼ALCのコーキング工事について詳しく解説▼
ALCのコーキング工事の工程と費用について

サッシ廻りのコーキング
コーキングは目地だけでなくサッシ廻りにも防水目的で施工されているので、サッシ周辺のコーキング工事もお見積りをいたしました。

ALCのリシン仕上げの塗膜
建築時にALC表面にはリシン仕上げの塗装が施されています。

リシン仕上げは細かな砂粒のデザイン性の高い塗膜ですが、細かな凹凸があることで汚れが溜まりやすい黒ずみが目立ちやすいのが特徴です。
塗膜表面に触れると、砂状になった塗膜が指に付きます。
塗膜の寿命が切れたサインでもあるので、ALC表面にはできれば防汚性に特化した塗装をしてあげた方が良いでしょう。

付帯部の点検

付帯部の点検
ALCやスレート瓦以外の部位も塗装できる素材の場合は塗装いたします。

具体的にはアルミやステンレス素材以外でしたら塗装が可能ですので、樋やシャッターBOXや雨戸も塗装可能です。

軒天には耐火性のある素材が使用されており、通常の外壁塗料を塗っても剝がれてしまいます。
そのためカチオン系の塗料で軒天や破風板に関しては仕上げる必要があるのです。

ベランダのFRP防水
ベランダにはFRP防水が施工されています。
FRP防水は浴槽や公園の遊具にも使用されているくらい、強度と耐久性の高さが魅力です。

ですが経年とともに、FRP防水の表面のコーティングが剝がれていき、防水効果も薄れていいきます。
そこでFRP防水専用のトップコートを塗布することで表面が保護され、防水層が長持ちしてくれますよ。

塗装工事のご提案内容と見積り金額

お見積り内容

劣化部位 ご提案 理由
外壁(ALC) 外壁塗装 塗膜の劣化
屋根(スレート瓦) 屋根塗装・スレート瓦の取り付け 屋根材の破損と防水性維持のため
目地・サッシ廻り コーキング増し打ち コーキングの劣化
付帯部(雨樋・スリムダクト・雨戸・シャッターBOX・水切り・軒天・破風板・外塀・ベランダトップコート) 付帯塗装 美観の向上・防水性の維持のため

お見積り金額

※使用する塗料のグレードによって1㎡あたりの単価が異なるので、お見積り金額も塗料によって変動します。

塗料別見積もり案 見積もり金額(税抜き)
超高耐久HRC次世代塗料 ¥1,914,250
無機塗料 ¥1,579,800
超低汚染型シリコン塗料(屋根:遮熱フッ素) ¥1,457,800
超低汚染型シリコン塗料(屋根:遮熱シリコン) ¥1,355,400
ラジカルシリコン塗料 ¥1,256,000

すべての共通工事や工事内容を含んだ合計のお見積り金額です。

見積りの内容や営業担当のご説明にご納得いただけ、この度成約をいただきました。
お選びいただいた塗料のプランは「無機塗料」です。

完工後のお客様の声

お客様の感想(一部抜粋)
Q.いろんな業者さんがある中で、何が決め手となって私たちにご依頼くださいましたか?

A.塗装の工程の説明を丁寧にして頂けた事

この度は弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!
塗装工事後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。

▼施工事例UPしました(2023/9/6更新)▼

何か気になることやご不安があればお気軽にご相談いただけますと幸いです。

その他の柏原市の塗装工事の見積り事例

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ