高石市で外壁塗装(クリアー塗装)を実施した事例

外壁塗装 コーキング打ち替え
高石市
Before
施工前
After
施工後
施工地 高石市 築年数 13年
価格 116万円 工事期間 18日間
塗料名 日本ペイント UVプロテクト4Fクリアー 塗料種別 シリコンクリアー
面積 167m2 カラー 透明(ツヤ有)
塗料名 関西ペイント アレスクール2液F 塗料種別 遮熱フッ素
面積 58m2 カラー アンティークブラウン

高石市の築13年にお住まいのお客様より、外壁塗装のご依頼を賜りました。

外壁塗装をご依頼されたきっかけ

今回外壁塗装をご依頼されたきっかけをお客様に伺いました。
『築13年なので、そろそろ時期的に外壁塗装を検討した』とのお申し出通り、外壁塗装の目安は約10年と言われております。

以前にされた外壁塗装で耐久性の非常に高い塗料などを選択された場合は一概に10年が目安とは言えませんが、今回のお住まいは初めての外壁塗装です。

外壁塗装に使用される塗料は平均して約10年程で耐用年数を迎え、塗料がもつ外壁の保護機能が失われていきます。
塗料がもつ保護機能が失われると、外壁に雨水が染み込んでしまったり、ひび割れてしまったりとお住まいの寿命を縮めかねない症状がおきることも。
できればそういったお住まいの症状がおきる前に、早目の外壁塗装がおすすめなのです。

外壁塗装前の現地調査

外壁塗装前の全体像
外壁塗装前のお住まい全体の様子

まずは外壁塗装前のお住まい全体の様子です。
レンガ調サイディングボードを活かしたとてもおしゃれな外観ですね。


ひび割れたコーキング

レンガ調サイディングボードの継ぎ目の隙間を埋めるコーキングと呼ばれる、ゴムの様な素材。
こちらが劣化してひび割れている様子が分かりますでしょうか?

コーキングが剝がれた外壁
剝がれたコーキング

こちらはコーキング自体が捲れてしまっていますので、しっかりとコーキングの打ち替え工事も実施して行きます。

高石市にて外壁塗装工事の開始

現地調査をさせて頂いた結果、コーキングの不具合以外大きな問題は見受けられませんでした。

外壁塗装を行う前に、まずは劣化したコーキングを新しいものに打ち替えを行います。

コーキング打ち替え工事

コーキング充填前のプライマー塗布
コーキング充填前のプライマー(接着剤)塗布

既存のコーキングを剥がして、新たなコーキング充填する準備としてプライマー(接着剤)を塗布します。

コーキング充填
コーキング充填

新たにコーキングをたっぷりと打ち込みます。

コーキング充填完了
コーキング充填完了

コーキングを押さえて均し、養生を外して完成です。
新築時よりもコーキングが少しはみ出ていますが、新たにコーキングを打ち替える際は元々あったコーキングの箇所よりも外側に被せるように打つことで、早期剥がれや割れの防止になるのです。

高圧洗浄工事

屋根の高圧洗浄工事
屋根の高圧洗浄

外壁の高圧洗浄工事
外壁の高圧洗浄

外壁自体は非常に綺麗な状態でしたが、高圧洗浄は外壁塗装前に必ず行います。

その理由は少しでも汚れや埃などの付着があると、塗料の密着が悪くなってしまいます。

クリアー塗料による外壁塗装

外壁のクリア塗装中塗り
クリアー塗装による中塗り

ローラーで塗料を塗っていきます。クリアー塗装には下塗りはありません。

外壁のクリア塗装上塗り
クリアー塗装による上塗り

仕上げの上塗りを行い、塗膜に厚みを持たせて長持ちさせます。

今回は艶ありのクリアーで施工させて頂きましたので、光沢感のある新築当時の艶が蘇りました。
クリアー塗料には艶ありの他に、3分艶や艶なしもお選び頂きますので、クリアー塗装をご検討の方は是非ご相談下さい。

付帯塗装

雨樋塗装前のケレン作業
雨樋塗装前のケレン作業

外壁以外の箇所も塗装を行います。
こちらは雨樋を塗装している様子をご紹介します。

まずは雨樋表面を研磨して細かい傷を付けて表面積を増やします。研磨することで塗料の密着を良くしてくれる作用があります。

弱溶剤シリコンによる雨樋塗装
弱溶剤シリコンによる雨樋塗装

研磨をして塗装面の下処理を終えたら、弱溶剤シリコンを塗っていきます。

塗装前の軒天
塗装前の軒天

軒天の塗装を行います。
クリアー塗装をした外壁に塗料がつかないように、しっかりと養生を行います。

軒天の中・上塗り
軒天の中・上塗り

軒天塗装の完成
軒天塗装の完成

養生を外して、完成です。

屋根塗装

屋根の下塗り
スレート屋根に下塗り

屋根塗装を行います。事前に高圧洗浄で屋根に積み重なった汚れを取り除いてから、下塗り塗料を塗布します。

スレート屋根にタスペーサー挿入
スレート屋根にタスペーサー挿入

スレート屋根材同士の間にタスペーサーと呼ばれる器具を挿入して隙間を確保します。

このまま塗装を行うとスレート屋根の隙間が塗料で埋まってしまい、雨水の逃げ道がなくなり屋根材に雨水が溜まってしまいます。
そうなってしまうと雨漏りに繋がったり、屋根下地の腐食の原因にもなるので必ずスレート屋根には適切な隙間が必要なのです。

屋根の中・上塗り
スレート屋根に中塗り

タスペーサーの挿入してから、中塗りを行います。

屋根塗装の完成
屋根塗装の完成

仕上げに上塗りを行い、完全に乾燥したら完成です。

外壁塗装工事完成の様子

Before

外壁塗装前の全体像
外壁塗装前のお住まい全体

After

外壁塗装後の全体像
外壁塗装後のお住まい全体

全ての外壁塗装工事が完成しました!

外壁塗装前も充分綺麗な外観でしたが、クリアー塗装を行うことで光沢感のある新築のような外観に生まれ変わりましたね。

外壁塗装前のコーキングのひび割れ箇所
外壁塗装前

ひび割れていたコーキングも…

外壁塗装後に修復されたコーキングのひび割れ
外壁塗装後

コーキングに打ち替えと、クリアー塗装をすることで無事に改善されました!

新築時のコーキングは上から塗料を塗ることなく剥き出しの状態の為、一般的に劣化が早いと言われています。
しかし今回の外壁塗装でコーキングの上からクリアー塗装を行ったので、以前よりもコーキングは長持ちすることでしょう。

外壁塗装前の捲れていたコーキング
外壁塗装前の捲れたコーキング

外壁塗装後に改善されたコーキング
外壁塗装後の様子

こちらも捲れていたコーキングを打ち替えました。
クリアー塗装の光沢感のいならず、雨樋も艶々に塗装されているのでお住まい全体の美観が蘇りましたね。

クリアー塗装による外壁塗装は築10年を目安におすすめします。
 それ以上経過してからですと、外壁自体のひび割れや色褪せなどの劣化が進む可能性がある為、どうしても無色透明のクリアー塗装ではカバーをすることが難しくなってしまうからです。

今回は築13年ということもあり、外壁自体にほとんど痛みはなく、レンガ調の意匠性を残せるクリアー塗装はぴったりの施工方法だったと思います。
この度は南大阪ペイントセンターにご依頼を頂き、誠にありがとうございました!

高石市での外壁塗装ならお任せ下さい!

弊社の所在地は松原市ですが、泉北地域のお住まいも施工させて頂いております。
もちろん、高石市のお客様からのお問合せも数多くあります。

事前の点検調査~お見積り金額のご提示までを全て無料で実施しておりますので、お気軽にお問合せをお待ちしております。
又、『弊社で工事をして下さい』などのセールス活動は一切行っておりませんのでご安心下さい。

是非とも南大阪ペイントセンターの無料点検・無料見積りをご活用を頂ければ幸いです(^-^)

高石市の外壁塗装の事例

■高石市にて外壁塗装と屋根塗装をフッ素で住友林業のお家
■高石市にて外壁屋根共に、より効果の高い明るい色での遮熱塗装
■高石市にて築13年で大きな劣化になる前に早めの外壁屋根塗装

こちらのページもご参考下さい

無料点検・無料見積りのご案内
サイデイングの柄をそのまま残すなら【クリアー塗装】がおすすめ

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912