和泉市にて塗り替え工事を実施

外壁・屋根塗り替え コーキング打ち替え
和泉市
Before
施工前
After
施工後
施工地 和泉市 築年数 20年
価格 115万円 工事期間 16日間
材料名 関西ペイント アレスダイナミックTOP 材料種別 ラジカルシリコン
面積 199m2 カラー KP-50
材料名 関西ペイント アレスクール2液SI 材料種別 遮熱シリコン
面積 96m2 カラー アイビーグリーン

和泉市にて築20年のお住まいに塗り替え工事を実施させて頂いた事例をご紹介します。

塗り替え工事ご依頼のきっかけを伺いました

20年前に新築で建てられて以来、一度も塗り替え工事をされたことがなかったこちらのお住まい。

特に雨漏りなどのお困りもないとの事でしたが、
「築年数的にもそろそろだし、何より屋根の劣化の様子が見えないので気になる」とのお声を頂戴し、現地調査を開始しました。

塗り替え前の現地調査の様子

塗り替え工事前のお住まい全体
塗り替え前のお住まい正面

淡い色味が非常に上品な印象を受けるこちらのお住まい。
築20年を感じさせない美しさですね。

塗り替え工事前のお住まい反対側
塗り替え前のお住まい反対側

お住まい反対側に面しているのは広い敷地の駐車場の為、どうしても外壁に汚れが付着しやすいです。
せっかくの綺麗にお住まいの外壁に、所々汚れが見受けられます。

外壁のひび割れたコーキング
外壁のひび割れたコーキング

外壁に使用されているのはサイディングボードというパネル状の外壁材です。
それを繋ぎ合わせて外壁を形成するのですが、その継ぎ目にはコーキングと呼ばれるゴムのような素材が必ずと言って良いほど埋め込まれています。

しかしコーキングの寿命は約10年程で紫外線や雨などの影響でひび割れが発生し、ひび割れの隙間から雨水が侵入してしまう恐れがあります。
塗り替え工事と共に、コーキングも新たに打ち替えを行います。

塗り替え工事前のスレート屋根の様子
塗り替え前の屋根の様子

こちらのお住まいに使用されているのはスレート屋根です。
スレート屋根は軽く耐震性が高い反面、素材自体が薄いセメント板なので割れやすくひびが入りやすいです。

その為、屋根の塗り替えでスレート材を再コーティングしてあげることにより、屋根の寿命を延ばしてあげる必要があります。

塗り替え工事の様子をご紹介します

塗り替え工事の流れをご紹介しますと、

  • 足場仮設
  • コーキング打ち替え
  • 高圧洗浄
  • 外壁の塗り替え
  • 屋根の塗り替え
  • 付帯部の塗り替え
  • 最終点検
  • 足場解体

という流れです。
外壁と屋根の塗り替えはほぼ同時進行で行います。

コーキング打ち替え

既存のコーキングを剥がす
ひび割れた既存のコーキングを剥がす

ひび割れたコーキングは新たに打ち直しが必要です。
上から打つだけでは十分な量のコーキングを打ち込むことが出来きない為、古いコーキングを撤去します。

コーキング打ち替え前のプライマー塗布
コーキング打ち替え前のプライマー(接着剤)塗布

既存のコーキングを撤去し、目地内部の汚れを取り除きます。
コーキングと外壁の密着を良くする為にプライマーという接着剤を塗布します。

コーキング材充填
コーキング材充填

コーキングガンでたっぷりとコーキング材を打ち込みます。

コーキング打ち替え完了
コーキング打ち替え完了

ヘラで平らに均して、養生を外したら完成です。

塗り替え前の高圧洗浄

屋根の高圧洗浄
屋根の高圧洗浄

屋根の高圧洗浄をすることで、元々の屋根の色が見えてきました。
こうしてみると長年の汚れが蓄積されていたことが分かりますね。

外壁の高圧洗浄
外壁の高圧洗浄

業務用の高圧洗浄機はガソリンを燃料とするので約150kgもの圧力で洗浄することが可能です。
汚れだけでなく古い塗膜なども徹底的に洗い流すことで、塗料の密着を格段と長持ちさせることができるのです。

外壁塗り替え

外壁の下塗り
外壁の下塗り

高圧洗浄で下準備を終えるといよいよ塗装の工程に入ります。
外壁の塗り替えは下塗り→中塗り→上塗りの3工程を基本とします。

こちらは下塗りの工程です。

外壁の中塗り
外壁の中塗り

続いて外壁の中塗りです。
中塗りと上塗りは同じ塗料を使用するのがほとんどです。しかし全く同じ色ですと塗り残しの心配がありますよね。

外壁の上塗り
外壁の上塗り

そこで仕上げの上塗りと中塗りは若干の色変えをして塗り替えを行います。
そうすることで、塗り残しを徹底的に防ぐことが出来るのです。

屋根の塗り替え

屋根の下塗り
屋根の下塗り

続いて屋根の塗り替えの様子をご紹介します。
屋根も外壁と同様に下塗り→中塗り→上塗りを基本としますが、1つだけ大きく違う点があります。

スレート屋根にタスペーサー挿入
屋根の下塗り後にタスペーサー挿入

屋根と外壁の塗り替えで大きく違う点は下塗り後の『縁切り』と呼ばれる作業です。
弊社ではスレート屋根の縁切りにタスペーサーという器具を挿入します。

縁切りとタスペーサーについて
屋根材同士には適切な隙間が必要です。
万が一、塗り替えの際に塗料で隙間が埋まってしまうと、雨水が逃げる隙間がなくなって屋根材に雨水が留まり雨漏りにつながりかねません
そこで屋根材同士に隙間を設ける『縁切り』と呼ばれる工程を行うことが必要です。しかし縁切りをカッターなどの手作業で行うと膨大な時間がかかり、その分費用も嵩みます。
その為、縁切りの工程では上記でご紹介したような『タスペーサー』と呼ばれる小さな器具を屋根材の隙間に等間隔で挿入していくのが、近年では一般的な縁切り方法です。

屋根の中塗り
屋根の中塗り

タスペーサーを挿入して縁切りを終えると、中塗りの工程に移ります。

屋根の上塗り
屋根の上塗り

仕上げに屋根の上塗りです。
こちらも外壁と同様に塗り残しを防ぐ目的に、色変えをして塗り替えを行います。

塗り替え工事完成の様子

塗り替え工事前のお住まい正面
塗り替え工事前のお住まい全体

塗り替え工事後のお住まい正面
塗り替え工事後のお住まい全体

お住まい全体の塗り替え工事が完了しました。

塗り替え工事前のお住まい反対側
塗り替え前のお住まい反対側

汚れが目立っていたお住まいの反対側も…

塗り替え後のお住まい反対側
塗り替え後のお住まい反対側

高圧洗浄でしっかりと汚れを取り去り、塗り替えを行ったことで全体的な美観が復活しましたね。

塗り替え前の変色した外壁
塗り替え前のテラス周辺の外壁

色褪せが見受けられた外壁も…

塗り替え後の変色が改善された外壁
塗り替え後のテラス周辺の外壁

以前よりも少し濃い目の色で塗り替えを実施したので、上品ながらも高級感のある印象がグレードアップしましたね。
もちろん雨樋などの付帯部も、本来の白色でしっかり塗り替えさせて頂きました。

塗り替え前のテラス
塗り替え前のウッドデッキ

塗膜の剥がれや劣化が見られた玄関前のウッドデッキは…

塗り替え後のテラス
塗り替え後のウッドデッキ

こちらもしっかりと白色で塗り替えをさせて頂きました。
玄関はお住まいの顔ですので、全体的な印象を左右する大事な箇所ですよね。

塗り替え後の屋根全体
塗り替え後の屋根全体の様子

屋根の塗り替えに使用したお色はアイビーグリーン。
寒色系の外壁の色と相性抜群で、より洗練された印象もぐっと高まりましたね。

お留守でも塗り替え工事は可能ですのでご安心下さい

今回初めての塗り替え工事で、ご不安に思われていた様子です。

お忙しいお客様で、塗り替え工事中はお留守にされることがほとんどでした。
ですが、お客様より「夜帰宅すると、いつもきっちり仕事をしてくれているのが分かる。真面目で丁寧な仕事ぶりが好感を持てた。」との嬉しいお言葉を頂けました。

もちろん日中お留守でも、きっちりと塗り替え工事の対応をさせて頂きますで、ご安心下さい。
この度は南大阪ペイントセンターにご依頼を頂き、誠にありがとうございました!

和泉市での塗り替え工事はお任せ下さい!

弊社では南大阪一帯の塗り替え工事を主に対応させて頂いています。

もちろん和泉市のお客様からも数多くのお問合せを頂戴しています。
塗り替え工事に限らず、お住まいに関することでしたら一度南大阪ペイントセンターに是非ご相談頂ければと思います。

もちろんご相談やお住まいの点検、お見積り金額のご提示は全て無料で実施しておりますので、お気軽に弊社の無料点検をご活用下さい。

和泉市での塗り替え工事の事例

和泉市にて屋根塗装【断熱塗料 ガイナ】の事例

和泉市のお客様宅の洗浄・塗装の下・中・上塗りの各工程をご紹介

和泉市にて外壁塗装と屋根塗装(フッ素)とウッドデッキの施工事例

こちらの記事もご参考下さい

はじめての塗り替え工事
塗り替え工事に必須の現地調査とはどういったことをするのか?

この現場に関するお客様の声

この現場に関するブログ

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912