松原市 サイディング外壁塗装工事で雨漏り予防!価格や工程を解説

外壁塗装
松原市
Before
施工前
After
施工後
施工地 松原市 築年数 約25年
価格 72万円 工事期間 10日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックTOP 塗料種別 ラジカルシリコン
面積 148m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約25年 工事期間 10日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックTOP 塗料種別 ラジカルシリコン
面積 148m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

こんにちは!
南大阪ペイントセンターキタヤマです

松原市サイディング外壁の外壁塗装

今回のこちらの記事では松原市にてサイディング外壁の外壁塗装をさせて頂きました様子を、雨漏りに繋がる注意したい劣化症状に沿ってお話していきたいと思います。

ご依頼のきっかけ
サイディングの目地(シーリング)が落下し下地が見えている状態であったため雨漏りが起こるのでは?!とご心配になられ点検のご依頼を頂きました。

目地の点検をさせて頂きました日に外壁など建物全体の様子も点検させて頂きましたところ、築年数も経過されておりチョーキング現象や汚れなどの劣化も発見されましたので同時に外壁塗装でのメンテナンスも実施させて頂きました。

 

 

目次

松原市にてサイディング外壁と付帯部塗装を実施

▼ご依頼いただいたお家のプロフィール

松原市 サイディング外壁塗装

【築年数】25年
【外壁材】サイディング
【実施メンテナンス】外壁 屋根 付帯塗装・シーリング打ち替え・ベランダトップコート

※上記表示価格は、共通工事費+外壁塗装費のみです。その他工事は含みません。
共通工事費=高圧洗浄費や足場仮設費のこと

放置厳禁!サイディング外壁の雨漏りに繋がる注意すべき劣化症状

「この状態の外壁って放っておいても問題はありませんか?」
「外壁の見た目は綺麗なんだけど築年数が経っているし心配」
「ご近所さんが先日外壁塗装をしてたんだけどうちもするべき?」

などのご質問・ご不安を弊社ではよくお受け致します。こちらの項目ではそんなお客様のお悩みを解決すべく、サイディング外壁の雨漏りに繋がる注意すべき劣化症状についてお話していきたいと思います😊

劣1. チョーキング現象(古い劣化した塗膜の現れ)は防水機能低下のサイン

松原市サイディング外壁塗装 チョーキング現象の劣化

外壁を手で触ると粉がつくことはありませんか?この現象をチョーキング現象と呼びます。

手についた粉の正体は?

この手についた粉の正体は実は、劣化した古い塗膜なんです!外壁は紫外線や雨に日々晒され影響を受けています。紫外線や雨の影響によって塗膜は徐々に劣化し、劣化した塗膜が外壁に現れることをチョーキング現象と呼びます。

チョーキング現象は外壁の防水性が低下しているサイン

このチョーキング現象は外壁の防水性が低下しているサインなんです。つまり外壁を守る力が低下しているということなんです!

本来の防水性が発揮できていないので外壁にカビやサビ・苔などが発生してしまったり雨水の侵入も懸念されるため、外壁塗装でのメンテナンスが必要になってきます。

劣2. カビ・苔・サビなどの発生

松原市サイディング外壁塗装 カビサビコケの発生

先程のチョーキング現象と同様、カビやサビ・苔などの発生も外壁本来の力を発揮できていない状態です。

カビやサビ・苔の劣化を放置しない方がいい理由

・これらの発生はどんどん進行し時間の経過と共に外壁全体に広がっていくことも…
・進行しきってしまうと洗い流すだけでは落ちなくなるから
・放置していると外壁表面の劣化を進め撥水防水機能が低下するから
・撥水防水機能が低下すると外壁内部に雨水が侵入し雨漏りの原因にもなるから
・雨漏りが起こると建物の寿命が縮むため

劣3. 目地(シーリング)の劣化

松原市シーリング工事 中の下地が見えている劣化

続いては目地(シーリング)の劣化です。シーリングとはサイディング外壁とサイディング外壁の隙間を埋めるように設置されているゴムのようなものです。

新築当時はゴムのように弾性のある素材で出来ていますが、築7年程度で徐々に硬く硬化し劣化していきます。

硬く硬化したシーリングは破断剥がれひび割れなどの劣化を引き起こしこれらの劣化は雨水侵入のリスクが格段とあがり雨漏りのリスクも高くなるため放置は厳禁です。

こちらの松原市のお宅での目地(シーリング)劣化工事について施工事例がございます。シーリング劣化についてもより詳しくお話しておりますので是非ご一読ください😊

劣4. 付帯部の劣化

松原市サイディング外壁の外壁塗装 付帯部の劣化

最後にご紹介させて頂きたいのが付帯部の劣化です。サイディング外壁と同様、雨樋や雨戸・軒天・玄関ドアなど付帯部の劣化も経年と共に劣化していきます。

付帯部の劣化ももちろん建物の寿命と関係しております。
関連記事 外壁塗装の付帯塗装について 付帯とはどこ?付帯塗装の必要性は?

また外壁塗装工事の際、外壁のみ塗装で美しく生まれ変わりますと付帯部の劣化が悪目立ちしてしまうことからほとんどのお客様では付帯塗装も同時にされる方が多いです😊

松原市 窯業系サイディング外壁塗装の工程

では、これらの劣化を食い止め雨漏り防止するために外壁塗装をさせて頂きました様子をお届けしたいと思います。

工程1.業務用高圧洗浄機での洗浄

松原市 サイディング外壁塗装の工程 業務用高圧洗浄機での洗浄

まずは業務用高圧洗浄機でサイディング外壁を洗浄していきます。

劣化症状でご紹介させて頂きましたチョーキング現象での古い劣化した塗膜やカビなどの汚れを取り除いていきます。

これらの汚れをあらかじめ取り除いておくことでその後の塗装作業の仕上がりも大きく変わりますし塗膜とサイディング外壁の密着性もより高まります。

工程2.アレスダイナミックプラサフでの下塗り

松原市 サイディング外壁塗装の工程 アレスダイナミックプラサフでの下塗り

高圧洗浄機での洗浄作業を終えましたら、サイディング外壁に塗装をしていきます。

外壁塗装は基本的には3回塗りを行います。(下塗り→中塗り→上塗り)

外壁の劣化が激しい場合や外壁材の種類によっては回数が増える場合や減る場合もございますが基本的には3回塗装です。

今回の松原市のお宅では、関西ペイント製のアレスダイナミックプラサフでの下塗りを行います。アレスダイナミックプラサフは高い密着性を持ち防水性にも優れた下塗り材です。

工程3.アレスダイナミックTOPでの中塗り・上塗り

松原市 サイディング外壁塗装の工程 アレスダイナミックTOPでの中塗り・上塗り

続いては中塗り(2回目)と上塗り(3回目)です。

中塗り材と上塗り材は関西ペイント製のアレスダイナミックTOPを使用します。「あれ?下塗り材だけ違う塗料を使うの?」「中塗りと上塗りは同じ塗料なの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうんなんです。中塗り材と下塗り材は基本的には同じ塗料を使用します。しかし色目は少し変えて塗布していきます。これは塗り残しや塗りムラを防止するためです。

上塗り材のお色がお客様がお選びになられたお色になります😊

※アレスダイナミックTOP…高耐久性、高防汚性に優れたラジカル塗料

工程4.付帯部塗装

松原市サイディング外壁の外壁塗装 付帯部塗装

付帯部の塗装もばっちりです!

付帯部の箇所によっては塗装を行う前にケレンで粗い細かな傷をつけて塗料と塗装面の密着度を高めることがあります。

松原市サイディング外壁の外壁塗装 付帯部塗装 ケレン

【完成】松原市サイディング外壁塗装完成の様子

松原市 サイディング外壁塗装完成の様子 ビフォーアフター

松原市でのサイディング外壁塗装工事が完成しました!ビフォーアフターご覧ください😊

白を基調とした清潔感溢れる印象で見違えるように美しく生まれ変わりました!

付帯部塗装のビフォーアフターもご覧ください

松原市サイディング外壁 玄関ドア手摺付帯部塗装

同お宅でのシーリングメンテナンス事例とお客様の声をご紹介

冒頭でもお話させて頂きました通り、こちらのお宅では外壁塗装工事と同時にシーリングメンテナンスもさせて頂きました。

松原市のお客様の声

松原市にて塗り替え工事!アドバイスをもらい仕上がりに満足です

数社にお見積りをされていたそうですが弊社の見積内容と説明のわかりやすさにご安心いただき工事をご依頼頂きました。新築のような綺麗な仕上がりにもご満足いただけこちらも嬉しい限りです😊

また、工事中の交換日記での作業進捗状況もわかりやすかったと嬉しいお言葉を頂きました。留守中でも「今日はここまで工事が進んだ」と一目でわかるのでご好評いただいております!

外壁塗装の進捗が分かる交換日記

松原市サイディング外壁のシーリングメンテナンス施工事例

松原市で実施したサイディング外壁の施工事例

南大阪ペイントセンターでは松原市での外壁塗装工事を数多くさせて頂いております。その中でもサイディング外壁のお家の施工事例を下記にまとめております。

ぜひご参考に😊

松原市サイディング外壁塗装 まとめ

松原市でのサイディング外壁塗装についてお話させて頂きました。

外壁の劣化はご自身で簡単に診断できるチョーキング現象やカビなどの汚れの他に、ご自身ではわかりにくい劣化症状もございます。

「築年数が結構経っているので心配」「うちの外壁は外壁塗装やメンテナンスは必要?」など外壁や建物のことなら何でも構いません。お気軽にご相談くださいね😊 

無料点検実施中!(無理な勧誘やセールスは一切行いません。)

最後までお読み頂きありがとうございました。

この現場に関するお客様の声

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談