【堺市 セキスイハイム】遮熱塗料での屋根塗装で快適な暮らしを実現

屋根塗装
堺市
Before
施工前
After
施工後
施工地 堺市 築年数 約15年
価格 32万円 工事期間 8日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 73m2 カラー エッグシェル
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約15年 工事期間 8日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 73m2 カラー エッグシェル
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

※表示価格は高圧洗浄費+屋根塗装費+梯子作業費
(全面足場仮設の場合は+15万円)

こんにちは!
南大阪ペイントセンターキタヤマです

こちらの記事では堺市のセキスイハイムのお宅にて行われた遮熱塗料での折板屋根塗装についてお話させて頂きます。

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装を実施

ご依頼のきっかけ

築年数が15年以上経過しており「そろそろ屋根のメンテナンスをしなくてはならないのでは?」と思われ弊社にご相談を頂きました。

今回ご依頼を頂きましたお宅はセキスイハイムのお宅です。弊社のHPにてハウスメーカーで建てたお宅のメンテナンスも実施しているとお知りになられご連絡を頂きました。ありがとうございます😊

 

こちらの記事でわかること

・遮熱塗料の特徴や遮熱塗料をおすすめする理由
・堺市の遮熱塗料での屋根塗装の工程やその他事例
・遮熱塗料の参考価格
・ハウスメーカーのメンテナンスについて

 

目次

1.堺市セキスイハイムのお宅にて遮熱塗料での屋根塗装を実施
遮熱塗料ってなに?
ハウスメーカーで建てた住宅も対応します!

2.遮熱塗料での屋根塗装をおすすめした理由
理由1.折板屋根は気温が上昇しやすいから
理由2.屋根の寿命をのばしたいとご要望だったため
・その他にもこんなお宅には遮熱塗料での屋根塗装がおすすめ

3.遮熱塗料での屋根塗装の工程
工程1.業務用高圧洗浄機での洗浄作業
工程2.下地調整(ケレン)でサビ落とし
工程3.アレスクールプライマーでの下塗り
工程4.アレスクールでの中塗り・上塗り
【堺市】遮熱塗料アレスクールでの屋根塗装 完成の様子

4.堺市の遮熱塗料での屋根塗装の事例集

5.ビフォーアフターとまとめ

堺市 セキスイハイムのお宅にて遮熱塗料での屋根塗装を実施

今回は堺市 セキスイハイムのお宅にて遮熱塗料での屋根塗装を実施しました。

遮熱塗料ってなに?

遮熱塗料 

遮熱塗料とは屋根に降り注ぐ太陽の光を直接屋根に通さず、反射させる効果のある塗料です。そのため、屋根が受ける熱の影響を軽減させる効果を持つため、付加価値の高い塗料です。

遮熱塗料は屋根表面8~10℃・室温2~3℃下がることも

遮熱塗料での屋根塗装を実施している屋根の表面温度は8~15℃室温で2~3℃下がるという実験結果がございます。

遮熱塗料の効果

関連記事☞ 屋根の遮熱塗料って塗ると一体どんな効果があるのか詳しく教えて

ハウスメーカーで建てた住宅も対応します!

ハウスメーカーで建てた住宅も対応

弊社ではハウスメーカーで建てた住宅も対応しております。

「ハウスメーカーで建てたからハウスメーカーで屋根塗装をした方がいいのかな?」
「でもハウスメーカーでのメンテナンスは高いしなぁ。」とお悩みの方もご安心ください😊

▼弊社ではハウスメーカーでの施工実績が1000件以上ございます。

堺市美原区にてハウスメーカーさんの屋根塗装で喜んで頂いたお声
堺市南区 築18年のセキスイハイムの外壁塗装の現場調査
富田林にてトヨタホームにお住まいの方からクリアー塗装のご依頼

▼ハウスメーカーのお宅の方に向けた記事がございます。詳しくはこちらご覧ください
ハウスメーカーで建てたお家にお住まいの方へ

遮熱塗料での屋根塗装をおすすめした理由

では続いては今回、堺市のお客様に遮熱塗料での屋根塗装をおすすめした理由についてお話していきたいと思います。

理由1.折板屋根は気温が上昇しやすいから

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装をおすすめする理由 折板屋根は気温上昇しやすいから

前項でお話させて頂きましたとおり、遮熱塗料での屋根塗装は屋根表面温度で8~15℃、室温で2~3℃下がるという実験結果がございます。

今回のお客様宅の屋根は「折板屋根」という屋根材です。折版屋根は金属で形成されている金属屋根の一種で熱を吸収しやすく折板屋根表面温度は80℃以上にも上昇するケースもあります。

そうなれば必然的に室内の気温も上昇し光熱費も上がりますよね…。そういった屋根にこそ太陽光を反射し気温を抑える効果の持つ遮熱塗料での屋根塗装をおすすめしております!

※室内温度が1度下がると約10%の電気代が削減できると言われています。

理由2.屋根の寿命をのばしたいとご要望だったため

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装をおすすめする理由 耐用年数が長いから

今回のお客様は「屋根の寿命を少しでも延ばしてメンテナンスをしたい!」とご要望でした。

遮熱塗料の耐用年数は10~20年とされており、通常のノーマル塗料に比べ1.5倍程度耐用年数が延びます。

また、直接太陽光を浴びずに一度反射するので屋根材を傷めつけるリスクも軽減されることから屋根材自体の劣化を予防しその分寿命も延びることから遮熱塗料での屋根塗装をおすすめさせて頂きました。

その他にもこんなお宅には遮熱塗料での屋根塗装をおすすめ

3階建てのお宅

建物が高くなるにつれて温度も上昇します。高い建物であればあるほど遮熱効果が期待されます

2階を生活の拠点にされているお宅

2階にリビングがあったり2階を生活の拠点にされているお宅にも遮熱塗料での屋根塗装をおすすめしております。

吹き抜けがあるお宅

吹き抜けのあるお宅は屋根からの熱が伝わりやすく気温が上昇しやすい傾向にあります。特に夏場は吹き抜けからの気温が上昇しやすいので遮熱塗料での屋根塗装をおすすめしております。

遮熱塗料での屋根塗装の工程

ではここからは、実際の遮熱塗料での屋根塗装工事の工程についてお話していきたいと思います。

工程1.業務用高圧洗浄機での洗浄作業

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装 高圧洗浄機での洗浄作業

まずは業務用の高圧洗浄機を使用して既存の汚れを落としていきます。

屋根は日々雨風や紫外線に晒されカビや苔など様々な汚れが付着しています。これらの汚れを綺麗に取り除くことでその後の屋根塗装の仕上がりも大きく変わってきます。

工程2.下地調整(ケレン)でサビ落とし

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装 下地調整(ケレン)でサビ落とし

次に下地調整(ケレン)をしていきます。下地調整をすることでサビを落としサビによる腐食や穴あきを防止していきます。

この作業はとても大変な作業ですがその分折板屋根にとってはとても重要な作業です。

この下地調整作業の際、折板屋根を固定しているネジやボルトに緩みや隙間があった場合はシーリング補修で隙間を埋めていきます。今回の堺市セキスイハイムのお宅では見受けられませんでしたので割愛させて頂きます。

工程3.アレスクールプライマーでの下塗り

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装 アレスクールプライマーでの下塗り

いよいよ屋根塗装スタートです!屋根塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りが基本です。

今回使用した下塗り材は関西ペイント製のアレスクールプライマーです。アレスクールプライマーとは遮熱塗料専用下地材で高い錆止め効果が期待されます。

折板屋根は金属で出来ている事からどうしてもサビに弱いため、錆止め効果の期待される下塗り材を使用しました。

工程4.アレスクールでの中塗りと上塗り

堺市セキスイハイム 遮熱塗料での屋根塗装 アレスクールでの中塗り上塗り

下塗りが終わりましたら、いよいよ中塗り上塗りです。

中塗りと上塗りは基本的には同じ塗料を使用します。今回使用した塗料は関西ペイント製のアレスクールです。アレスクールとは屋根用遮熱塗料で高反射効果が期待される塗料です。

堺市セキスイハイム遮熱塗料での屋根塗装 アレスクール色見本

使用したお色はエッグシェルというお色です。遮熱塗料は白に近い色であればあるほど遮熱効果が期待されます。

関連記事☞ 猛暑の対策に屋根遮熱塗料の効き目やクールレベルについてご紹介

 

【堺市】遮熱塗料アレスクールでの屋根塗装 完成の様子

堺市セキスイハイム 遮熱塗料アレスクールでの屋根塗装完成

堺市セキスイハイム 遮熱塗料アレスクールでの屋根塗装完成 ソーラーパネルも可能

完成の様子です!綺麗に仕上がりお客様からも大変ご満足いただきました😊

ちなみに…
弊社ではソーラーパネルが設置された屋根のメンテナンスもお受けしておりますのでお気軽にご相談ください♪

堺市の遮熱塗料での屋根塗装の事例集

その他にも堺市の遮熱塗料での屋根塗装の事例も多数ございます。施工内容や参考価格などの掲載もございますのでご参考にされてみてはいかがでしょうか😊

 

堺市の遮熱塗料での屋根塗装 ビフォーアフターとまとめ

堺市セキスイハイム遮熱塗料での屋根塗装ビフォーアフター

屋根のメンテナンスは10年に一度を推奨しております。屋根は建物の中でも一番雨風の影響を受けやすく劣化・雨漏りしやすい箇所でもあります。

適切なタイミングで適切なメンテナンスを行い屋根や建物の寿命を延ばしましょう😊

遮熱塗料は耐用年数も長く屋根の劣化を予防する付加価値のある屋根塗料材です。もちろん室内温度の下降や光熱費の削減も期待できますので快適な暮らしを送りたい方はぜひご検討されてみてはいかがでしょうか♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談