藤井寺市大和ハウスにて雨漏り!スーパーガルテクトでのカバー工法を実施

カバー工法
藤井寺市
Before
施工前
After
施工後
施工地 藤井寺市 築年数 約20年
価格 142万円 工事期間 10日間
塗料名 IG工業スーパーガルテクト 塗料種別
面積 93m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約20年 工事期間 10日間
塗料名 IG工業スーパーガルテクト 塗料種別
面積 93m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

こんにちは!
南大阪ペイントセンターキタヤマです

※こちらの表示価格は屋根カバー工法費+共通工事費(足場等)の価格です

今回のこちらの記事では藤井寺市大和ハウスの雨漏り修理(屋根カバー工法)の様子をお伝えしたいと思います!こちらのお宅の外壁塗装の様子も記事にまとめておりますので是非こちらもご覧ください😊 

ご依頼いただいたきっかけ
 
天井のクロスの剥がれや、黒い雨染みのようなものを見つけられ雨漏りではないかと思い弊社にご相談を頂きました。ありがとうございます!
 
現地調査をさせていただいた結果
 
屋根の状態を確認させて頂いたところ、やはり屋根の劣化が複数見受けられ雨漏りの原因の一つであると判断しました。詳しくご説明していきたいと思います!
 
 
目次

天井の雨漏りを止めて!藤井寺市大和ハウスのお宅からご相談

藤井寺市ダイワハウス 屋根の雨漏りをカバー工法で修理

こちらが今回雨漏りのご相談を頂きました藤井寺市の大和ハウスのお宅です。

お家のプロフィール
 
【築年数】約20年
【ハウスメーカー】大和ハウス
【屋根材】スレート瓦
【お悩み】天井の雨漏り
 
藤井寺市ダイワハウス屋根カバー工法 雨漏りを発見

こちらがお客様を悩ましていた天井の雨漏りです。クロスが剥がれ黒い雨染みがあるのがわかります。

【雨漏り】天井クロスの剥がれや雨染みは放置すると広がります!

天井クロスの剥がれや雨染みはなるべく早く対処することが重要です。これらは雨の侵入や雨漏りが原因で起こることがあります。

屋根から侵入した雨水が建物内部にまで浸透してしまうと木材や躯体の腐食を引き起こしてしまい、最終的には建物の寿命を大きく縮めてしまうことになりますので天井クロスの剥がれや雨染みを見つけられましたら早急に対応しましょう!

では次項ではなぜ屋根からの雨漏りが発生してしまったのか、屋根の状態を点検しました様子をお伝えしたいと思います。

雨漏りを確実に止める!スーパーガルテクトでのカバー工法をご提案

藤井寺市ダイワハウス屋根雨漏り スレート瓦の欠け

弊社ではドローンを使用した無料点検を実施しております。ドローンを使用することで短時間で屋根全体の状態を把握することができ、さらには屋根材を傷つけるリスクもないため大変ご好評頂いております。

藤井寺市大和ハウスのお宅の屋根を確認したところ、スレート瓦の欠けが見受けられました。

スレート瓦は経年と共に徐々に劣化(防水性低下→欠けやひび割れ)

新築時のスレート瓦は硬くて丈夫です。しかし長年紫外線や雨風に晒されることによって表面の塗装は剥がれ防水性が低下していきます。

そうなれば屋根材はどんどん水や湿気を含み膨張します。晴れた日には水分が乾き収縮します。この乾燥と収縮を繰り返すことによってひび割れや欠けが発生してしまうのです。

スレート瓦の欠けの隙間から雨水が侵入→雨漏り発生!

スレート瓦の欠けの隙間から雨水侵入 雨漏りの原因に

この欠けやひび割れの隙間から雨水が侵入することがあります。雨水が侵入し屋根内部の下地にまで浸透してしまうと雨漏りへと繋がります。

小さな欠けやひび割れですとコーキング材での補修のみでも可能なのですが。今回の藤井寺市のお宅では欠けの範囲が広くコーキング材では間に合わない状態であると判断しました。

カバー工法とは?雨漏りのお宅におすすめする理由

藤井寺市ダイワハウス カバー工法とは

今回の藤井寺市の大和ハウスのお宅はスレート瓦の欠けの範囲が広かったことと、屋根の劣化が塗装工事やコーキング補修では補えないと判断したためカバー工法での雨漏り修理をご提案させて頂きました。

屋根修理は主に塗装・カバー・葺き替えの3種類

屋根の修理工事は主に塗装工事・カバー工法・葺き替えがございます。塗装工事はそれほど屋根材が傷んでおらず塗膜の剥がれや防水機能を向上させたい場合に施工します。実際に雨漏りが発生している場合は塗装工事は推奨しません。(雨漏りが起きる前に10年に一度の定期的な塗装を推奨)

一方、葺き替え工事は屋根材の傷みが激しく下地も全て撤去し丸々新しく施工したいときに実施します。丸々新しくなりますが価格は高く施工期間も長くなります。

今回ご提案させて頂きましたカバー工法は、下地や既存屋根材はそのままでそれらの上から新しい屋根材を被せるといった工法です。

塗装工事のみでは補いきれない劣化をカバーしてくれ、かつ葺き替え工事よりも安価で短期間で施工できるためおすすめの屋根補修方法です。しかし下地や既存屋根材の状態があまりにも激しい場合は葺き替え工事をおすすめしております。

※価格と工事の規模
塗装工事 < カバー工法 < 葺き替え工事

スーパーガルテクトってどんな屋根?

「でも既存の屋根材の上からまた屋根材を被せるなんて重くならないの?」「建物の負担や耐震性が気になる」といったお客様も多いかと思います。

そこでおすすめしたいのがスーパーガルテクトという屋根材です。

藤井寺市 ダイワハウススーパーガルテクトでのカバー工法で雨漏り修理

スーパーガルテクトとは屋根材と断熱材を一つにした金属屋根のことで非常に軽量なのが特徴の一つです。その軽さはなんと…瓦屋根の1/10です!

つまり既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せるカバー工法では軽量の屋根材での施工が必須になってきますのでこのスーパーガルテクトでのカバー工法がおすすめなのです。

藤井寺市大和ハウスのお宅にて カバー工法の工程と参考価格

ではいよいよ藤井寺市大和ハウスのお宅にてカバー工法での雨漏り修理をさせて頂きました際の工程や参考価格についてお話していきたいと思います。

工程1.棟板金の撤去

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)足場

足場を組んでカバー工法いよいよスタートです!

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)棟板金撤去

まずは既存の棟板金を撤去します。一度撤去した棟板金は再利用不可です。
※棟板金…屋根の頂上にある板金のこと

棟板金の下に設置されている下地(貫板)も同じく撤去していきます。この貫板は木材で出来ていることが多く腐食しやすい部位です。カバー工法をされる機会に腐食しにくいアルミ製の貫板を設置されるお客様もいらっしゃいます。

工程2.防水シート(ルーフィングシート)の設置

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)防水シート(ルーフィングシート)の設置

続いては防水シート(ルーフィングシート)を設置していきます。屋根の軒先から頂上に向けて設置していきます。

防水シートは屋根にとってはとても重要な役割を担っており、この防水シートが最終的には雨から守ってくれる最終兵器なのです。カバー工法の一番の目的は防水シートを交換することでもあります。

工程3.ケラバ板金等の設置

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)ケラバ板金等の設置

屋根の周りにケラバ板金等の板金部材を取り付けていきます。これらの板金を取り付けることによって横からの雨の侵入を防いでおります。

工程4.スーパーガルテクトの設置

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)スーパーガルテクトの設置

いよいよ新しい屋根材・スーパーガルテクトを設置していきます!

スーパーガルテクトの設置はビス止めで行っていきます。30㎝程度の間隔をあけてビス止めをしていくと耐風性も向上します。

工程5.新しい棟板金下地(貫板)の設置

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)新しい棟板金下地(貫板)の設置

屋根全体のスーパーガルテクトの設置を終えましたら、最後は序盤に撤去した棟板金の設置を行います。

新しい下地(貫板)を設置していきます。今回はお客様とご相談した結果、木材の貫板を設置させて頂きました。

工程6.新しい棟板金の設置

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)新しい棟板金の設置

貫板の設置が終わりましたらその上から新しい棟板金を被せます。棟板金も屋根材同様ビス止めで設置していきます。

藤井寺市大和ハウス スーパーガルテクトでのカバー工法完成!

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)

細かな隙間にはコーキング材を充填し、最後の清掃もばっちり行い…

藤井寺市大和ハウスのお宅にてスーパーガルテクトでのカバー工法が完成しました😊

こちらのお宅(93㎡)でのスーパーガルテクトを使用したカバー工法工事費用は約112万円(税抜)です。(共通工事費含まず)

ビフォーアフターの様子とまとめ

藤井寺市ダイワハウス 雨漏り修理(カバー工法)ビフォーアフター

※ビフォーアフターの様子

藤井寺市ダイワハウスのお宅にてスーパーガルテクトでのカバー工法をさせて頂きました。工事後天井の雨漏りも止まりお客様からも大変ご満足いただけました😊

南大阪ペイントセンターでは外壁のお悩みはもちろん、屋根のお悩み相談もお受けしております!無理な勧誘やセールスは一切ございませんのでお気軽にご相談くださいね😊

最後までお読み頂きありがとうございました。

この現場に関するブログ

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談