大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)

屋根塗装
大阪狭山市
Before
施工前
After
施工後
施工地 大阪狭山市 築年数 約25年
価格 16万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 57m2 カラー グレージュ
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約25年 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント アレスクール2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 57m2 カラー グレージュ
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

こんにちは!
南大阪ペイントセンターキタヤマです

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)

大阪狭山市で行いました屋根リフォーム(遮熱塗料での屋根塗装)についてこちらの記事ではお話しております😊

▼同現場の外壁塗装施工事例はこちら

▼こちらの記事でわかること
・大阪狭山市での屋根リフォームの内容
・屋根リフォームが必要な屋根の状態
・使用塗料やかかった費用
・屋根リフォーム後のお客様の声
・その他の施工事例 など

 

 

大阪狭山市にて屋根リフォームを実施

大阪狭山市にて汚れた外壁と屋根をリフォームしたいとご依頼を頂きました

場所 大阪狭山市
築年数 約25年
屋根材 スレート瓦
面積 57㎡

こちらが今回、塗装での屋根リフォームをされた大阪狭山市のお宅です。実際には外壁リフォームも同時にされました!

▼同現場の外壁リフォームの施工事例

屋根リフォーム(塗装)が必要な劣化症状

まずは屋根の状態を点検しました。さっそくどんな劣化が見つかったのか見ていきましょう!

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)ビフォー

ドローン(無料)をつかって上からみた屋根

屋根の色褪せやサビなどの発生

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)カビやサビなど防水性低下した屋根

屋根をよーく見てみると…屋根表面が色褪せ、一部ではオレンジ色のような箇所があります。これは屋根にサビが発生している状態です。特にアンテナ周りや日当たりに悪い北側の屋根に見受けられます。(赤丸)

また、板金もサビの発生が激しくこのまま放置していると将来的には穴あきなどの原因にもなります(青枠)

屋根全体の色褪せやサビ・カビなどは屋根の環境がジメジメと湿気や水分を含んだ状態の時に発生します。つまり屋根の防水性がなく塗膜が剥がれた状態であるという屋根からのSOSサインなのです。

スレート瓦の割れやひび割れ

今回の大阪狭山市のお宅の屋根材はスレート瓦です。スレート瓦は経年劣化などで割れひび割れが起こりやすい屋根材です。

今回の大阪狭山市のスレート瓦では幸い割れやひび割れは見受けられませんでしたが、築年数が経過したスレート瓦ではこれらの劣化症状がないかしっかりと点検が必要です。

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)スレート瓦の割れ

※別現場のお写真をお借りしております。
隙間から雨水が侵入してしまうと雨漏り腐食の原因になりますので早急な処理が必要になります。

大阪狭山市の屋根リフォームビフォーアフター

まずは屋根リフォームのビフォーアフターをご覧ください😊

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)ビフォー

全体的に色褪せサビ・カビなどが目立つ屋根が…

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)アフター

綺麗な屋根に生まれ変わりました!!
使用塗料は関西ペイントのアレスクール2液SI(遮熱塗料)、使用色はグレージュです。

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)アレスクール2液SIグレージュを使用

遮熱塗料は屋根に降り注いだ熱を反射し、屋根表面温度や室内温度の下降が期待できる塗料です。

白に近い色であればあるほど遮熱効果が高く、今回使用したグレージュは遮熱レベル4です。(最大5)

大阪狭山市にて屋根リフォームをスタート

ここからは実際の屋根リフォームの様子をお写真も交えながらご紹介していきたいと思います😊

工程1.高圧洗浄機で洗浄

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)業務用高圧洗浄機での洗浄

まずは業務用高圧洗浄機で屋根全体の汚れや古い塗膜を洗浄していきます。

塗装をする前にあらかじめ洗浄することでその後の仕上がりや耐久性もかなり変わってきますよ😊

作業自体は半日程度で完了しますがその後約1日かけて乾燥させます。

工程2.下塗り

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)下塗り

屋根の洗浄・乾燥が終わりましたらいよいよ塗装していきますよ♪

屋根塗装は基本的に3回塗って完成です。(下塗り→中塗り→上塗り)

まずは下塗りで屋根表面の細かな傷や軽度のひび割れを補強していきます。使用した塗料はアレスクールシーラーという密着性の高い下塗り材です。

工程3.タスペーサーで縁切り

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)タスペーサーで縁切り

その後タスペーサーという器具(お写真赤丸)をスレート瓦の隙間に挿入していきます。この作業を縁切りといいます。

スレート瓦に下塗りをすると屋根と屋根の隙間にも塗料が入り込みます。密着度が上がりそうだしそれはそれでいいのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが実はこの塗料の入り込みは雨漏りの原因になることがあるのです(;O;)

塗料が屋根と屋根の隙間に溜まることで雨が降った時、排水がうまくできません。そのためどんどん雨水が溜まり最終的には雨漏りを引き起こしてしまいますのでタスペーサーを挿入し適切な隙間を作ります。

こうすることで雨漏りを防ぐことができるんですよ😊

工程4.遮熱塗料で中塗り・上塗り

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)アレスクール2液SIで中塗り・上塗り

その後、遮熱塗料であるアレスクール2液SIでの中塗りと上塗りを行っていきます。ここで最適な厚みを形成し最終的な耐久性や仕上がりを固めます。

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用していますが、塗りムラや塗り残しを防ぐため色だけ少し変えて塗布していきます♪

中塗りと上塗りを乾燥させましたら屋根リフォーム完成です!

屋根リフォーム完成!

大阪狭山市にて屋根リフォームをしました(遮熱塗料を使用)完成

大阪狭山市の屋根リフォームにかかった費用は約16万円

お見積り価格
屋根塗装
(アレスクール2液SI)
約16万円
総額 約16万円

屋根塗装にかかった費用は約16万円です。こちらの価格には足場仮設などの共通工事費は含みません。

実際には外壁塗装やコーキング打ち替え・付帯塗装・ベランダ塗装などのリフォームを同時にされ総額約109万円かかっています。

屋根リフォーム終えた大阪狭山市のお客様の声

大阪狭山市にて汚れた外壁をリフォームしたいとご依頼を頂きました お客様の声

大阪狭山市のその他の屋根リフォームの施工事例

その他にも大阪狭山市での屋根リフォームの施工事例がございます。かかった費用や使用塗料、お客様の感想などの掲載がございます。ぜひご参考にご覧ください😊

この現場に関するお客様の声

この現場に関するブログ

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談