大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました

屋根塗装
大阪市旭区
Before
施工前
After
施工後
施工地 大阪市旭区 築年数 約15年
価格 13万円 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント RSルーフ2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 47m2 カラー アンバーブラウン
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約15年 工事期間 14日間
塗料名 関西ペイント RSルーフ2液SI 塗料種別 遮熱シリコン
面積 47m2 カラー アンバーブラウン
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました

こんにちは!南大阪ペイントセンターキタヤマです

▼ご依頼のきっかけとこの記事の概要
築15年のお宅です。外壁の劣化・特にコーキングの剥がれなどが気になり今回ご依頼を頂きました。その際、外壁点検と同時に屋根点検もさせて頂いたところ、棟板金の劣化や屋根の経年劣化が進行していることがわかり棟板金の交換と屋根塗装も同時に施工されることが決定しました。
その際、屋根の熱を反射する遮熱塗料での屋根塗装をされ、付加価値の高い仕上がりになりました♪

遮熱塗料…屋根に降り落ちた太陽の熱を反射することで屋根表面温度や室内温度を下げる高価が期待できる塗料

こちらの記事では
・大阪市旭区の遮熱塗料を使った屋根塗装の工程
・遮熱塗料の特徴について
・遮熱塗料を使った屋根塗装の費用
・施工後のお客様の声
・その他の施工事例
などについてお話していきたいと思いますのでぜひご参考にご一読ください😊

▼大阪市旭区の外壁塗装なら南大阪ペイントセンターへおまかせ下さい!▼
旭区の外壁塗装なら南大阪ペイントセンターへ依頼すべき7つの理由

大阪市旭区の屋根塗装前の状態

大阪市旭区にて外壁メンテナンスを実施 費用は約91万円です施工前

場所 大阪市旭区
築年数 約15年
屋根材 スレート瓦
面積 47㎡

こちらが今回遮熱塗料で屋根塗装をされたお宅です。

▼同現場の事前点検のブログはこちら


▼同現場の外壁塗装のブログはこちら
▼同現場の棟板金交換のブログはこちら

屋根塗装前は防水性がかなり低下していた

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました

屋根の状態をドローンを飛ばし上空から確認させて頂きました。

幸いなことに瓦の欠けなどの直接的に雨漏りの原因になるような重度の劣化症状は見受けられませんでしたが、やはり築年数の経過から新築時のような撥水性は無く防水性がかなり低下している状態でした。

屋根の防水性は新築時やメンテナンス時に塗装をすることで機能しています。つまり屋根自体には雨や紫外線から保護する力はなく防水性も備わっていません。

そして屋根塗装は約10年程度で徐々に塗膜が剥がれ新築時のような防水性を失います。

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました

防水性が低下した屋根は水分や湿気を常に含んだ状態ですので、膨張しやすくひび割れや欠けなどの原因になります。

こちらのお宅ではひび割れなどは見受けられませんでしたが、防水性が低下したサインのひとつでもあるカビやサビなどが発生しておりましたのでこのタイミングで屋根塗装を行い防水性を向上させてあげることをおすすめさせて頂きました。

屋根のビフォーアフター

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました 施工前

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました 施工後

大阪市旭区の遮熱塗料での屋根塗装の工程

ここからは実際の屋根塗装の工程についてお写真を交えてお話していきたいと思います😊

屋根を業務用高圧洗浄機で洗浄

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました 業務用高圧洗浄機で洗浄

まずは屋根を業務用高圧洗浄機で洗浄していきます。屋根にはゴミや埃、古い塗膜が長年蓄積されています。

これらの汚れを放置したままいきなり塗装をしてしまうと施工不良の原因になりすぐにボロボロと塗膜が剝がれ落ちてしまいます。

ですので屋根塗装の工程に移る前にしっかりと屋根の汚れを洗浄し、水分も乾燥させますよ!

アレスクールシーラーで下塗り

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました アレスクールシーラーで下塗り

洗浄による水分を乾燥させたあとアレスクールシーラーという密着性の高い塗料を使い下塗りをしていきます。

屋根塗装は基本的に下塗り→中塗り→上塗りの順に3度塗りを行います。(屋根の劣化が激しい場合は回数が増える場合もあります)

下塗りでは屋根表面の軽度のひび割れや傷を補修・補強していきこの後行う中塗りと上塗りの接着剤のような役割を担います。

タスペーサーでの縁切り

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました  タスペーサーで縁切り

下塗りを終えましたらタスペーサーを使い縁切りをしていきます。

今回の大阪市旭区の屋根材はスレート瓦です。スレート瓦に下塗りをするとスレートとスレートの隙間に塗料が入り込みます。塗料が屋根材の隙間に入り込むことで、雨が降った時に雨水もこの隙間に入り込み適切な順路で排水することが困難になります。

排水が困難になると雨水がどんどん溜まり雨漏りの原因になってしまいますので、こうしたことを防ぐためにタスペーサーという器具を屋根材の隙間に挿入していきます。この作業を縁切りと呼びます。

タスペーサーの重要性

RSルーフ2液SIで中塗りと上塗り

その後RSルーフ2液SIという遮熱塗料で中塗りと上塗りをしていきます。

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました RSルーフ2液SIで中塗り

 大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました RSルーフ2液SIで上塗り

RSルーフ2液SI(遮熱塗料)

遮熱塗料RSルーフ2液SIの特徴

遮熱塗料は太陽の熱を反射し屋根表面温度や室内温度を下げることが期待できる付加価値の高い塗料です。最近ではこの遮熱塗料を使った屋根塗装をされるお客様がほとんどで大変人気のある塗料です。

▼遮熱塗料についての詳細
屋根の遮熱塗料って塗ると一体どんな効果があるのか詳しく教えて

大阪市旭区にて遮熱塗料を使った屋根塗装をさせていただきました RSルーフ2液SIアンバーブラウン色を使用

今回はRSルーフ2液SIのアンバーブラウン色を使用しました。

大阪市旭区の遮熱塗料での屋根塗装の費用は約13万円

遮熱塗料での屋根塗装の費用(大阪市旭区)
屋根塗装
(RSルーフ2液SI)
約13万円
総額 13万円

遮熱塗料RSルーフ2液SIを使用した屋根塗装は約13万円です。こちらの費用は使用する塗料によって変動いたします。

屋根塗装を終えた大阪市旭区のお客様の声

大阪市旭区 シーリングの劣化をご自身で補修していたお宅からご相談 お客様の声

Q工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを頂戴出来ましたら幸いです。
外カベと屋根だけかと思っていたら、本当に家の周りのこまかい場所も塗装していただき、嬉しかったです。

その他の大阪市の施工事例

最後にその他の大阪市の屋根塗装の施工事例のご紹介です。大阪市で屋根塗装をご検討されている方のお力になれる内容かと思いますのでぜひご参考に♪

その他の遮熱塗料の施工事例

こちらは遮熱塗料を使用した屋根塗装の施工事例です。

この現場に関するお客様の声

この現場に関するブログ

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ