松原市でセラミック仕上げの外壁にひび割れがあり外壁塗装のご相談

松原市でセラミック仕上げの外壁にひび割れがあり外壁塗装のご相談

✓ブログの概要
松原市の築15年の戸建て住宅へ屋根・外壁塗装工事のお見積もりを実施した内容を掲載しています。

弊社のホームページよりお問い合わせいただき「外壁のひび割れがあるので点検してほしい」とのご相談をいただきました。

外壁にはパワーボード(ALC外壁)、屋根には洋瓦であるセメント瓦が使用された洋風の佇まいのおしゃれな戸建て住宅です。
外壁のパワーボードはセラミック塗料と呼ばれる意匠性のある塗装が施されています。
ひび割れは目地に発生していますが、おそらくセラミック塗料自体がひび割れに強くないことから、今回の症状が起きたと推測されます。

セラミック塗料は陶器や天然石等を細かく砕いて樹脂と配合した塗料なので非常に硬さがある反面ひび割れしやすく、経年劣化で樹脂成分がなくなると砂の塊になり手で触るとサラサラと砂が流れ落ちていきます。

メンテナンスの対策としてはひび割れた部分を含め、目地全体にコーキング増し打ち工事をご提案。
更にセラミック塗料の剝がれ対策にシーラーという塗料で下地を固めてから塗装をする計4回塗りを提案いたしました。

屋根には様々な色のセメント瓦が葺かれており大変おしゃれな外観ですが、塗膜の剝がれやカビの繁殖などが顕著に見られるため、セメント瓦の防水性が失われている状態です。

屋根・外壁など建物全体の塗装工事をすることで、塗装によって防水性が復活しますのでご安心ください。

見積書が完成した後日に改めて伺い、調査時に撮影したお写真や劣化診断書と塗料別のお見積もりプランを説明いたしました。
営業担当の提案内容が決め手となり、屋根・外壁塗装工事のご成約をいただきました。
この度は弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!

営業担当:森

✓ブログの概要営業担当:森

松原市の築15年の戸建て住宅へ屋根・外壁塗装工事のお見積もりを実施した内容を掲載しています。

弊社のホームページよりお問い合わせいただき「外壁のひび割れがあるので点検してほしい」とのご相談をいただきました。

外壁にはパワーボード(ALC外壁)、屋根には洋瓦であるセメント瓦が使用された洋風の佇まいのおしゃれな戸建て住宅です。
外壁のパワーボードはセラミック塗料と呼ばれる意匠性のある塗装が施されています。
ひび割れは目地に発生していますが、おそらくセラミック塗料自体がひび割れに強くないことから、今回の症状が起きたと推測されます。

セラミック塗料は陶器や天然石等を細かく砕いて樹脂と配合した塗料なので非常に硬さがある反面ひび割れしやすく、経年劣化で樹脂成分がなくなると砂の塊になり手で触るとサラサラと砂が流れ落ちていきます。

メンテナンスの対策としてはひび割れた部分を含め、目地全体にコーキング増し打ち工事をご提案。
更にセラミック塗料の剝がれ対策にシーラーという塗料で下地を固めてから塗装をする計4回塗りを提案いたしました。

屋根には様々な色のセメント瓦が葺かれており大変おしゃれな外観ですが、塗膜の剝がれやカビの繁殖などが顕著に見られるため、セメント瓦の防水性が失われている状態です。

屋根・外壁など建物全体の塗装工事をすることで、塗装によって防水性が復活しますのでご安心ください。

見積書が完成した後日に改めて伺い、調査時に撮影したお写真や劣化診断書と塗料別のお見積もりプランを説明いたしました。
営業担当の提案内容が決め手となり、屋根・外壁塗装工事のご成約をいただきました。
この度は弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!

皆様、こんにちは!
松原市の外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

松原市の築15年の住宅へ屋根・外壁塗装工事のお見積もりに伺った事例を紹介いたします。

▼松原市の外壁塗装業者選びについてはこちらの記事で解説をしています▼
松原市の外壁塗装業者を選ぶときの7つのポイントとおすすめ業者

無料相談を依頼する

パワーボード(セラミック仕上げ)のひび割れが気になるとご相談

松原市のひび割れがあるセラミック仕上げの外壁

築年数 15年
きっかけ 外壁のひび割れ
外壁材 パワーボード(セラミック仕上げ)
屋根材 セメント瓦

南大阪ペイントセンターのホームページをご覧になり、お電話でお見積もりのご依頼をいただきました。

・地元(松原市)の業者で長く経営している
・施工実績が豊富

以上が決め手となり、相見積もり先の1社に弊社を加えていただきました。

お客様のご都合の良い日をお打ち合わせで決定して、塗装知識豊富なプロのアドバイザーが伺います。
当日の現地調査では建物全体の調査とドローンなどを使用して隈なく点検することから、約60~90分お時間をいただくことが多いです。

しっかりと建物全体の状態を拝見しますので、どうぞよろしくお願いいたします!

▼お問い合わせから見積もりまでの流れ▼

松原市でセラミック仕上げのパワーボードとセメント瓦への現地調査

パワーボード(ALC)
外壁材にはパワーボードと呼ばれる外壁材が使用されています。
パワーボードは正式には「ヘーベルパワーボード」という名称で旭化成建材が販売しているALC外壁の一種です。

ALCとは軽量気泡コンクリートのことで、マンションや工場などの大規模な建物に使用されているケースが多い非常に頑丈な外壁材です。
表面に細かな気泡があることで、夏は涼しく冬は断熱効果もあります。

ただし気泡があるため水がすぐに浸み込んでしまいますので、必ず表面の防水塗装が必要な外壁材です。

目地のひび割れ
お客様が気にされているひび割れです。

ちょうどパワーボードの継ぎ目にある目地のコーキング部分が割れています。

パワーボードの目地
パワーボードの外壁は高さ600mm×幅1800mmのサイズのパネル状の外壁材を繋ぎ合わせて作られています。

写真赤線部分がパネル状の外壁の境界線で、その部分を埋めるように防水目的でコーキングが施工されています。

コーキングの劣化から雨水が入り込み、塗膜やコーキングの割れへと繋がってしますのです。

パワーボードの目地のコーキング
コーキングも塗膜と同様に寿命があり、少しずつ硬化してひび割れていきます。
そのため目地の溝には新しいコーキングを施工する必要があります。

パワーボード(ALC)の目地には十分な溝が確保されているので、既存のコーキングを撤去せずその上からコーキングを施工する増し打ち工法で施工いたします。

ただし、2回目の塗装工事の際には目地にコーキングを打つ領域がなくなっていますので、コーキング撤去打ち替え工法が必要です。

▼ALCのコーキング工事について詳しく解説▼
ALCのコーキング工事の工程と費用について

セラミック塗料仕上げのパワーボード
パワーボードの表面にはセラミック塗料が塗られています。

塗装業界では「セラミック仕上げの外壁」と呼ばれることが多く、塗料の選定に注意が必要な外壁なのです。

汚れが付着したパワーボード

セラミック塗料は元々砂状のものを樹脂で固めている塗料なので、硬くひび割れしやすいのが特徴です。
外壁表面を手でこすってみると、砂状になったセラミック塗料がサラサラと剥がれ落ちていきます。

セラミック塗料は陶器や瓦と同じように粘土を焼き、それを細かく粉砕して樹脂と混ぜた塗料なので、樹脂成分が抜け落ちるとただの砂状の塊となってしまい経年劣化とともにサラサラと剥がれ落ちるのです。

そのため外壁塗装にはカチオンシーラーと呼ばれる下塗り塗料を染み込ませて、下地をカチッと固める必要があります。
仮にカチオンシーラーを使用せずに塗装をしてしまうと、2~3年で塗膜の乖離が起きます。

そのため、セラミック仕上げの外壁の場合は以下の4工程で塗装を行います。

1.下塗り1回目(カチオンシーラー)
2.下塗り2回目(微弾性フィラー)
3.中塗り(仕上げ塗料)
4.上塗り(仕上げ塗料)

下塗りのカチオンシーラーだけでは色のムラが起きるため、2回目の下塗りに微弾性フィラーを塗ることで色ムラがなくひび割れに強い外壁へと導きます。

年に200件近い他社の見積書を見てきていますがこれまで相見積もりをした経験上、他の塗装会社ではセラミック仕上げの塗装に3工程での塗装しか提案されていないケースが多いです。
もしもセラミック仕上げの外壁にいきなり微弾性フィラーを塗装してしまうと、2~3年のうちにセラミックが崩れ落ちるように剝がれてしまいます。

仕様書
建物の仕様書をお借りしました。
軒裏の部分にはケイカル板と呼ばれる素材が使用されていることが分かります。

軒天
軒天には断熱性の高いケイカル板が使用されているためカチオン系塗料と呼ばれる密着性に優れた塗料を使用しないと早期剥がれの原因になります。

玄関上の軒天
こちらの玄関上の部分も軒天に該当します。

このように部位ごとの素材に応じた塗料の選定が非常に重要なのです。

セメント瓦
屋根材であるセメント瓦(洋瓦)の防水性は塗装依存なので、屋根塗装によるメンテナンスが必要です。

セメント瓦はいわゆる日本瓦(粘土瓦)と違い、セメント表面に塗装をして防水性が維持されます。
塗装の防水効果が切れてしまうとセメント中のカルシウムが溶け出し脆くなり、最悪セメント瓦が割れる可能性があります。

混ぜ葺きのセメント瓦
様々な色のセメント瓦を使用した混ぜ葺きですので、色がまだらになっているわけではありません。

幸い欠けやひび割れなどの大きな痛みはありませんが、築年数的にも今回が塗装時期です。
次回のメンテナンス時期まで塗装工事を先延ばしにしてしまうと、瓦の劣化が進行しすぎて塗装でのメンテナンスが難しくなる可能性が高いです。

経年劣化したセメント瓦
退色やカビの繁殖が見られるので、塗装の寿命が過ぎた頃合いです。

現状の屋根の状態を見ても、築15年の今が屋根塗装のベストタイミングでしょう。
そのため外壁塗装と同時に屋根塗装もご提案をいたしました。

松原市の屋根・外壁塗装工事のお見積もり内容と金額の詳細

劣化状況がわかる提案書
後日改めて日程を打ち合せして、現地調査の際に撮影したお写真をもとに作成した点検診断報告書と塗料の耐用年数別に計5プランの見積書をお持ちしました。

お見積もり内容と金額を以下にまとめています。

※お客様へお渡しする実際の見積書には㎡数や使用塗料などを明記しています。

お見積もり内容

劣化部位 ご提案 理由
外壁(パワーボード・セラミック仕上げ) 外壁塗装(シーラー含めた計4回塗り) 塗膜の劣化
目地・サッシ廻り コーキング増し打ち コーキングのひび割れ
屋根(セメント瓦) 屋根塗装 塗膜の退色
付帯部(雨樋・雨戸・シャッターBOX・水切り・スリムダクト・軒天・破風板・ベランダ床) 塗装工事 美観の向上・防水性の維持のため

お見積り金額

使用する塗料のグレードによって1㎡あたりの単価が異なるので、お見積り金額も塗料によって変動します。

※スマートフォン・タブレットの方は右スクロールですべての見積書の内容をご覧いただけます。

プラン名 使用塗料 耐用年数 保証 小計
プランA 外壁:超高耐久HRC次世代塗料プラン 30年 15年 ¥2,099,550
屋根:超高耐久HRC次世代塗料プラン 30年 12年
プランB 外壁:超耐候低汚染型無機フッ素プラン 20年 12年 ¥1,643,275
屋根:遮熱フッ素プラン 15-20年 12年
プランC 外壁:超低汚染型シリコンプラン 13-16年 10年 ¥1,423,500
屋根:遮熱シリコンプラン 10-15年 10年
プランD 外壁:ラジカルシリコンプラン 13-16年 10年 ¥1,390,300
屋根:遮熱シリコンプラン 10-15年 10年
プランE 外壁:シリコンプラン 7-10年 5年 ¥1,364,800
屋根:シリコンプラン 7-10年 5年

営業担当の対応が決め手となり、プランCの超低汚染型シリコン塗料を使用した塗装工事のご成約をいただきました!

この度は弊社にご縁をいただき、誠にありがとうございます!

塗装後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。

▼施工事例公開しました(2024/6/26更新)▼

その他の松原市の外壁塗装のお見積もりの事例

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ