外壁のカビには外壁塗装を!カビができる原因や放置厳禁理由を解説

こんにちは!南大阪ペイントセンターキタヤマです!

外壁のカビには外壁塗装でのメンテナンスをおすすめ

「外壁についているカビはそのままにしていても大丈夫?」「どのようにメンテナンスしたらいいの?」「カビがあることによって何か不具合はあるの?」

外壁にカビが付着することはとても多いトラブルです。ですが、そのカビは一体何が理由で今後どうしたらいいのかわからない。という方が多いのではないでしょうか?

この記事でわかること
・外壁にカビが生える原因や条件について
・カビを放置してはいけない理由
・外壁のカビのメンテナンス方法→外壁塗装をおすすめする理由
 
ぜひご一読ください😊

外壁のカビには外壁塗装?:目次

1. 外壁の黒いものの正体はカビ?

2. 外壁にカビができる原因と条件
2-1. 外壁にカビができる4つの原因
2-2. カビができやすい外壁の5つの条件

3. 外壁のカビを放置してはいけない理由
理由1. 見た目が悪い
理由2. アレルギーの原因
理由3. 防水機能が低下しているサインだから
理由4. 放置すればするほど除去が難しい

4. カビの放置は厳禁!メンテナンス方法と価格のご紹介
方法1. 高圧洗浄機でのカビ落とし
方法2. バイオ洗浄で徹底的に
方法3. 繰り返すカビには外壁塗装でのメンテナンス
方法4. カビが付着しにくい塗料のご紹介

5. まとめ

1. 外壁の黒いものの正体はカビ?

外壁に黒いカビが

外壁にこのような黒ずみが発生していたら、その正体はもしかするとカビかもしれません。

このカビは見た目の悪さに加え、外壁の劣化を促進してしまう原因にもなりますので決して甘く見てはいけません。

2. 外壁にカビができる原因と条件

では、なぜこのようなカビが外壁に発生してしまうのでしょうか?原因と発生しやすい外壁の条件についてお話していきたいと思います。

カビの生えた外壁

2-1. 外壁にカビが出来る原因

カビといえばお風呂場やキッチン、洗面所など水回りで目にすることが多いのではないでしょうか。

カビは菌類に分類される生物で、空気中に胞子を飛ばして繁殖しています。カビの胞子は以下の条件が揃うと育っていきカビとして発生してしまいます。

カビの胞子が育つ条件
1:栄養がある(埃やチリなど外壁に付着した汚れ)
2:温度が25℃~30℃
3:湿度が60%以上
4:長い間掃除やメンテナンスされていない

2-2. カビができやすい外壁の条件

また、以下のような外壁がカビの出来やすい条件の外壁です。
 
カビができやすい外壁の条件
1:日当たりが悪い外壁(主に北側外壁や隣の建物に日光がさえぎられている外壁)
2:風通しが悪い外壁(密集地や隣家との距離が近い)
3:田んぼや川が近くにある(湿気が多い)
4:まわりに植物が多い(植物に付着したカビの胞子が風にのって外壁に付着する)
5:外壁材に凹凸が多い(窯業系サイディングやスタッコ・リシン仕上げ、モルタル外壁など)
 
カビができる原因やカビが発生しやすい条件の外壁についてはわかったけれど、このカビは放置していたらどうなるの?という疑問を次項でご説明したいと思います😊

3. 外壁のカビを放置してはいけない理由

理由1. 見た目が悪い

外壁塗装のカビを放置してはいけない理由 見た目が悪い

外壁に生えたカビを放置してはいけない理由の一つ目として、見た目の悪さが挙げられます。

単純に、外壁に放置されたカビは、外壁の美観を損ね家全体のイメージを低下させる原因にもなります。見た目の問題からも外壁塗装などのメンテナンスをされることをおすすめします。

理由2. アレルギーの原因

カビの胞子が含まれた空気を吸い続けるとアレルギーの原因になります。アレルギーは突然発症されます。

気管支炎などの病気を引き起こすこともありますので、特にお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要です。

理由3. 防水機能が低下しているサインだから

外壁にカビは防水機能低下のサイン

外壁にカビが生えているということは外壁の防水機能が低下しているサインです。

実は、外壁にはもともと防水性が備わっているといったわけではなく、外壁に塗料を塗布することで、その塗料の塗膜によって防水機能がなりたっています。

防水機能が低下したお宅では、建物を雨水から守る力がない状態になっていますので、将来的に雨漏りのリスクも高まります。放置はおすすめできません。

外壁塗装は新築時から10年、前回のメンテナンスから10年に一度を推奨しており、日々の紫外線や雨水からの影響で劣化した塗膜をメンテナンスしてあげる必要があります。

理由4. 放置すればするほど除去が難しい

カビは放置すればするほどカビの根が深く外壁に張り、除去が難しくなってきます。

つまりこれらの理由から、カビの発生は外壁のメンテナンスのタイミングの一つともいえるのです!

4. カビの放置は厳禁!メンテナンス方法と価格のご紹介

カビの発生は外壁のメンテナンスタイミングの一つのサインとご説明させていただきました。

では、どのようなメンテナンス方法があるのかご紹介させていただきます😊

方法1. 高圧洗浄機でのカビ落とし

外壁の高圧洗浄

一つ目の方法として業務用高圧洗浄機での洗浄作業があります。こちらでお話させて頂きます高圧機は【業務用】のもので家庭用のものとは威力が異なります。

家庭用の水圧は8~12Mpa、一方業務用の水圧は14.7Mpa以上とその威力の差は一目瞭然です。

高圧洗浄機

関連記事外壁塗装工事の際の【業務用高圧洗浄機】での清掃は重要です!

外壁を傷めない距離、40~50㎝程度離し、水圧をこまめに調整しながら噴射していきます。

高圧洗浄機での洗浄作業:参考価格
1㎡あたり100円~300円

方法2. バイオ洗浄で徹底的に

二つ目の方法としまして、バイオ洗浄という方法がございます。

外壁塗装 カビ バイオ洗浄

バイオ洗浄とは…?
高圧洗浄機でも落とせなかったカビなどの汚れに対して、植物性のバイオ洗浄剤で汚れを分解しながら清掃していきます。

特に、頑固なカビは高圧洗浄機でも取り除くことが困難な場合が多々あり、バイオ洗浄での洗浄をおすすめすることがあります。

関連記事高圧洗浄でも落とせなかった汚れには【バイオ洗浄】がおすすめ

バイオ洗浄参考価格
1㎡あたり300円~900円(高圧洗浄費プラス1㎡/200~300円)

方法3. 繰り返すカビには外壁塗装でのメンテナンス

繰り返す外壁のカビには外壁塗装でのメンテナンスを

方法1と方法2でお伝えしました洗浄方法でもカビが取り除けない場合があったり、カビの表面を取り除いたとしてもカビの根っこが無くなりきらない場合もあります。

「何度カビをとってもまた再発してしまう」「根本から綺麗にしたい」「外壁の劣化をとめ建物の寿命をのばしたい」という方は外壁塗装でのメンテナンスをおすすめします。

▽▼外壁塗装の工程▽▼
羽曳野市の壁塗り替えスケジュール&工程
 
そもそも外壁に発生するカビは外壁が劣化(防水機能の低下など)した場合に発生しやすい傾向にありますので、外壁塗装をすることで、劣化した箇所を補修することもでき根本からのお悩みを解決する方法である と言えます。

 

方法4. カビが付着しにくい塗料のご紹介

外壁塗装でのメンテナンスの際にカビが付着しにくい塗料を使用することで、より効果アップが期待されます!

日本ペイント製 「水性ケンエース」
水性ケンエースは環境にも優しい防カビ性能を備えた日本ペイント製の塗料です。また汚れも付きにくく人気の塗料です。

エスケー化研 「バイオタイト」
耐用年数が8~10年と防カビ塗料の中でも優れた耐久性を誇る塗料です。

アステックペイント 「アステック・プラスY」
カビなどの原因となる703種類の菌の発生を防ぐ優れた塗料です。通常の塗料に添加するタイプであり、組み合わせる塗料によって耐用年数は変わってきます。

5. 外壁にカビができる原因や放置厳禁理由を解説:まとめ

外壁にびっしりと生えたカビは美観を損ねることはもちろん、アレルギーの原因や防水機能の低下など、外壁そのものを劣化させる原因にもなることがわかりました。

外壁のカビには外壁塗装がおすすめ

外壁のカビの発生は外壁塗装でのメンテナンスのタイミングの一つです!

外壁のカビでお困りなら、お気軽にご相談ください😊どんな些細な事でもかまいません南大阪ペイントセンターまでお問合せください♪

お問い合わせはこちら(24時間受付中)
TEL:0120-306-912(9時~20時 日曜日除く)
LINEでのお問い合わせも可能→LINE ID:@098mtvpx

★新型コロナウイルス対策もばっちり!
【新型コロナウイルス対策としてオンライン無料相談はじめました】

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談