松原市の雨漏り修理の事例集(各事例の修理費用もご紹介)

松原市の雨漏りし修理事例集(各事例の修理費用もご紹介)

✓ページの概要
松原市で雨漏り修理をご検討の方に向けた、松原市の雨漏り事例費用についての情報を掲載しています。

ご自宅の雨漏り症状と似たような事例があれば、修理内容や費用なども是非ご参考ください!

 
皆さまこんにちは!ご訪問ありがとうございます。
松原市の外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します(^-^)
 
雨染みがあるので、そろそろ雨漏り修理を検討したい」
「雨漏りがあるのは分かってはいるが、出費が痛いのでつい修理を先延ばしにしている」
 
そういった雨漏りに関するお悩みは、皆さまからよくお聞きします。
雨漏りって実際に起きると本当に不安ですよね。
 
雨漏り修理にかかる費用感も良く分からないですし、雨漏りがどんな影響を及ぼすかも分からない。
分からないから、また不安になる。調べること自体も億劫になってしまいますよね。
 
そこで本ページではそんなご不安を取り除くために、雨漏り修理に関するお役立ち情報をご紹介したいきます。
 
雨漏り対策
 
目次

1.松原市の雨漏り事例【雨漏り修理費用の目安】
1-1.松原市の雨漏り修理(ベランダが原因)
1-2.松原市にて屋上からの雨漏りを防水工事で解決
1-3.ベランダからの深刻な雨漏りで天井ボードが落下
1-4.松原市にて外壁のひび割れによる雨漏りの応急処置
1-5.松原市にて外壁のひび割れ補修で雨漏り改善

2.雨漏り修理の先延ばしは良くない理由
2-1.家の寿命が確実に縮む
2-2.修繕費が嵩む
2-3.健康被害や漏電などの二次被害
3.雨漏り修理に関するよくあるQ&A
3-1.火災保険で雨漏り修理費用は安くなる?
3-2.自分でできる雨漏り応急処置は何かある?
3-3.屋根からの雨漏りが可能性的に一番高い?
3-4.雨漏り調査は本当に無料?根拠は?
3-5.雨漏り修理は立ち合いは必要?在宅していないと駄目?
3-6.松原市で雨漏り修理に使える助成金はある?

4.雨漏りの不安を煽る業者に注意
5.近隣地域での雨漏り事例集

松原市の雨漏り事例【雨漏り修理費用の目安】

松原市の雨漏り修理(ベランダが原因)

ベランダ防水層が原因の雨漏り

築年数 19年
雨漏りの原因 ベランダの防水層の劣化
修理内容 ベランダ防水工事(塩ビシート防水)
雨漏り修理費用 約10万円

ベランダより雨漏りが発生した事例です。
ベランダのFRP防水の寿命が雨漏りの原因でしたので、FRP防水の上から塩ビシート防水を施工して雨漏りが改善しました。

雨漏りを放置すれば30~50万円ほどの修繕費用が必要になったでしょう。
もしこのまま雨漏りが進行すれば木部の交換、室内の天井やクロスも張り替えを行う必要がありました。その被害額は金額にすると約30~50万円ほどですので、早目に修理ができてよかったです。

施工事例

松原市にて屋上からの雨漏りを防水工事で解決

屋上の防水層が原因の雨漏り

築年数 35年
雨漏りの原因 屋上の防水層の劣化
修理内容 屋上防水工事(塩ビシート防水)
雨漏り修理費用 約90万円

2018年の台風21号の影響で屋上の手摺が倒壊してしまい、その復旧も兼ねての屋上全体の防水工事をして欲しいとのご希望です。
台風被害の影響で屋上の防水層も捲れてしまい、雨漏りが数か所発生しているとお困りでした。

地上への倒壊の危険性がある手摺を撤去して、屋上全体に塩ビシート防水工事を施すことで雨漏りが無事に改善された事例です。

施工事例

ベランダからの深刻な雨漏りで天井ボードが落下

ベランダからの雨漏りでボード落下

築年数 45年
雨漏りの原因 ベランダの防水層劣化と外壁のひび割れ
修理内容 ベランダ防水工事・天井ボード補修・コーキング工事・塗装工事
雨漏り修理費用 約58万円

ベランダからの激しい雨漏りによりベランダ軒裏の天井ボードが腐食して落下しています。ベランダ防水工事で雨漏りの原因を食い止め、落下したボードの補修と塗装工事でお住まい全体の防水性を復活させました。

外壁軒裏が落下してしまった時は本当にご不安で困っておられました。しっかり修理させていただき「安心して過ごす事が出来る」と喜んでいただきました。

施工事例

お客様の声

松原市にて外壁のひび割れによる雨漏りの応急処置

外壁のひび割れからの雨漏り

築年数 40年
雨漏りの原因 外壁のひび割れ
修理内容 ひび割れ補修(Vカット補修)・塗装工事
雨漏り修理費用 約52万円

モルタル外壁のお住まいは、数年前にも雨漏り被害でひび割れ補修をされています。
補修後暫くは雨漏りは止まっていたようですが、最近になり雨漏りが再発したので応急処置のご相談をいただきました。

ひび割れ箇所にはVカット補修をして雨漏りを完全に止めて外壁塗装を実施。
外壁塗装には防水性向上とひび割れしやすくなった外壁を強固にする目的があるので、今後の雨漏り対策にもピッタリなのです。

施工事例

お客様の声

松原市にて外壁のひび割れ補修で雨漏り改善

外壁目地のひび割れによる雨漏り

築年数 22年
雨漏りの原因 外壁のひび割れ
修理内容 目地のひび割れ補修(コーキング工事)・塗装工事・防水工事
雨漏り修理費用 約181万円

外壁塗り替え前は目地にひび割れがあり、そこから屋内に雨漏りがしていました。

コーキング工事で目地のひび割れをしっかりと埋めたことで、ひび割れも無事に改善。もちろん雨漏りもピタリと止まりました。

施工事例

お客様の声

雨漏り修理の先延ばしは良くない理由

雨漏り修理を先延ばしにしてはいけない理由
雨漏り修理は先延ばしにしないことが大切です!

先延ばしにすればするほど家が傷み、修理費用も嵩み、健康被害などの二次被害の可能性が高くなります。

家の寿命が確実に縮む

雨漏りをそのままにすると家への被害が拡大していきます。

梅雨に関わらず、オールシーズン雨が降る度に雨水が基礎木材にまで染み込み、ジワジワと腐食が進みます。
湿気を含んだ木材はシロアリなどの害虫被害にも拡大して、基礎内部から老朽化のスピードが速まるのです。

修繕費が嵩む

自然に直ることのない雨漏り。
修理を先延ばしにすればするほど修理費用が嵩んでしまいます。

初期症状であれば外壁や屋根の修繕だけですむはずが、基礎内部まで傷むと大がかりな屋根の葺き替え工事や基礎からの工事が必要な場合も。
その為、雨漏り症状が進行すればするほど、修理費用も嵩んでしまうのです。

健康被害や漏電などの二次被害

雨漏りがあることでカビが発生してアレルギー・感染症などの健康被害が考えられます。

電気系統や家電にも影響があります。
雨が降ると家電の調子が悪くなる場合、電気代が極端に上がった、などがあれば雨漏りによる漏電の可能性があります。

雨漏り修理に関するよくあるQ&A

Q.1火災保険で雨漏り修理費用は安くなる?

安くなる可能性はあります!

契約内容にもよりますが、基本的に火災保険は台風などの自然災害にも適用も可能です。
具体的には「台風で屋根が瓦が破損して雨漏りする」などの台風被害による症状が適用例として多いです。

しかし経年劣化による屋根の傷みが元々ある場合は、自然災害ではなく経年劣化による雨漏りと判断されるため、火災保険が適用されないこともあります。

自然災害による雨漏りかは保険会社の判断になりますので、まずは保険証券で契約内容を確認して保険会社へお問合せされるといいでしょう。

関連ページ

Q2.自分でできる雨漏り応急処置は何かある?

・バケツで雨を受け、床のカビを防ぐ
・防水テープで雨の侵入口を覆う
・雨漏りが屋根からの場合はブルーシートで養生

などの応急処置方法があります。

ただし、屋根に登る際は出来る限り控えていただく方が賢明です。
プロの職人でも落下事故は多いので、やむを得ず作業される場合は必ず2人で確実な安全確保をしてからにしましょう。

関連ページ

Q3.屋根からの雨漏りが可能性的に一番高い?

これまでの事例でもあったように、実は屋根からの雨漏りはそこまで多くはありません。

意外と多いの雨漏り原因は以下のとおりです。

・ベランダ(屋上)の防水層の寿命による雨漏り
・外壁のひび割れよる雨漏り
・サッシ廻りや目地のコーキングの痛みによる雨漏り

「雨漏りしているから梯子で屋根を見てみよう!」となるお気持ちはよく分かりますが、仮に屋根からの雨漏りだとしても踏んで逆に屋根を破損させる可能性もあります。もちろんお怪我の心配もあるので、雨漏りに気付かれたらできるだけ最速最短でプロの業者に相談されることが確実です。

関連ページ

Q4.雨漏り調査は本当に無料?根拠は?

雨漏り業者はほとんどの場合、調査や点検は無料としている所が多いです。

弊社を例に挙げますと、お見積書のご提示や雨漏り調査報告など、工事着工までの費用は一切いただいていません。
もちろんご成約にならなくても、お客様に料金のご負担をしていただくことはありません。

雨漏り修理費用のお支払いも完全後払いですので、修理完了後のご請求となります。

関連ページ

Q5.雨漏り修理は立ち合いは必要?在宅していないと駄目?

雨漏り修理の際は立ち合いなしでも大丈夫ですのでご安心ください。お留守でも問題ありません。

事前の点検調査の際に、屋内まで雨漏り被害がある場合はその状況を見させていただくことがあります。
修理の際にお留守でも、当日の進捗が分かるように交換日記形式の進捗報告書をポスト投函させていただきますのでご安心ください(^-^)

関連ページ

Q6.松原市で雨漏り修理に使える助成金はある?

松原市では雨漏り修理に問わず、外装関連の助成金は現在ありません。(2022年1月の情報)

松原市では「耐震改修補助」という耐震診断結果が1.0未満の昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅に適用される補助があります。
この補助は雨漏り修理に適用できるものではありませんが、今後も新しい補助制度が増える可能性はゼロではありません。
雨漏り修理や外装工事をご検討の場合、事前に自治体や市役所にお問合せされるのが良いと思います。

関連ページ

雨漏りの不安を煽る業者に注意

雨漏り修理の先延ばしは何も良いことはありません。お客様にとって先延ばしはデメリットしかないのは間違いないです。

しかしだからと言って
「すぐに契約をしないと、次に台風が来たら大変なことになりますよ!」
「とにかく全体のメンテナンスをしておけば雨漏りはしません!」
などと、必要以上に不安を煽って契約を迫る業者には気をつけていただいた方がいいと思います。

雨漏り修理は本当に必要なメンテナンスをしないと、改善せずに何度も何度も色んな業者に依頼するという負のループにはまってしまいます。実際にそんなお客様の例は多く、最終的に弊社にご相談された事例も少なくはないです。

ですので急いで雨漏り修理をした方がいいのは確かなのですが、焦って契約をせずにじっくりとその業者がどんな補修をしてくれるか聞いてからご検討されることも大切です。

松原市の方に限らず雨漏りでお困りの方は、どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいね(*^^*)

近隣地域での雨漏り事例集

堺市の雨漏り事例

羽曳野市の雨漏り事例


藤井寺市の雨漏り事例


八尾市の雨漏り事例


お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談