八尾市の外壁補修(モルタル外壁の戸建て住宅)

外壁塗装・外壁補修・付帯塗装・波板交換・ベランダ防水
八尾市
Before
施工前
After
施工後
施工地 八尾市 築年数 48年
価格 89万円 工事期間 13日間
塗料名 関西ペイント コスモシリコン 塗料種別 シリコン
面積 155m2 カラー KP-337
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 48年 工事期間 13日間
塗料名 関西ペイント コスモシリコン 塗料種別 シリコン
面積 155m2 カラー KP-337
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
✓ご依頼のきっかけ
八尾市の築48年住宅にお住まいのお客様より
「雨漏りがあり、ベランダ手摺のサビなどの全体的な家の劣化が気になる。台風が来た際のテレビアンテナの倒壊も心配。」
と、ご相談をいただきました。

 

こんにちは!外壁塗装専門店 南大阪ペイントセンターのマナベです。

「生まれ変わった我が家に感動しました!」と大変うれしいお声を頂戴した、八尾市のお客様事例をご紹介させていただきますね。

ご相談をいただいてから早速現地にて点検をしたところ、お住まい全体的なひび割れや塗膜の劣化が確認できました。
今はひび割れ周辺からの雨漏りは発生していないようですが、このままですとひび割れから雨水が侵入して外壁の剥がれや浮きの原因になってしまいます。

お客様がお困りのベランダすぐ下のお部屋の雨漏りは、ベランダの防水層が正しく機能していない可能性が高いです。
ベランダから雨水が染み込んで、階下に雨漏りがしていると考えられました。

そこで、ご提案内容としましては…

・外壁のひび割れ→外壁補修+外壁塗装
・雨漏り修理→ベランダ防水工事
・屋根のアンテナ倒壊の心配→撤去
・全体的なお住まいの劣化→波板交換と手摺、雨戸、雨樋などの付帯塗装で耐久性UP

以上のご提案をさせていただきました。

詳細な現地調査の様子、施工前後のビフォーアフターなどを下記にご紹介をさせていただきます。

ページの内容

現地調査

屋根のアンテナを確認

ドローンにて現地調査

ドローンで全体の調査を行います。

倒壊のご不安がある屋根のアンテナの状態を確認します。

外壁のひび割れ(クラック)をチェック

外壁のひび割れ

写真のような大きなひび割れ(クラック)が複数確認できました。
このままの状態ですとひび割れの隙間から雨水が染み込んでしまい、雨漏り被害だけでなく外壁の剥がれや浮きにつながります。

雨漏りの原因

ベランダ防水層の痛み

雨漏りしているお部屋のすぐ上のベランダです。
ベランダの床(防水層)が随分古くなっているのが分かります。

ドレンの劣化

ドレン周辺も傷みが進行しています。
意外に思われるかもしれませんが、ドレン内部からの雨漏り被害も少なくはありません。

目に見える部分だけではなく、ドレン内部にもしっかりと防水層を作って雨漏り対策をした方が良いでしょう。

全体的な経年劣化

付帯部の痛み

雨樋、雨戸などの付帯部も随分年数が感じられます。
このままでは交換が必要になる可能性が高いので、しっかりと塗装で保護をしてあげましょう。

お客様ご申告の手摺のサビに関しても、塗装をしてこれ以上サビを進行させないようにメンテナンスを実施します。

波板に関しては破損があるので、耐久性の高いポリカーボネートへの交換をご提案させていただきました。

工事金額にご不安があったお客様

「施工料金がいくらになるか不安」と長らく工事をご検討され、数社にお見積もりをご依頼されていました。

数社と比較され、工事料金と施工内容にご納得の上で弊社にご依頼をいただきました。

塗料の種類によって異なる4プランのご提案

使用する塗料の種類によって耐久性が変わるように、その分価格帯も変わります。

ご提案した4プランの中でも、塗料の価格幅が1㎡あたり800円ほど差があります。
1㎡あたりでお伝えするとあまりピンときにくいかもしれませんが、4プランの中のトータル金額の価格幅は約190,000円ほどです。

もちろんご提案した見積書には塗料名や㎡数も明記させていただいているので、他社様との金額や施工内容の比較もされやすかったようです。

関連ページ外壁塗装の見積書の見方【抑えておきたい見積もりの注意点】

外壁補修

ひび割れ(クラック)にはVカット補修

外壁補修開始
外壁の素材はモルタル壁。
モルタルは寒暖差によって収縮と膨張を繰り返すという特徴から、どうしてもひび割れが発生しやすいのです。

関連ページモルタルの外壁塗装を失敗しない為のポイント

サンダーでひび割れを削る

ひび割れの補修材を埋める表面積を多くするために、ひび割れをV字型にカットします。(Vカット補修)

補修材をより多く埋めることができるので、地震や揺れに対しての追従性をより高めることができる工法です。

ひび割れに補修材を埋める
プライマー(接着剤)をひび割れの溝に塗布してから、補修材を埋めて行きます。

モルタルで段差を埋める

モルタルでひび割れと外壁との段差を埋めて凹凸をなくします。

外壁補修完了

ひび割れのVカット補修の完了です。
今はモルタルでの補修跡が目立っていますが、この後に塗装をすることでほとんど跡が目立たなくなります。

塗膜の剥がれを補修

塗膜劣化によるできた隙間
屋根付近の塗膜剥がれも、モルタルで補修をしていきます。

左官補修完了

しっかりとモルタルの剥がれを補修させていただきました。

外壁塗装

高圧洗浄

高圧洗浄
外壁の補修を終えたら、いよいよ外壁塗装の工程に移ります。

まずは高圧洗浄を実施。
業務用の高圧洗浄機を使用するので、しっかりと古い塗膜や長年の汚れや埃を洗い流します。
そうすることで塗料の密着が良くなるので、何事もこういった下地処理の工程が一番重要なのです。

関連ページ外壁塗装の高圧洗浄の水しぶき飛散が隣家に迷惑をかけないか心配

外壁塗装

塗料の撹拌

外壁塗装に使用する塗料は撹拌作業が必要です。

もちろん地面に塗料が飛び散らないように、養生シートの上で撹拌作業を行うのでご安心ください(^-^)

外壁の下塗り
まずは外壁の下塗りから。

フィラーと呼ばれる粘度の高い下塗り塗料を使用します。
ヘチマのような多孔質なローラー(マスチックローラー)で塗装をすることで、厚塗りに塗布することができます。

目視では確認できないようなわずかなひび割れも、このフィラーとマスチックローラーの組み合わせでしっかりと補修が可能なのです。

外壁の中・上塗り

お選びいただいたシリコン塗料で、中塗り・上塗りを行います。

写真では分かりにくいかもしれませんが、中塗りと上塗りに微妙に違う色を使うことで塗り残しを防ぎます。
もちろん仕上げの色になるように計算しての色選定なので、ご安心くださいね。

付帯塗装

雨戸の塗装

雨戸のケレン作業

ツルツルとした雨戸には、あえて研磨して傷を付けます。(ケレン作業)

塗装する表面積を増やすことで、塗料のひっかかりをよくする目的があります。

雨戸の中・上塗り
刷毛とローラーで雨戸の中塗り・上塗りを行います。

塗装をすることで美観UPだけでなく、雨戸自体の保護をしてくれるので耐久性も高まるのです。

小庇の塗装

小庇のケレン作業
小庇も同様にケレン作業で塗装の下準備を行います。

小庇の中・上塗り
中塗り・上塗りでしっかりと塗膜に厚みを持たせます。

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事開始
ベランダの防水工事です。

今回は約15~20年の耐久性がある、塩ビシート防水を採用。
どんな状態のベランダ下地にも施工ができ、メンテナンス不要なので防水工事の中でも抜群のコストパフォーマンスを誇る防水工事です。

ベランダ防水には塩ビシート防水を採用
ベランダに塩ビシートを密着させます。

ベランダのドレンに防水補修
ドレン内部にも筒状にした塩ビシートを差し込み、排水ルートから雨漏りがしないように対策をとります。

改修ドレン
差し込んだ塩ビシート同士を熱で溶かして融着させ、継ぎ目をシール材で保護します。

そうすることで、塩ビシートの隙間から雨水が侵入するのを防ぐのです。

ベランダ防水工事完了

ベランダ防水工事の完了です!
これでベランダからの雨漏りの心配はなくりました。

築17年以上のお住まい前回の防水工事から10年以上経過している場合は、防水機能がなくなっている可能性が高いです。
防水機能がなくなったベランダは外からの雨水をどんどん吸収してしまい、やがてベランダ下の雨漏り被害へとつながります。

もちろん防水工事だけでも施工可能ですので、お困りの際は何でもお気軽にご相談くださいね!

関連ページ防水工事をお考えの方へ

【ビフォーアフター】外壁補修・塗装工事の完工

外壁塗装後の全体
塗装工事・外壁補修、すべて完工しました!

ビフォーアフターをみていきましょう。

外壁塗装前後のお住まい全体のビフォーアフター

外壁塗装前の全体

外壁塗装後

外壁だけでなく、細かい付帯部や塀も塗装をすることで見違えるように大変身ですね!
屋根のアンテナも撤去をして、台風による倒壊の心配もなくなりました。

「作業が終わり足場を解体し家の全容が見えた時は、生まれ変わった我が家を見て感動しました」とお客様からメッセージをいただき、弊社としても大変うれしく思います(^-^)

外壁補修のビフォーアフター

外壁塗装前後のひび割れ

外壁補修前後のひび割れ
ひび割れも、ほとんど目立たなくなっていますね。

外壁塗装前後の雨樋周辺

経年劣化が見られた雨樋や雨戸なども、しっかりと塗装で保護をさせていただきました。

ベランダ防水工事の施工前後の比較

ベランダの手摺もサビをとってから塗装をして、防水工事で雨漏り対策もバッチリです!

波板交換後
破損していた波板も耐久性の高いポリカーボネートへ交換。
傷んでいた支柱の木材も、一部交換をさせていただきました。

波板交換後のお住まい側面
生前のおじい様が作られた軒下や波板の壁。
既存の造りを変えることなく、傷んだ部分を新しいものに交換させていただいています。

「毎日丁寧に工事内容や次の日の予定などを説明して下さったので安心出来ました」
後日に伺ったアンケートより、安心して塗装期間をお過ごしいただけたようで何よりです(^-^)

外壁塗装の進捗が分かる交換日記

塗装期間中は交換日記形式で、今日の作業や明日の予定を共有できるようにしています。

お留守の場合でもポスト投函をさせていただきますので、お困りや疑問点がありましたら何でもお気軽にご記入をいただけると幸いです。

工事後も何か気になることがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。
この度は南大阪ペイントセンターにご縁をいただき、誠にありがとうございました!

▼お客様からいただいたアンケートは下記ページに掲載しています▼

この現場に関するお客様の声

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談