カバー工法とは?現在の屋根を新しい屋根で覆う二重屋根

屋根のカバー工法とは?

屋根のカバー工法とはいったい何?現在の古い屋根を撤去せずに、そのまま上から新しい金属屋根で覆う二重屋根の事をカバー工法といいます。撤去費用がかからないので葺き替えに比べると安価で屋根を新品に替える事が出来る工法です。

カバー工法

 

スレート屋根のメンテナンス方法は基本的に塗装工事になりますが、屋根の劣化が激しい場合や、雨漏りがひどい場合は塗装によるメンテナンスでは対処しきれません。

 

カバー工法

そのような場合はカバー工法が非常に有効なメンテナンス方法となります。

カバー工法とはその名の通り古い屋根上から新しい屋根を被せる工法で、屋根が二重になり防水の効果も高まるというものです。

既存の屋根との間に空間が出来るので、遮熱断熱効果が高まります。

そして一番のメリットと言えるのが、既存の屋根材を撤去せずにすむため葺き替え工事に比べて費用が安価で施工出来ます。

また、古いスレート屋根材はアスベストを含んでいる為、撤去するとなるとアスベストの飛散がありますが、カバー工法の場合はその心配もいりません。

 

カバー工法

このように下地が腐食し穴が開いてしまっている屋根には塗装だけではどうにもなりません。

 

カバー工法

板金を取り外し、下地を補強します。

 

カバー工法

そして既存の屋根の上からルーフィングシートを貼っていきます。

 

カバー工法

隙間なく貼っていきます。重なり部分が最低10㎝以上になるように貼っていきます。

 

カバー工法

そしてガルバリウム鋼板性の金属屋根材を上から被せていきます。

 

カバー工法

カバー工法完成です。見た目的にも完全に新品の屋根となります。

またガルバリウム鋼板は表面が20年以上の耐久性がありますので、施工後少なくとも20年はメンテナンスの必要がありません。

 

カバー工法が可能な屋根

 

葺き替えに比べてメリットが多いカバー工法ですが、すべての屋根に施工出来るわけではありません。

 

カバー工法が可能な屋根材としては

アーバニー

スレート瓦

スレート瓦の種類の中には塗装が出来ない物もありますので、その場合のメンテナンス方法はカバー工法か葺き替えのみになります。

塗装出来ない屋根①

塗装出来ない屋根②

 

カバー工法

工場等によく使用される波型スレート

 

瓦棒屋根 

金蔵屋根

 

これらの屋根はカバー工法が可能です。

 

カバー工法が出来ない屋根

日本瓦

日本瓦や

日本瓦

洋瓦は凹凸が激しくカバー工法は施工できません。

 

屋根

セメント瓦も同じ理由でカバー工法は不可です。

これらの屋根材の場合は既存の瓦を撤去してから瓦を新設する葺き替えしか施工できません。

 

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912