堺市にて外壁のクラック補修と外壁塗装(ひび割れにお困りの声)

外壁ひび割れ補修(Vカット補修)・外壁塗装
堺市
Before
施工前
After
施工後
施工地 堺市 築年数 45年
価格 57万円 工事期間 9日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
面積 58m2 カラー N-93
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 45年 工事期間 9日間
塗料名 関西ペイント アレスダイナミックMUKI 塗料種別 無機フッ素塗料
面積 58m2 カラー N-93
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
ご依頼のきっかけ
堺市の築45年住宅(モルタル壁)にお住まいのお客様より、「2階部分の外壁にひび割れがあるので今後の大雨や台風に備えて全体的なメンテナンスをしたい」とご相談をお受けしました。

堺市の皆さま、こんにちは!南大阪ペイントセンターのマナベです。

こちらのページでは、堺市でひび割れ補修と外壁塗装を実施した事例を掲載しています。

外壁のひび割れにお困りの方、ひび割れを放置して良いのかお悩みの方、そんな皆さまのご不安を解消できる内容をご紹介させていただきます。

堺市の外壁ひび割れと外壁塗装のご紹介

目次

堺市にて外壁のクラック補修と外壁塗装(ひび割れにお困りの声)

外壁のひび割れをいざ発見すると「放置してて良いのか?すぐに依頼しないと駄目なのか?」などの不安が出てくると思います。

ひび割れを放っておくデメリット

外壁のひび割れ(クラック)は長年放置してしまうと…

・雨漏りの原因になる
・外壁の劣化が加速する

といったデメリットが発生します。
つまり、お住まいの寿命を確実に縮めてしまうので、ひび割れを発見されたらできるだけ早目にメンテナンスをご検討された方が良いでしょう。

ひび割れの放置はメリットなし

ひび割れは放置していても、1つも良いことはないと言って良いでしょう。

これまでのお客様からの相談事例では「小さいひび割れなら大丈夫かな?」と様子を見ていたひび割れから、長年雨水が染み込んでしまい、気付いたときには大がかりな補修が必要なほど大きなひび割れに…なんて事例もあります。

大がかりな補修はコストもかかりますし、雨水が基礎にまで染み込んだことによって確実にお住まいの寿命は縮んでしまいます。
だからこそ、ひび割れの放置はメリットなし。早目の対策が必要なのと断言できます。

ひび割れ補修のご提案

外壁のひび割れ

「2階にひび割れがあるので、今後の雨や台風で悪化しないか不安」というお声もあり、外壁塗装だけでなくひび割れのVカット補修もご提案させていただきました。

Vカット補修は目に見えるひび割れだけでなく、ひび割れの根本の原因を埋めてくれる補修方法なので、現状回復だけでなく未来のひび割れ防止にピッタリの補修方法なので、ご安心ください(^-^)

それでは次項から、詳しいひび割れ補修と外壁塗装の様子についてご紹介していきますね。

▼モルタル外壁とひび割れの関係性については下記ページでも詳しく解説しています▼
関連ページモルタル造とは? 住宅建物の主な外壁材の種類 その③

外壁のひび割れ(クラック)補修の内容

足場を組んでスタート

塗装箇所のみ足場仮設
4軒続きの建物のうち、一番手前にお住まいのお客様からのご依頼です。
足場もこのように片面だけ組ませていただき、ひび割れ補修と塗装工事のスタートです!

ひび割れ周辺の塗膜を除去

ひび割れ箇所の塗膜を剥がす

2階の大きなひび割れの深さをチェックします。

塗膜を捲ると、ひび割れの大きさが明確に分かりますね。ひび割れの補修をする準備として、余分な塗膜を捲り取ります。

ひび割れをVカット

サンダーでひび割れを削る
専用の機械でV字型の溝になるように削っていきます。

V字に削る理由

・補修に使用するコーキング材が、ひび割れの奥まで行き届くようにする為
・コーキング材に厚みを持たせれるので、より強固な補修が可能な為

ひび割れにプライマー(接着剤)塗布

塗膜を剥がして剥き出しになったひび割れ
削った際に出た粉塵の清掃と、コーキング材が密着しやすいようにあらかじめプライマー(接着剤)をひび割れに塗布します。

ひび割れに補修剤充填

ひび割れにプライマー塗布
コーキング材を充填して、ひび割れを埋めます。

ひび割れの左官補修
Vカットしてコーキング材を充填すると段差が出来るので、その段差の修正のためにモルタルで左官補修をします。

この写真で見ると、あきらかに「補修しました!」という色合いでビックリされる方も多いと思います。

でもご安心ください(^-^)
モルタルは完全に乾燥してから、しっかりと塗装をさせていただくので、補修跡はほとんど目立たなくなります。

他のひび割れも同様にVカット補修

ひび割れのVカット補修
こちらも塗膜を捲ると、予想以上に深いひび割れだったことが判明。

しっかりと補修させていただきます!

ひび割れのVカット
このカットの工程は、一見「え?ひび割れを広げるの?」と心配になる方も多いと思います。

大丈夫です。充填する樹脂モルタルが十分な強度に持っていきますので、ご安心ください。(^-^)

ひび割れのVカット補修完了
こちらのひび割れも、コーキング材とモルタルで補修を行いました。

ひび割れがしっかり埋まったので、今後の雨漏り被害もおさえれてより安心ですね。

外壁塗装工事

補修したモルタルが乾燥してから、塗装する全体に高圧洗浄を実施して塗装工事のスタートです!

下塗りで軽微なひび割れを埋める

外壁の下塗り
下塗りはアレスダイナミックフィラーを使用します。
ヘチマのような多孔質ローラーを使用するので、厚みのある仕上がりが特徴です。

ひび割れの下塗りのポイント

・フィラーを使用することで、軽微なひび割れを埋めれる
・厚みをつけてゆず肌のような模様をつけれる(既存の外壁の凸凹と模様を合わす為)

関連ページ外壁塗装の模様【ゆず肌仕上げ】ってなに?詳しくお話します

仕上げ塗料で中・上塗り

外壁の中塗り

抜群の耐久性を誇る、無機フッ素塗料で仕上げ塗りを行います。

まずは仕上げ塗料で中塗り行い…

外壁の上塗り

最後び仕上げの上塗りを実施します。

約15~20年の耐久性が期待される、アレスダイナミックMUKIは高い耐久性以外にも防カビ・防藻性・外壁の汚れを防止する低汚染機能を兼ね備えた、ハイパフォーマンスな優れものです!

これからの台風や大雨にご不安を抱かれていたので、安心してお過ごしいただけるような塗料でご提案させていただきました。

関連ページ外壁塗装の塗料を種類別に比較【特徴とおすすめのポイント】

ひび割れと外壁のビフォーアフター

外壁塗装前後の比較
外観を綺麗にするだけでなく、塗膜に厚みを持たせて今後のひび割れ対策もしっかりさせていただきました!

ひび割れ箇所は?

外壁塗装前

細かいひび割れも多数見受けられた外壁も…

外壁塗装後のひび割れ補修箇所
ご覧のとおり、ひび割れ補修をした箇所もしっかり塗装がされています。

外壁塗装後の1階
雨樋などの細かい箇所も、細部まで塗装させていただきました!

ひび割れ補修と外壁塗装を終えたお客様

堺市のひび割れ補修後のお住まい

「気になっていたひび割れ以外にも、細かいひび割れがたくさんあると知って不安でしたが、しっかりと直せてもらえて良かったです。これで台風や雨のときにストレスなく過ごせます。」

台風シーズンや大雨の際に「ひび割れから雨漏りしないかな?」と常にご不安と隣合わせだったお客様。
今回の外壁塗装工事でそのお悩みが解消されて、弊社としても大変うれしく思います(^-^)

この度は南大阪ペイントセンターにご相談をいただき、誠にありがとうございました!

ひび割れを見つけたら気を付けること

飛び込み業者に注意

ひび割れ(クラック)は比較的誰でも簡単に見つけれますよね。

それ故に、訪問販売業者がひび割れをきっかけに営業をかけてくる場合もあります。確かにひび割れを放置することはなんのメリットもないので「すぐに依頼しないと大変なことになる」と言われれば、そのまま契約に…なんて流れに陥りやすいと思います。

ですがひび割れの工事は施工不良などが起きると、逆に被害が大きくなることも多い症状です。だからこそ、その場で訪問販売業者に流されるのではなく、お客様ご自身の目で「この業者なら頼んでも大丈夫!」と思えるような技術と経験をもった信頼できる業者さんにご相談されるのが良いと思います。

関連ページ業者選びのポイントについて解説

ひび割れは早目の対処が鍵

ひび割れの放置は、費用面でもお住まいの耐久性の面でも何もメリットはありません。

小さいひび割れでも、ゆっくり外壁に雨水が染み込んで、気付いたときには木材にまで染み込んでシロアリ被害や雨漏りの原因になる場合も多いです。

そういった被害を防ぐためにも、ひび割れを見つけられた際はできるだけ早目に対処するのが被害拡大を防止する鍵となるのです。

外壁のひび割れにお困りならお気軽にご相談ください

ひび割れにご不安やご心配がありましたら、どんな些細なことでも南大阪ペイントセンターにご相談ください(^-^)

ひび割れ箇所の点検・調査の訪問には一切お客様ご負担はいただいておらず、無料ですのでご安心ください。

外壁塗装の無料点検・無料相談受付中

▼▼ご相談はこちらから受付▼▼
お電話でのご相談:0120-306-912
メールでのご相談はこちら
LINE ID→@098mtvpx

外壁のひび割れ補修の事例




お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談