ベランダとバルコニーの違いって何?ベランダは何の為にあるの?

今回はベランダについてお話ししたいと思います。

ベランダ

ベランダは戸外にあり室内とは窓などで隔てられています。ベランダは西洋の縁側または現代の縁側という認識をもてれているようです。特徴としては屋根の付いている物をベランダ、付いていない物をバルコニーといいます。

縁側は日本では特に必要性のない空間だと無くなってきましたが近年では縁側の良さが再度注目を集め古民家などで使用されているようです。家の空間のどこが落ち着きますか?と尋ねられるとベランダとお応えする人も多いようです。

ベランダ

こちらは屋根が付いていないのでバルコニーになります。

ベランダ

家の中から外の開放的な空間を楽しめるのも落ち着く理由かもしれません。洗濯物など干せるのが良いとの声もありますがいちいち暑い夏・寒い冬に外に出るのが億劫だという意見もあるようですね。

ベランダにも色々とタイプがあり上の階が屋根の代わりになっている物や屋根またはテラスパネルなどで覆われている物等があります。こちらの写真ではベランダの上にベランダがあるのが見えると思います。上のベランダが屋根の役割をしてくれていますね。

ベランダ

洗濯物を干す以外に使い方次第で家をお洒落に演出する事が出来るのも面白みのある所じゃないでしょうか?例えば観葉植物を育てたりする事で華やかさを持たせる事ができます。

以上ベランダとバルコニーの違いとベランダの活用方法でした。

 

 

 

ベランダ

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912