ヘーベルハウスの外壁塗装で重要なポイントは6つ!費用の不安も解決

ヘーベルハウスの住宅を外壁塗装する上で知っておくべきポイントとは?

ヘーベルハウスの住宅にお住まいの皆様は、ご自身のお家の特徴をご存じでしょうか?

ご自身のお家の特徴を理解していれば、ハウスメーカーの住宅でも塗装業者で問題なく外壁塗装を可能にできるのです。

当コラムでは、ヘーベルハウスの住宅だからこそ知っておきたい6つのポイントをご紹介いたします。

6つのポイントとは
  • ハウスメーカーより塗装業者を選ぶべき
  • ALC外壁が多いヘーベルハウスは目地のコーキング費用が高くなるが必ず必要
  • ALC外壁の1回目と2回目の外壁塗装でのコーキング工法の違い
  • ひび割れを放置すると鉄筋が錆びて外壁材を大きく破損
  • ルーフバルコニーには必ず塩ビシート防水が鉄則
  • 多彩模様塗料での塗装はハウスメーカーでなくて塗装業者でもOK

以上の6つのポイントをご理解いただき、塗装業者に安心して依頼できる知識を身につけましょう。

また、ヘーベルハウスの費用と施工事例をご紹介いたします。ご覧いただいて皆様のお悩みを解消し、さらに塗装業者でも塗装が可能だとご納得いただきたいと思います。

皆様が外壁塗装業者を安心して選べるよう【優良塗装業者見極めシート】をご用意いたしました。

優良塗装業者見極めシート(ヘーベルハウス)

見極めシートが塗装業者を選ぶ参考になり、ヘーベルハウスの住宅の外壁塗装をお考えの皆様のお役に立てれば幸いです。

外壁塗装をハウスメーカーに頼む前に根拠ある実績と事例で同品質の施工を実現!

目次

1.ヘーベルハウスの塗装で知っておくべき6つのポイント
1-1.ハウスメーカーより塗装業者を選ぶべき
1-2.ALC外壁が多いヘーベルハウスは目地のコーキング費用が高くなるが必ず必要
1-3.ALC外壁の1回目と2回目の外壁塗装でのコーキング工法の違い
1-4.ひび割れを放置すると鉄筋が錆びて外壁材を大きく破損
1-5.ルーフバルコニーには必ず塩ビシート防水が鉄則
1-6.多彩模様塗料での塗装はハウスメーカーでなくて塗装業者でもOK
2.ヘーベルハウスの屋根と外壁塗装を合わせた金額は平均178万円(税抜)
3.ヘーベルハウスの施工事例とハウスメーカーの実績をご紹介
3-1.弊社でのヘーベルハウスの施工事例をご紹介いたします
3-2.弊社でのハウスメーカーの外壁塗装の実績をご紹介いたします
4.ヘーベルハウスの家を外壁塗装業者に頼む8つの決め手ポイント!!
4-1.ヘーベルハウスを含め施工実績が多くある
4-2.資格や免許を持った職人がいる
4-3.代表のプロフィールや考えを明確に記載している
4-4.見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている
4-5.点検にしっかり時間をかけてくれる
4-6.二重チェックなどの管理体制が整っている
4-7.保証・アフターフォローがしっかりとしている
4-8.不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる
5.まとめ

ヘーベルハウスの塗装で知っておくべき6つのポイント

ヘーベルハウスの外壁塗装をする上で、皆様の住宅を満足いく塗装に仕上げるために知っておくポイントがございます。

覚えておいていただきたいポイントを6つご紹介いたします。

ハウスメーカーより塗装業者を選ぶべき

ハウスメーカー施工の住宅だからと言って、塗装業者に依頼すると特別に費用が高くなることはありません。しかし、塗装業者よりハウスメーカーに外壁塗装の依頼をすると費用が2倍ほどに高くなってしまうのです。

ハウスメーカーの塗装は下請け・孫請け業者に依頼され、それぞれの利益を得るために費用を高くする背景になっているのです。

お客様の事例をご紹介いたします

建坪60坪の家を塗装する際、ヘーベルのリフォーム会社である旭化成に見積もりを依頼すると390万円の見積書を提示されました。塗装業者で見積もりを依頼すると260万円との返事をいただきました。

塗装業者は直接依頼を受け自社施工の為、ハウスメーカーよりも安い費用で補修をしてもらえるのです。

自社施工かは業者のサイトに掲載されていることが多いので、チェックするのをおすすめいたします。

塗装業者とハウスメイカーの依頼過程比較

費用だけに限らず、ハウスメーカー施工の住宅でも他の住宅と同様に塗装業者で問題なく外壁塗装ができます。

費用はハウスメーカーより安くて施工は同等の工事が可能であるなら、塗装業者を選ぶべきという結論になると思います。不安な方は業者に依頼する前に、事前に施工事例をチェックしておくと安心かもしれません。

ALC外壁が多いヘーベルハウスは目地のコーキング費用が高くなるが必ず必要

ALC(軽量気泡コンクリート)の住宅は、ALCパネルを繋ぎ合わせて施工する為、繋ぐ目地にコーキング工事が必須です。ALCは横幅305mm~610mmの間隔で、全てコーキングを打ち替えると400m~500mの数量が必要となってきます。

ALCの目地が多い

▼ALC外壁とモルタル外壁のコーキング費用の比較がこちらになります▼

※スマートフォン・タブレットの方は右スクロールで全ての見積書の内容をご覧いただけます。

【ALC外壁】目地が多くコーキングのm数も多くなるので、他の外壁と比べてコーキング費用は高くなる
項目 工事内容 数量 単位 単価 価格
コーキング工事 コーキング(増し打ち)目地・サッシ廻り 650 420 ¥237,000
      合計 ¥237,000
【モルタル外壁】目地がほとんどないのでコーキング費用は少なく済む
項目 工事内容 数量 単位 単価 価格
コーキング工事 雑コーキング 1 7,500 ¥7,500
      合計 ¥7,500

※こちらの見積もりはあくまでも目安となっております。

上記のように、目地の多さでかなりの費用の違いが出てくるのです。

費用が安いのを売りにして、コーキング工事の説明は何もなかったという業者もございました。費用がかかるからと言ってコーキング工事を怠ると、目地から雨水や湿気が侵入し住宅の寿命が短くなってしまいます。

ALCのコーキング工事は必須とご理解いただき、必ずコーキング工事を行うようお願いいたします。

ALC外壁の1回目と2回目の外壁塗装でのコーキング工法の違い

ALCのコーキング工事は、1回目の外壁塗装時と2回目の外壁塗装時ではコーキング工法が違います。

1回目は増し打ち工法に対して、2回目は撤去・打ち替え工法になります。2回目の方が古いコーキングを撤去する工賃分で費用が高くなってしまうのです。

▼なぜ1回目と2回目でコーキング工法を変えないといけないの?▼

1回目のコーキング工事を増し打ち工法で施工されている為、目地の溝が少なくなっています。

2回目のコーキング工事でさらに増し打ち工法をすると、溝の容量が少ないので十分にコーキングを充填できないのです。その為、2回目の塗装時は撤去・打ち替え工法で施工します。

▼増し打ち工法▼

コーキング工事(増し打ち工法)

▼撤去・打ち替え工法▼

コーキング工事(撤去・打ち替え工法)

▼費用を比較するとこちらになります▼

塗装回数 コーキング工法 金額
1回目 増し打ち工法 ¥450~¥750/m
2回目 撤去・打ち替え工法 ¥750~¥1,100/m

1mの単価差は数百円ですが、ALCは目地が多くコーキングのm数も多いので費用は高くなってしまいます。

ALCはコーキングのm数が多く、2回目の塗装時にはさらにコーキング費用は高くなると理解しておく必要がございます。

▼ALC外壁のコーキング工事についての詳しい内容はこちら▼

ALCのコーキング工事の工程と費用について

ひび割れを放置すると鉄筋が錆びて外壁材を大きく破損

ALCのひび割れ放置から起こる外壁損傷

ALCはコンクリートの中に鉄筋が組み込まれている為、ひび割れ(クラック)を放置しておくのはとても危険です。なぜなら、ひび割れから雨水などが侵入すると、鉄筋が錆びて膨れ上記の写真のような破損が起こる可能性があるのです。

ひび割れは幅のサイズによって早期の補修が必要かの判断をしていただきたいと思います。幅0.3mmを超えるひび割れがある場合は早期の補修をする必要がございます。

緊急性の高いひび割れの判断方法として、2回折って4枚合わせにしたレシートがひび割れに入ったら早期の補修が必要な目安になります。

大きな補修に発展しないよう、ひび割れを見つけたら必ず確認し早めの対処をしていただきたいと思います。

ルーフバルコニーには必ず塩ビシート防水が鉄則

ヘーベルハウスのルーフバルコニーの塩ビシート防水

ヘーベルハウスの住宅は屋根を設けずルーフバルコニーを採用している住宅が多くあります。屋根の代わりに耐久性・防水性を高めて紫外線や雨から住宅を守る為、ルーフバルコニーには塩ビシート防水が必要なのです。

塩ビシート防水には、機械固定工法と密着工法があります。密着工法の方が安価で施工できますが、下地の劣化が進行している場合は機械固定工法をおすすめいたします。

▼塩ビシート防水の工法別金額▼

  • 機械固定工法(¥13,200~¥15,600)
  • 密着工法(¥12,000~¥14,400)

※100㎡以上の場合の単価です。ベランダ等面積が小さい場合は割高になります。

塩ビシート防水は施工すると15年~20年ほど長持ちします。外壁塗装は10年を目安に施工するのを推奨しておりますが、多くの方は十数年経過してからの塗装が多いです。そのため、外壁塗装の際には塩ビシート防水が必要と考慮しておくといいでしょう。

外壁塗装の時期が10年ほどでも立地環境によって劣化状態は異なります。外壁塗装時は必ず塩ビシートの防水層を確認をしてもらうよう、業者に声をかけておくと安心できるでしょう。

▼塩ビシート防水についての詳しい内容はこちら▼

塩ビシート防水【防水工事の種類と耐久性の違いについて】

多彩模様塗料での塗装はハウスメーカーでなくて塗装業者でもOK

ヘーベルハウス施工の住宅は多彩模様で塗装した住宅が多くあります。そのため、ヘーベルハウスにお住まいのお客様が外壁塗装をする際は、多彩模様塗料をお選びになる方が多くいらっしゃいます。

塗装業者でも多彩模様で塗装が可能です。多彩模様での塗装は熟練した塗装職人でないと綺麗に仕上がりません。

多彩模様と単色との比較

ALCの凹凸のある外壁を多彩模様で塗装すると、さらに高級感のある仕上がりが完成します。多彩模様は外壁に輝く風合いを演出でき、単色では表現できない色合いを叶えられます。

▼おすすめの多彩模様塗料▼

メーカー名 塗料名 塗料種別
関西ペイント RSダイヤモンドF 水性フッ素多彩模様 フッ素
水性ゾラコートEX 低汚染シリコン

多彩模様塗料は通常の塗料グレードより価格が高くなります。一般的に、ワンランク上の塗料グレードの価格になると認識しておいた方がいいでしょう。

▼塗料のグレート別単価目安▼

塗料グレート 1㎡あたりの単価目安
ウレタン塗料 @1,500~2,500
シリコン塗料 @1,800~3,500
ラジカル塗料 @2,200~4,000
フッ素塗料 @3,000~5,000
無機塗料 @4,500~5,500

あくまで目安の価格になりますが、多彩模様をお選びの際はご参考にしていただきたいと思います。

ヘーベルハウスの屋根と外壁塗装を合わせた金額は平均178万円(税抜)

ヘーベルハウスの外壁塗装の施工実績

ヘーベルハウスの外壁塗装でかかった費用(外壁・屋根塗装や共通工事など含む)の平均は178万円(税抜)と分かりました。

塗装工事の価格別統計

一番多い外壁塗装の価格帯は約90~120万円になっています。

やはり、ヘーベルハウスの外壁塗装は塗装業者でも高いとご心配になられたかもしれません。しかし、この価格帯は塗装面積が約168㎡の一般的な30坪の住宅を例に挙げております。

南大阪ペイントセンターでご依頼を受けたヘーベルハウスの塗装面積の平均は220㎡となっています。ハウスメーカー施工の住宅は規模が大きく、30坪の塗装面積に収まらないのがほとんどなのです。

つまりヘーベルハウスの外壁塗装は規模が大きい分、一般的な住宅と比較すると塗装費用もかかってくるのです。
塗装業者での外壁塗装は、ハウスメーカー施工だから高いわけではないのです。

その他にもヘーベルハウスの塗装が高額になりやすい要因を以下にまとめています。

  • ヘーベルハウスの外壁はALCのため目地が長くコーキング工事費用が嵩む。
  • 建物の規模が大きいケースがほとんどのため、塗装㎡数が多くなり結果として費用が高額になる。
  • 一般的な戸建てより付帯部の㎡数が多い。
  • 高級感のある仕上がりのため吹付け多彩模様を選ばれるケースが多く、結果として塗装単価が高額になる。

▼ヘーベルハウスの外壁塗装の相場について詳しい内容はこちら▼
ヘーベルハウスの外壁塗装の費用相場は178万円!【施工データから算出】

ヘーベルハウスの施工事例とハウスメーカーの実績をご紹介

南大阪ペイントセンターではヘーベルハウスの外壁塗装を初め、ハウスメーカーの施工実績が1000件以上ございます。ヘーベルハウスの施工実績をご覧いただき、弊社に安心して外壁塗装をお任せしていただきたいと思っております。

弊社でのヘーベルハウスの施工事例をご紹介いたします

旭化成ヘーベルハウスの営業担当から提案のあったお見積もりは600万円の価格となり、大変お困りになられていたお客様です。あまりに高額なので、ヘーベルハウスの施工事例が多数ある弊社にご連絡いただきました。

施工地 豊中市 築年数 26年
価格 226万円 工事期間 24日間
外壁塗装
塗料名 関西ペイント RSダイヤモンドF 水性フッ素多彩模様 塗料種別 吹付け多彩模様フッ素
面積 226㎡ カラー AEZ-328
屋根塗装
塗料名 関西ペイント RSルーフ2液F 2液弱溶剤遮熱フッ素 塗料種別 遮熱フッ素
面積 32㎡ カラー ホワイトアッシュ

豊中市のヘーベルハウスの住宅(ビフォーアフター)

詳しい内容はこちら

お住まいになられて初めての外壁塗装だったので、コーキングは増し打ち工法で施工しました。築26年になりコーキングがひび割れていたので、しっかりと補修し雨水や湿気の侵入を防いでくれます。

モノトーン多彩模様で塗装したので、重厚な高級感が漂います。

吹付け多彩模様で塗装

▼こちらの住宅の屋根は陸屋根になっている為、屋上防水工事も施工いたしました▼

施工地 豊中市 築年数 26年
価格 137万円 工事期間 24日間
塗料名 田島ルーフィング ビュートップ 塗料種別 塩ビシート
面積 120㎡ カラー ライトグレー

豊中市のヘーベルハウスの屋上防水工事(ビフォーアフター)

詳しい内容はこちら

屋根のほとんどが陸屋根になっていて、一部がスレート瓦になっています。塩ビシートの寿命は15年~20年の為、こちらの住宅の防水層は限界を迎えていました。機械固定工法で塩ビシート防水を施工したので強固な防水層の完成です。

外壁塗装工事と屋上防水工事を合わせた費用は総合計で約363万円でした。

お客様の感想

ハウスメーカーの見積もりが高額だったので、安く見積もりしていただき安心しました。施工方法の説明も丁寧で、心配な事はLINEでやり取りでき安心できました。

その他のヘーベルハウスの施工事例はこちらから

南大阪ペイントセンターのヘーベルハウス施工事例

弊社でのハウスメーカーの外壁塗装の実績をご紹介いたします

弊社ではハウスメーカーで建てた住宅も対応しております。

ハウスメーカーの施工実績は1000件以上あり、長年の経験からお客様にもご満足いただいております。ハウスメーカーの施工基準は厳しいのですが、ハウスメーカー基準を参考に自信を持って塗装を行っております。

ハウスメーカーと同じ工事内容で、塗料の品揃えや品質もハウスメーカーと全く同じで進めることも可能です。

お客様が安心・満足してお任せしていただけるのを第一に考えております。ぜひ一度、ご相談していただければと思います。

ハウスメーカーで建てた住宅も対応いたします

▼ハウスメーカー住宅の塗装について詳しい内容はこちら▼

ハウスメーカーで建てたお家にお住まいの方

ヘーベルハウスの家を外壁塗装業者に頼む8つの決め手ポイント!!

ヘーベルハウスの家を安心して任せる外壁塗装業者を選ぶには、自分の知識が重要となってきます。

何を見て外壁塗装業者を選べばいいのか?決め手となるポイントを押さえて、失敗しない外壁塗装業者選びにしていきましょう。

8つの決め手ポイント
  • ヘーベルハウスを含め施工実績が多くある
  • 資格や免許を持った職人がいる
  • 代表のプロフィールや考えを明確に記載している
  • 見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている
  • 点検にしっかり時間をかけてくれる
  • 二重チェックなどの管理体制が整っている
  • 保証・アフターフォローがしっかりとしている
  • 不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる

ヘーベルハウスを含め施工実績が多くある

やはり施工実績が多い業者は安心です。

ヘーベルハウスの家を含め施工実績が多いと、経験や知識が豊富で信頼が厚い証となります。

施工実績の数や施工の内容をホームページのサイトからチェックするのをおすすめします。

資格や免許を持った職人がいる

外壁塗装に関する資格や免許には多くの種類があります。

外壁塗装において最も持っておくべき資格や免許を紹介します。

しかし、資格や免許があるからと言って、完全に信頼できるとは限りません。

安心して外壁塗装業者を選ぶ参考の一つとして考えてください。

下記6つの資格を持っているか確認してください
  • 塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 足場の組立等作業主任者
  • 建設業許可
  • 窯業サイディング塗替診断士
  • 雨漏り診断士

代表のプロフィールや考えを明確に記載している

代表のプロフィールを明らかにして、考えを明確に記載していると信頼できます。

代表の考えは会社自体を表していて、会社が進んでいく方向性を示しているからです。

代表の考えに納得できれば、一度相談してもいいのではないでしょうか。

南大阪ペイントセンターの代表のプロフィールをご紹介させていただきます

代表プロフィール

10年後の品質、大事なのはそれだけ。

南大阪ペイントセンターの代表は、目先の塗装ではなく将来の塗装品質を常に意識しています。

将来の品質を意識するからこそ、仕上がりがきれいで丁寧な職人魂のこもった仕事につながると考えております。

見積書が詳細で価格がわかりやすく記載されている

見積書は細かく詳しく記載されているか確認が必要です。

工事費と材料費をまとめた金額で記載されていると、何にいくらかかったのか判断できません。

必ず塗料の量や商品名・使用面積などを事細かに記載した見積書を出してくれる業者を選びましょう。

提案内容や予算に応じて見積書を出してくれる業者は親切だと思います。

点検にしっかり時間をかけてくれる

見積りの前に点検に時間をかけて、プロの目で調べてもらうのが必要です。

自分が思っている以上に外壁の状態が悪い場合や、他の気づいていない補修箇所が見つかるかもしれないからです。

十分に点検しないで、依頼された補修だけで見積りを出す業者は信頼性に欠けると言っていいでしょう。

安心安全に工事に取り掛かってもらうために点検にはしっかり時間をかけてもらいましょう。

二重チェックなどの管理体制が整っている

外壁塗装は職人さんの手作業で行われるため、管理体制が整っていなければなりません。

職人歴が長い職人さんでも、手作業のためミスをおこす場合があります。

ミスを防ぐために二重チェックの管理体制が整っている業者が安心できるのです。

保証・アフターフォローがしっかりとしている

外壁塗装は保証・アフターフォローがしっかりしている業者を選びましょう。

保証・アフターフォローがないと、工事後に何か不具合があっても対応してくれない場合があります。

保証がある場合は、何年の保証があるのか確認しておきましょう。

不明点や相談に親身になってくれて、いくつもの案を提案してくれる

不明点をうやむやにし、相談を後回しにする業者は信用できません。

外壁塗装を依頼する私たちは素人なのでたくさんの不明点があります。

塗装業者は、不安を取り除いて信頼して任せてもらうのも大事なのです。

相談を聞かず工事を進めると、満足な仕上がりにならない可能性もあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヘーベルハウスの外壁塗装をする際のポイント知っておくと、ご自身の塗装時に役立てることができるでしょう。

今回で分かったこと
  • ハウスメーカーの住宅は他の住宅より注意すべき点がたくさんある
  • ハウスメーカー施工の住宅は規模が大きい分、塗装費用も高くなる
  • ALC外壁はコーキングの費用が高くなる
  • ひび割れは幅0.3mmを超えると危険度が高い
  • ルーフバルコニーには塩ビシート防水必須
  • 多彩模様での塗装は熟練した塗装職人でないと綺麗に仕上がらない

ヘーベルハウスの費用の目安と理解すべきポイントを知っていれば、皆様が満足する外壁塗装が叶うかもしれません。ヘーベルハウスの施工事例があるかも塗装業者を選ぶ方法の一つの手段になるでしょう。

正しくヘーベルハウスの家の構造を学び、必要な時は質問ができるよう知識をつけておくと安心です。大切な家を安心して任せる外壁塗装業者を選んで、何年も豊かで快適に過ごして行きましょう。

お問い合わせ・ご相談

LINEからのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせ
 0120-306-912
※受付時間 9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)
無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ