富田林市のお客様から見積もりのご依頼を受け現場調査に行きました

 

先日富田林市のお客様からお見積もりのご依頼を受け現場調査に行って来た内容をご紹介します。

屋根はセメント瓦で外壁はモルタルボンタイル仕上げでした。

現場

こちらは屋根です。屋根もセメント瓦の為塗装は必要です。

セメント瓦自体には防水性等が無い為塗装を行って防水性・耐久性を付けてあげる事が必要です。

現場

雨戸等の付帯部分も塗装が必要です。お客様に雨戸等の塗装の必要な理由も勿論ご説明します。

まれに雨樋や雨戸は塗装必要ないよとおっしゃられる方もおられます。

しかしこういった付帯部分は塗装を行った方が良い箇所なんです。

単に美観の問題だけではなく雨樋や雨戸に錆止め効果や耐久性を持たすことが出来るからです。

それに雨樋は特に必要ないよと仰られていた方も外壁塗装が終わると外壁だけキレイで雨樋が塗っていないと雨樋が悪い意味で非常に浮くのでやっぱりここも塗ってと言ってこられます。

現場

外壁のアップの写真です。モルタルボンタイルです。

チョーキングを行うと指に白粉が付着しました。かなりベッタリとくっつくので外壁の防水性・耐久性は弱まって来ています。

現場

続いてこちらの雨樋の留め具が錆びて取れてしまっている状態です。

勿論こういった所も新しい物に取り換えます。

現場

塗装を行うと永くお住いする事が出来ます。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912